カテゴリー別アーカイブ: スポーツ

マイペンライ

このサッカーチーム、無国籍少年が3名、コーチも無国籍というと、タイ人が救出に向けて心を一つにした理由が判るような気がする。山岳少数民族は貧しいので知られていて、学校にも通えない。そもそも学校がない。イギリス人とか、ボランティアで入って、小学生レベルの教育をしていたり、もちろんタイ人もボランティアで教えていたり、けれど集落でできるのは小学生レベルの教育だけで、中学ともなると、山を降りて寄宿舎で暮らしながら学校に通うんだが、おいらの知ってるところでは天理教がそういう施設をやってますね。タイ人は、こうした「貧しい者」「困っている人」を助けるという活動が好きで、ごく自然に、そうした振る舞いができる。山岳少数民族も、時代の変化で、山では暮らせなくなり、里に降りて来ている。そうした無国籍者にタイ国籍を与えるというのは、タイという国家にとっても、プラスだと思う。参照記事 タイ洞窟 「英雄」と称賛のコーチと少年3人、実は無国籍の境遇だったそうな。参照記事 そもそも論として、よくも見つけることが出来たよな、と言い切れる英国人ダイバーのスキル。どうやって救出するんだよと言いたくなる脱出ルート。既に殉職者が出てしまい、天候と水位よりも酸素濃度の許容限界値に押される形で救出を強行した結果、全員生還。軍政ですが見事な采配だ。腐れ人権団体が、もう政治利用を始めている模様だが、彼らへの国籍付与は叶うものと信じられる。が、時代の変化で山では暮らせなくなり、里に降りて来ざるを得ない問題と、欧州で起きている反社の暗躍とは根本的に土壌が異なる点は面白い。

Gifted.2017

タイの場合は視線が同じ位置なのに欧州は上から目線であり、謙虚な宗教観と唯一神を起点とした権利主張の違いも相容れない。タイでのコンフリクトは緩やかな形で終息するも、欧州は無理っぽい。これは、アジアが優れていると言いたい訳ではない。日本に来ているミャンマー人にスーチー女史を語らせれば、ロヒンギャ問題なんか永遠に解決しないだろうと思えてくる。 さて、黒っぽいのが混じってたイングランドに民族浄化を経験した白だけ?のクロアチアが勝ち、ベルギーとの混合レースを制したフランスと対峙する事になった。明らかにカラフルなフランスと、見た目では解らない暗黒の歴史を背負うクロアチア。どちらが勝つのか興味がつきません。

お金で買えないもの

ベストセラー「『捨てる!』技術」の著者で、文筆家の辰巳渚(たつみ・なぎさ、本名加藤木綿子=かとう・ゆうこ)さんが26日午後2時15分、交通事故のため長野県佐久市の病院で死去したことが27日、分かった。52歳。福井県出身。葬儀・告別式は近親者で営む。喪主は夫、秀一(しゅういち)氏。お別れの会を7月1日午後1時半から東京都台東区西浅草3の17の1、浅草ビューホテルで開く。出版社勤務を経て、マーケティングプランナーとして活躍。2000年刊行の「『捨てる!』技術」は、大胆に捨てる整理・収納術を提案して100万部を超えるベストセラーとなった。掃除や食事の作法などを親子で学ぶ「家事塾」を主宰。16年に生活哲学学会を設立、代表理事を務めていた。他の著書に「『暮らす!』技術」「子どもを伸ばすお片づけ」など。長野県警軽井沢署などによると、26日午前9時ごろ、軽井沢町の国道146号で辰巳さんの大型バイクと軽乗用車が正面衝突。辰巳さんは全身を強く打ち、搬送先の佐久市の病院で死亡が確認された。同署が、詳しい事故の状況を調べている。 参照記事

またひとり、単車の素晴らしさが分からずじまいで去っていった。なんでも、今年4月に教習所で限定解除し、いきなりドカのパニガーレだそうです。前車がスクランブラー400だったらしく、成金趣味のステップ・アップのつもりなんだろうけど、ガキの頃から数台乗り潰している身からすれば『無謀』としか言いようがない。事故現場のブラック・マークを見ましたが、対向車線側でA B Sが作動していたのが窺えた。どうすれば回頭性を得られるのかすら理解できていなかったのでしょう。すごく怖かっただろうし、痛かったでしょう。むかし、ヤマハがトリッカーを発表した時、あのキング・ケニー・ロバーツが嬉々として乗っていたのを思い出す。なんで車格にこだわる必要があるのだろうか?結局は文化の違いなのかもしれない。ご冥福をお祈り致します。 あと一月足らずで8耐がやって来る。今年は絶好のチャンスだったのに、また仕事を入れてしまった。聖地巡礼は、またの機会に持ち越し。 過去ブログ:2016年7月14日 ガラパゴスの熱い夏

