作成者別アーカイブ: wpmaster

幸運から不幸までの道のりは短く、不幸から幸運までの道のりは長い

昨日、映画を見てきた。何もかも忘れて昼間にね(笑。行くことを決めた理由は、予告編を見たこと。シンプルな理由だな(笑。主演の顔に見覚えがあった。パシフィックという戦争映画?で、最後まで生き残る米兵役を演じた奴だ。どんな映画かというと、まだ息があるけど動けない日本兵を見つけたら、口の中にナイフをネジ込んで金歯を取り出す映画。その役者が、すげー衣装を纏いジョン・トラボルタばりのポーズを決めて熱演している。何でフレディー役を掴めたのか?風貌が似ていたからなのか?音楽性やダンスに高い才能があったからなのか?何にも知らない。何しろ、役者の名前すら分かってなかった。その程度の予備知識でクィーンの映画を見に行くか?行ったんだよ(笑。確かに、自分のiPhoneにはベスト盤が収録されていて、その範囲内の曲は知っている。たまに聴くしね。世代的には、どストライクのはずなんだが、多感な頃は体育会系の部活人生だったんで、寝てるか・メシ食ってるか・部活かの三点セット以外の記憶が全く無い(笑。その程度の予備知識で公開初日を狙って行ってきた。それも昼間にね。

英国のバンドだったんだな…。白人から見ると、分類上はパキなんだ…。その上で、ベスト盤で聴いてた曲、それが生まれてくるプロセスに参加出来た錯覚を憶えた。今は便利な時代で、映画のラストに持ってこられていたライブ・ステージのオリジナル映像ですら、ネット上で観ることができる。それもタダで。本物のステージを観たことは無い。知っていたことと言えば、才能のあるホモがエイズで他界したという事だけ。

The Pacific.2010

ボブ・ゲルドフが何者だったのか?そんなの知らない。現実のフレディが何故チャリティに出たのか?募金額に興味があった訳ではなく、視聴してくれる総人数のみに焦点を合わせていたんだな。今回、金を払って映画館に行った。全席指定なんで、ライブみたく立ち見じゃない。曲に合わせて身体を揺すったり唄ったりするアホもいない。映画館なんだし(笑。ただただ魅入っていた。とにかく集中していた。ここに集った観客の何割が英語を理解できるスキルを持ってたのだろうか?また、33年前のライブの記憶を持つ者はいたのか?そんなことは、どうでもよくなった。英語のヒアリング能力がなくとも、33年前の出来事を知らなくとも、フレディ達の素晴らしい足跡を最先端の映像技術で披露してくれる。後味サイコー間違いなし。

もう一つ驚いた話を・・・・・

アラビア語メディアやイスラエル紙のネットは、ネタニアフ首相がスルタンの招待で、秘密裏に27日オマーン(勿論両国間には外交関係はない)を訪問したと報じています。それによると、ネタニアフは夫人及びモサッド長官その他を帯同しオマーンを訪問し、スルタンカブースと会談した由。勿論会談の中身の詳しいことは不明だが、主要な問題はパレスチナ和平で、和平を促進する方策について話し合われたとの共同声明が出された由。また今週初めにはパレスチナ暫定政府のアッバス議長が3日間の日程で訪問している由。取りあえずの情報としては以上ですが、これを報じるメディアはいずれも歴史的な訪問としています。また、ネタニアフの訪問に先立ちアッバス議長が3日間の日程で訪問していることは、スルタンは彼の意向を踏まえて(PLOの意見の橋渡しをしたことは確実でしょう)イスラエル側と話し合ったわけで、その意味では非常にまじめな試みかと思われます(何しろ、トランプの世紀の取引」とやらがイスラエル側だけの立場に立ったもので、パレスチナ、アラブの反発を買って、何処かへうさん霧消しかかっているだけに、中東和平プロセスを救おうとして、オマーンが出てきた者でしょうか)参照記事 参照記事 何かが起き始めているのでしょうか?サウジの大失態にトルコが乗じて発言権を増しており、米国とも共同歩調をとり易い立ち位置を確保しました。またイスラエルは、ロシア軍の偵察機撃墜の首謀者と目される立場であり、シリアにちょっかいを出していたであろう黒幕が身動きできな状況にある。シリアに平和が訪れて誰が喜ぶかというと、プーチンの顔を思い浮かべてしまう。初代アサドが人類の敵であったのは間違いなさそうですが、世襲後にあそこまで主権侵害する権利は何処の国にも無いと言い切れる。ひょっとすると、米国がグチャグチャにしたイラクも安定がもたらされるのかもしれない。両国に平和が訪れれば、バクーとイランの原油を地中海に注ぐパイプライン構想が実現できる。そうなれば、グルジア(現ジョージア)やトルコの機嫌を伺う必要は無くなるし、イランは安心してペルシャ湾(のホルムズ海峡)を封鎖できる(笑。大使が殺害されたり、数多くの将兵を失っても激昂して来なかったプーチンに勝ち目が出てきた感がある。好むと好まざるに関わらず、ガザ地区の未来は暗い。ソ連崩壊時に自称ユダヤ人が多数イスラエルに潜り込み、今では重要なポジションについているはずだ。このままサウジにつられて米国も沈んで行くのなら、中東の力関係は面白くなってくると思う。

追い込まれても勝負を捨てない

「ミスター半導体」と呼ばれ、文化勲章を受章した元東北大学長の西澤潤一(にしざわ・じゅんいち)さんが21日に死去した。92歳だった。葬儀は近親者で営んだ。お別れの会を後日開く。第3のトランジスタといわれ、大電力用から高速コンピューターまで応用範囲の広い半導体の一種「静電誘導トランジスタ(SIT)」を発明。半導体レーザーや光ファイバーなど光通信の基礎的な技術も開発し、ノーベル賞候補と言われた。74年日本学士院賞、83年文化功労者、89年文化勲章。東北大、岩手県立大、首都大学東京の各学長を歴任した。 参照記事 参照記事 先生の名前を記憶したのは、SITの存在でした。当時、ヤマハが細々と作ってましたが、最適解は見つからなかった模様。先生の功績を眺めれば、黄金期は50年代だと感じます。その中でも驚愕するのは「イオン注入法の発明」ですかね。なんでノーベル賞が取れなかったんだろう?まずは、故人の御冥福をお祈り申し上げます。お疲れ様でした。 ここで小ネタを少し(笑。恐らく脳内で電子と正孔の振る舞いが三次元でイメージ出来ていたであろう先生の功績の一つである光通信の三点セット、なかでもガラスファイバについてです。電線の代わりに光ファイバーという構想に飛びついたのは海外で、実用化も早かった。ここで、南青山神宮前の某企業が社運を賭けて米国から光ファイバーを持ち込む。いわば里帰りみたいなもんかな。しかし売れない。とにかく売れない。何しろ全く売れない。万事休すに成りかけてきた際の打開策が、掲載した画像に代表される応用例です(笑。太平洋戦争の開戦時、シンガポール陥落で捕虜となった英国兵への尋問の際、「貴殿は八木アレーをご存じないのか?」と返された件と似てます(笑。先生に心酔し、数多くの若者が勉学に励んだものと推測しますが、その働き口が日本国内に存在しない現実は大いなる皮肉ですね。

よく汲み出す井戸は、澄んだ水が出る

中共が、多国間条約としての「New-INF」条約に加盟することは、査察問題だけを考えても、ありえない(ICBMですら、それを認めたことはない)。したがってこれから世界はINFフリーの状態がずっと続く。大朗報だ。たとえば米軍が南九州の陸上基地から南支沿岸全域を巡航ミサイルで狙うこともできる。おなじことは、ブルネイやベトナムやフィリピンについてもいえる。ベトナムは米国から通常弾頭の「対艦弾道ミサイル」を買って海南島を照準することができる。フィリピンは楽々とパラワン島を防衛できるようになる。ついに、A2/AD構想は破綻し、終わった。いままでが、おかしすぎたのだ。この脱退通告には国務省も反対しない。中間選挙の追い風になるだろう。参照記事 参照記事


幾つかの記事を読んで判った事と言えば、米ソ冷戦時代の末期に結ばれた条約をロシアが受け継ぎ現在まで来たが、米国には不満(ロシアが抜け駆けしている点と中国が縛られていな点)があり、今日に至った模様だ。トランプ大統領は、レーガン政権が実施した「スターウォーズ計画」を再燃させ、敵性国家を軍拡レースに引き摺り込む算段なのかもしれない。前回は、ゴルバチョフ政権が財政破綻を招きソビエトが瓦解した。結果、日本各地にロシアンパブが林立して我々は恩恵を受けたがw さて、今回は如何なる結果を導き出すのであろうか。プーチンは挑発に乗って来ない気がする。道を誤ると、クリミアやカリーニングラードを失う羽目になるかもしれないし。逆に厳しいのは中共だと感じる。南シナ海の砂盛り島騒動に乗じて、アセアン諸国に巡航ミサイルを配備させるのには時間がかかり過ぎる。が、アフガンに配備されれば対策を打たなければならない。INFフリーなんだから、ロシア対策も考える必要がある。更には米国が、台灣に巡航ミサイルを配備する方針を打ち出して来た時、米国と一戦交える度胸はあるのか?無いよな。中共の支配者層がドル建てで資産を海外に移している時点で勝負になりません。貿易関税問題だけでなく、あらゆる出費を強要してくる米国に対して中共の反抗はあるのか?まぁ、頑張れとしか言いようが無い。