もう本田は使うな

日本がコロンビアを2―1で破り、白星発進を飾った。W杯では、日本のみならず、アジア勢として初めてとなる、南米勢からの白星だった。(中略)前回大会まで実に17戦3分け14敗。18戦目、足かけ52年目で初めて、サッカー大陸・南米勢の牙城を崩した。参照記事 W杯6大会連続出場の日本はW杯で初めて南米勢への勝利となった。初出場となった1998年フランス大会のアルゼンチン戦(0-1)からこれまで4試合は1分け(PK負けは引き分け扱い)3敗だった。これはアジア勢としても初の快挙。66年イングランド大会で北朝鮮が1-1でチリと引き分けた試合からこれまで3分け15敗と、南米勢へは未勝利だった。アジアが南米チームから2点以上を奪った試合も今回が初。記録ずくめの歴史的勝利となった。参照記事 開始早々の出来事でしたね。大迫が体を入れ替えて直ぐの突進に周りが連動できている。だからハンドの反則が生まれてくる。まことに素晴らしい。2点目のヘッドの時ですら、仲間はファーに詰めていた。この対応を熟成させて戴きたいものです。なかでも、神憑り的な活躍を続けた長友の存在は非常に大きい。左サイドの乾が消えまくっていても気にならない。攻守にわたって大活躍だった。

Porco Rosso .1992

また、ボランチ起用の柴崎は大変面白かったと言える。一人足りない敵が引き気味にあって、攻めあぐねている状況を具体的にとぎほぐすパス、非常に効果的であった。大迫と共に途中交代となりましたが、脚の具合が気になって仕方がない。まぁ、今回は敵失に助けられた面もある。調子を落としている点取り屋がいないだけで、何すれば良いのか分からない若造の集団じゃないか。体のキレだけで突破できても次に繋がる連動が見られない。実体は下馬評以下のため、予選敗退するであろう。正直、助かりました。しかし、自軍に問題がないわけでもない。最初の交代カードを切られたら消えてしまった香川もヤワだが、だからと言って本田を出すのは止めてもらえないだろうか?彼が入ると流れが澱む。脚が遅いので高い位置に配すと悪影響しか出てこない。そのうえ守備の意識が薄いとくれば、居場所は無いはずなんだが。あろうことか、簡単に倒されてしまい大ピンチを招いたケースが2度以上あったぞ。ボール・キープすら出来ないんだから使わないでくれよ。ささやかなる願いです。4年に一度だけ、テレビ捨てた男がフラフラ彷徨う楽しい季節がやってきました。闘いは始まったばかりです。

【追記】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会を巡り、北海道小平(おびら)町のミズダコ「ラビオ君」が日本代表の1次リーグ3試合の結果予想をすべて的中させ、話題を呼んでいる。 (中略)3戦全部を当てる確率は27分の1。阿部さんは「全部的中したうえ、日本代表が予選突破を果たせてうれしい」と笑顔を見せた。ラビオ君はすでに出荷され、決勝トーナメントは新たに捕獲するタコで占う予定で、「第2のラビオ君にも全試合を的中させてもらい、日本が優勝してほしい」と話した。参照記事 しかし、代表監督って何様のつもりなんだろうか?結果論でなく、チームが全く機能してなかった点を問題視したい。攻守の切り替えが遅く、連動が全く見られず、良い所が何も無かった。分かったことと言えば、槙野は昌子の、宇佐美は乾の、武藤は大迫の代わりが務まらず、岡崎は故障持ちである事実。柴崎が消えてしまっていた原因を、組織として突き止めて貰えないと大変な結果を招くが、無理なんだろうと感じる。幸先が不安。

上がアレだしね

日本大学のアメリカンフットボール部の選手が関西学院大学との定期戦で重大な反則行為をした問題で、日大の内田正人監督が「一連の問題はすべて私に責任がある」と述べ、監督を辞任する考えを明らかにしました。 参照記事 学生のころ水球部に所属していた黒歴史がありまして、知らない人には「試合前に爪の検査があって、長いと爪切りで短くする」のを話しますが、知ってる人はメルボルン五輪の決勝戦の話をしてくる。はい、恐ろしく荒っぽい競技です(苦笑。水球をやる利点は、溺死できない人間になれる事(笑。逆に欠点は沢山あって、脚のつかない水深のプールでサッカーをやるようなものなんで、他人には絶対に薦めません。サッカーを観てると、重篤なファールがあっても攻撃側の流れが途切れなければ、笛を吹かないケースがあります。これは、観客が最も期待するシュート・シーンを多く見せるためのボール・ゲームが持つ宿痾みたいなものです。誰しもが、一瞬でマークを引き離してシュート体制に移行すると興奮するだろうと思いますが、水の中にプカプカ浮いてる水球は?と思うでしょう。「脚の甲であれば」との注釈付きですが、相手マークを蹴って瞬間的にフリー状態になるのは黙認されてます。水球って両手でボールを持てるのはキーパーだけで、他は片手でやり取りします。一瞬でマークを外しパスを片手で受けて直ぐにシュートを決める。割とカッコいいです。先に述べたサッカーで笛を吹かないケースと同様、球際での接触プレーも黙認しますね。が、関係ないところではファールや退場が適用されるべきです。今回のケース、最悪でしたね。監督辞めるだけで大学には残るそうですね。やれやれです。また水球の話に戻りますが、脚の裏で蹴るとフット・オフ、手で突き放すとハンド・オフになりますが、攻め込まれている状況下の守備側が敵攻撃側への進路妨害ともとれるハンド・オフをやっても笛は鳴りにくいです。まぁ水中での話ですが、あとパンツは水球専用で絶対に破れない素材でできてます。破れると、観客が常に野郎の割れ目を拝む羽目になるからね。なぜ破れる要素があるのかはノーコメント(笑。 過去ブログ:2016年2月11日 「あの写真は偽物である」