この☆の一体どこが千羽鶴なのかね

プロ人質こと自称韓国人のウマルが解放されたようです。政府はカタール政府から解放の情報を得たとのことで、おそらくカタール政府を通してずっと働きかけていたのでしょう。カタールはシリア近辺のイスラム過激派などのスポンサーもやってたりする国の一つなので犯罪集団と言えど金主からの話は無碍に出来ませんからね。そしてこうした働きかけは結果が出るまでは一切を非公開で行うしかありません。相手に足下を見られるわけにいきませんからね。安田純平(通名)こと韓国人のウマルを解放させるために日本政府が割かれたリソースやカタール政府に借りができたことなどを考えても政府が止める事について散々悪態をついて、挙げ句に繰り返し捕まっては日本政府に迷惑をかけているのに、日本政府に感謝すらしないこのクズが今度はどんな事を言うのか。参照記事 参照記事 参照記事

お父さんの顔つき、あっちの人みたいな‥w

清々しいほどの放送事故が起きていたみたいですねw 本人が韓国人だと表明しているのに、音声消したり字幕変えたり、忙しいことw 過去にはパスポートの名前の部分にモザイクがかかってたような気もする。奥方も旦那が拘束されている最中でさえ、プレスの前に本名で現れないし。挙げ句の果てにはカタールが身代金を払ったとか。来日会見が開かれるのであれば、生温かく拝見させて頂きます。

【追記】韓国籍を抜けていないせいで日本での在留資格の更新が必要だから日本に来たんでしょうね。パスポートは偽造だからマスメディアはモザイクを掛けざるを得なかったが、現地で奪われたことにして証拠隠滅を行った。シリアは赤軍の潜伏地としてハイジャック事件でも有名になった地域だから怪しい。そもそも国連安保理決議2133と2253で身代金の支払いは禁止されている。それを知らずに戦場に入って拘束されたというシナリオ自体が怪しい。これでははジャーナリストではないと断言せざるを得ない。身代金禁止の安保理決議によって昨今の武装集団は人質を取らずに車輛や船舶のハイジャックを行うようになってきている。


シリア現地のイドリブ県にいる武装集団はアサド政権に対してかなりの劣勢で人質交渉の余裕などない。これまでアサド政権側は人質ごと空爆してしまうのでイドリブ県は街すら破壊されている。現地住民はトルコ国境を越えてトルコで難民生活を行っている。アサド政権は親ロシアで日本の民間人とは利害関係がないし現地の武装集団が日本に対して人質要求するいわれも無い。こんな古臭い身代金詐欺を未だに赤軍が行っているとしたら噴飯もの。参照記事 私は三ヶ月以上、寝たきりになった経験がある(結果は残酷だった)。1年以上、歯を磨けなかったらどうなるか?歯医者に聞かなくとも分かる。彼は、日本政府に弱みを握られたと推測される(笑。

最も大切な事は研究ではなく、実行である

今年7月、約20年ぶりにフルモデルチェンジを受け、4代目となったスズキ「ジムニー」。発売1ヶ月で国内年間販売目標台数(シエラを含め1.6万台)を超える受注が入り、現在も多数のバックオーダーを抱えているようです。新聞報道等によると、スズキでは湖西工場のラインをフル稼働して同車を生産しているそうですが、納期が約1年と長期化しているため、同車の増産体制整備を決定。今回、具体的な計画を発表しました。年内にはインド、パキスタンなどへの輸出を始める計画もあることから、生産ラインを増設して来年1月をめどに軽4輪駆動車「ジムニー」と小型車「ジムニーシエラ」を合わせた月産能力を現状の1.5倍となる7,000台に引き上げることにしたそうです。参照記事

大人4人が乗車する時、大きな荷物は屋根に積むしかない。手袋はめていても操作し易いスイッチ形状だそうですが、女子が喜ぶ車内装備はなさそう。そのうえ、燃費も期待できそうにない。これ買って、何処で遊ぶのか? 昔と違って、今時は舗装林道しかない。未舗装でも私有地なら立ち入り禁止のはず。路面の破壊を避けるためにね。そうなると、行ける所は河川敷しか思い浮かばない。じきにブームが去るのに増産を決めたのは、日本でしか価値の見出せないガラパゴス車では無いという事なのであろう。スズキの単車って、構成部品の共通化が大好きでした。ホンダの単車なら、専用部品を取り外すための専用工具まで準備するのに(笑。この車の内外装仕様とは、全世界で販売する際に必須のスタイルなんだと思う。これから約20年間、スズキは地道に世界市場で売り続けていくのであろう。頑張って下さい。

飴なめてるんでなく、人をなめてます

政治というのは利害関係の調整なので、必要なのは冷静な計算なんだが、衆愚政治では理屈は嫌われ、庶民の感情に訴えかける「判りやすい馬鹿」が選ばれる。結果がどうなろうが知ったこっちゃない、オチコボレの貧民がウップンを晴らせればそれで良いのだ。参照記事


トラブルは、9月28日に開かれた熊本市議会の定例会で、緒方市議が市民からの請願をめぐる質疑をしていた際に起きた。RKK熊本放送の議会中継動画を見ると、緒方市議が質疑のために登壇しようとした際、朽木信哉議長が「緒方議員、まだ待ってください!」と制止。続けて「何か口にくわえておられますか」と質問。会場から失笑が漏れ、緒方市議が「龍角散のど飴をくわえています」と答えた。登壇し、緒方市議が「のどを痛めておりまして…」と話し始めたが、その後、ほかの市議から次々と「臨時休会!」と怒号が飛ぶ事態に。参照記事 過去に、乳児同伴で議会に来た市議だそうです。ガムなら駄目だけと飴くらいならという次元でなく、他の市議が彼女の顔を見ただけで嫌悪感を抱いてるようなので、彼女は市議としての職責を全うできない。ただそれだけのハナシ

Bobby! Play for Us

「つかの間の三年間においてこの非凡なる若者を動かしつづけた理想とヴィジョン、そして信念をわれわれは決して忘れないであろう。暴力を止めるためにすべてを捧げた彼が、暴力によってすべてを失ったという残酷この上ない皮肉に、われわれの悲しみは一層つのる。彼はもうこの世にいない。今日、われわれは彼の死を悼む。明日、そして明日に続く日々、われわれは無限の寂寥感に襲われることだろう。故にもし運命がこの輝ける才能の持ち主にその命を永らえさせ、人類のための平和と進歩という課題にその労力を注ぎ込ませ続けたなら、世界がいかに変わっていたか、われわれは知る由もないのである」(1963年11月26日、於国連)《落合信彦「ケネディからの伝言 」(集英社)》

1968年6月6日、午前1時44分。ジョン・ケネディ亡き後その夢と理想を再生でき得た唯一人の男、ロバート・フランシス・ケネディも42歳にしてこの世を去った。ちょうど、初の米朝首脳会談が行われた今年で半世紀が経過したこととなる。今月に入りトランプ米大統領は、ポンペオ国務長官による北朝鮮訪問を急遽中止させた。非核化措置の具体化を求める米国と、制裁緩和など見返りの先行実施を要求する北朝鮮との立場の隔たりが一層鮮明になったためらしいが、チンピラの駆け引きのようだ。過去に起きたキューバ危機を回避するため、当時のケネディ大統領は最後のトライとしてフルシチョフに手紙を送り、そのコピーをボビー・ケネディに託す。ボビーは、それをもって人目を避けるため秘かにワシントンの公園で、駐米ソ連大使アナトリー・ドブルィニンに会ったそうだ。そこで何が話し合われたのかは分からない。が、半世紀経過した人類は間違いなく退化していると言い切れる。

歴史は繰り返す

どんなに韓国人が大統領の首を挿げ替えても、次の大統領も韓国人だからね。そこに致命的で不可避な構造的欠陥がある。参照記事

Kono Sekai no Katasumi ni .2016

職権乱用や収賄などの罪に問われている韓国の朴槿恵前大統領(66)の控訴審で、ソウル高裁は24日、判決公判を開き、一審より重い懲役25年、罰金200億ウォン(約20億円)の実刑を言い渡した。朴被告は裁判をボイコットしており、欠席した。(中略)朴被告はこれとは別に、在任中、情報機関の国家情報院から多額の裏金を受け取ったとされる事件などで、懲役8年の判決を受けている。参照記事 逃げ切ったかに思われた李明博ですら、蒸し返されて拘束されとる。まぁ、恐らく文在寅にも害が及ぶのだろうね。

爆風トランプ

オバマさんは弁護士なので、状況を動かさずいかに現状を引き伸ばすかってのに注力したけど、トランプさんは借金が積み上がってる会社の立て直しとして、事業再編にリストラに取引先の整理やる気分なのでは。うまくいくかやれるか、じゃなくて、ダメージは受けるけど回復までなんとか耐える、ぐらいの話なんじゃないかしら。WW2の巻き返しんときとか、大手企業の業績んときのやり方だよね。時代の潮流に流されることも多いから、ダメなときはダメだけど。 参照記事 参照記事

The 9/11 Tourist

北朝鮮問題におけるトランプの目標は、米朝が本格的に仲良くなることでない。トランプと金正恩の首脳間の個人的なつながりを創設することで、北朝鮮が米国からの脅威を感じない状態を作ってやり、北朝鮮が韓国と不可逆的に和解するように仕向けるのがトランプの目標だ。従来、北は米国から敵視されていたので、米国の傀儡国だった韓国と和解して軍縮してしまうことに懸念が残り、南北が和解できず、在韓米軍も撤退できなかった。トランプは北との首脳会談後、北から試されたりウソをつかれたりしているが、それでも北を擁護し、米国の北敵視への逆戻りを防いでいる。北も、米国をヤクザ呼ばわりして非難するが、米朝対話はやめないと宣言している。参照記事 参照記事 支那が25%の報復関税を米国産穀物に掛けたそうで、米国産は高くつくからと他国へ見積もり出しても20%上乗せの回答しか得られないだろう。じゃあ要らないと言えるかどうか。その後、更なる対抗措置として年間貿易総額の半数にあたる2,000億ドル分にも課税されるとか、対応が半端ないですね。結局のところ、支那は基本的にブロック経済を飲むか変動相場制に移行するしか無さそうで、手持ちドルが無くなるから人民元決済でいける国を探さないといけない。さて、ロシアはジェット戦闘機のエンジンやスペア・パーツを人民元決済で売るのだろうか? 北米圏からの投資が止まっても成長率を維持する秘策は何であろうか? このような状況下で北朝鮮の面倒を見れるのか? 実は、ここが本質の様な気がする。歴史的?な米朝首脳会談の前後に支那と北朝鮮が繁昌に何度も会う。結果として核廃棄の意思が希薄なものになって来た感がある。北への国連制裁決議を補完する措置として支那に貿易戦争を仕掛けているのであれば、WTOなどの仲裁は効かない事になる。これは長引くよ 過去ブログ:2018年5月19日 民の声は神の声

【追記】トランプ米大統領が17日放映のFOXニュース番組で、昨年6月に北大西洋条約機構(NATO)に加盟したモンテネグロを共同防衛する義務に疑問を挟む発言をし、与党・共和党重鎮らが18日、NATO軽視とロシアへの傾斜を示すものであるとして批判した。参照記事 唐突に西バルカンの小国名が出たと思ったら、20日に奇異な記事がロイターから出ていた。 ワシントンに拠点を置くシンクタンク世界開発センターは3月、中国の一帯一路に絡む負債リスクを点検した報告書を公表。この中で、モンテネグロを、ジブチやモルジブ、ラオス、モンゴル、タジキスタン、キルギスタン、パキスタンと並び、もっともリスクが高い8カ国の1つに位置づけている。高速道路計画の残る3分の4は、より平坦な地域を通るもので、IMFは完成までにさらに12億ドル(約1350億円)の建設費が必要になると見積もっている。モンテネグロのマルコビッチ首相は、どれほど費用がかかっても完成させると述べ、水力発電や観光の分野でも中国と協力を深めると約束している。批判するのは「信じようとしない人たち」だと一蹴した。 参照記事 「一帯一路」って、途方も無い高利貸しの道を歩み始めている感じがする。これもそうだ。 ベネズエラは中共から借りた500億ドルが返せなくなり、原油の現物で支払っている。中共はさらに2億5000万ドルの融資をもちかけている。ただしこんどは、返せなかったときは、油ではなくて、油田そのものを貰う、という条件だ。参照記事 もう、挙げたらキリのない状況だが、ランカ辺りから台灣政府との国交樹立を推し進めて、支那から断交させるくらいの過激な行動が必要な時期に来ているよな。