【追記】日本大学のアメリカンフットボールの選手が試合中に関西学院大学の選手に後ろからタックルして全治3週間のけがを負わせた問題で、日大の選手は記者会見の中で、「試合当日、コーチに『クオーターバックの選手に突っ込みますよ』と確認したら『思いきり行ってこい』と言われた。さらに、試合前の整列のときもコーチが近づいてきて、『できませんでしたじゃ、すまされないぞ。わかってるな』と念を押された」と説明しました。参照記事

今回の経緯を説明した宮川選手は、会見の中で今後について「今後、フットボールを続けていく権利も意志もない」と競技人生にピリオドを打つと明かした。周囲からの励ましがあっても「今はそんなことも考えられないです。今のところないです」と話した。参照記事 大方の予想通りの展開です。ある程度のキャリアを積めば、視野が広くなり潰される事への受け身の体勢がとれる。しかし今回のケースでは、プレーが終わっているにも関わらずタックルを受けた事で、大怪我に発展する可能性が高かった点を問題視する必要があった。正直に話した所で実行犯には変わりありません。追放は免れませんが、監督やコーチへの処遇はキッチリ行うべきと考えます。

G20でも「安倍マリオ」人気

5日閉幕した20カ国・地域(G20)首脳会議では、リオデジャネイロ五輪の閉会式で「スーパーマリオ・ブラザーズ」のマリオにふんした安倍晋三首相に、各国首脳が「マリオ!」と呼びかける場面があったという。 vlcsnap-2016-09-07-17h53m32s601思春期の息子が口を利いてくれないと悩んでいた世界銀行のキム総裁は、G20で首相を呼び止めた一人。リオ五輪の閉会式を見ていた息子が「日本の首相はクールだ」と言うのを聞き、「安倍は親しい友人だ」と話しかけたことで再び親子の会話が戻った、と首相に感謝の言葉をかけていた。参照記事 共同通信によると、この約8分間の演出にかかる費用が9月のリオパランピックでの閉会式演出と合わせて約12億円となる見通しになった。日本人ダンサー約50人も現地入りしており、長距離の移動になる人件費や機材の輸送費などで膨らんだためだという。この費用は、東京五輪の大会組織委員会と都とで負担することになっているが、割合は未定。   vlcsnap-2016-09-07-17h58m18s104これに対し、民進党では、9月の臨時国会に向けた対策チームを8月30日に立ち上げ、閉会式の費用について調査する方針だと、テレ朝系ニュースがこの日に伝えた。今後は、演出の担当者からヒアリングを行う予定だともいい、9月に決まる新執行部がその結果をもとに政府追及の態勢を整えるとされた。  12億円の費用について、ツイッターやネット掲示板では、「金かかりすぎ」との指摘もあるが、「費用対効果で言えば大成功だったと思うんだが」「世界中へ東京五輪への期待を持たせたことを思えば、相応の値段だ」「とても良い引き継ぎセレモニーだったぞ」と肯定的に受け止める声の方が多かった。民進党の12億円追及の動きについても、「足を引っ張るのか」と批判的な声が相次いだ。   民進党の国会対策委員会は、12億円について政府に資料請求をしたことは認めたものの、「担当者にヒアリングするかまだ判断しておらず、政府を追及する話にはなっていません」と取材に答えた。批判があって追及を止めたわけではないといい、今後については新執行部が判断するとしている。参照記事 日の丸を目にしたり、君が代を聴くと具合が悪くなる連中は12億円が非常識と思えるのだろう(笑。しかし、世界の12億人が日本国に対して好意的な印象を持ったのであれば、一人当たり一円のコストとみなせる。 悪いが、今回は日本の勝ちです(笑。

ガラパゴスの熱い夏

鈴鹿サーキットは昔から知っている。故.木山 賢吾選手がNR500を駆っていた時代からなんで、年季が入ってます。ただし最後に訪れたのは、ケビン・マギーが8耐初優勝を飾った87年が最後。ひどい話し(笑。 鈴鹿8時間耐久レースを夏の祭典として定着させるため、24時間耐久レースが普通の時代に警察の指導を受けて(治安対策最優先の)8時間制でスタートさせたと記憶している。しかし、これが結果として大当たり。 当時の耐久レースに出ていた選手って、一発の速さが期待できない中・長距離専門の連中だった。そこで興行サイドは「時短」を逆手にとって、一発の速さを望めるGPライダー招聘に舵を切る。

2スト全盛の時代、鈍重な4ストにGPライダーを乗せる、実は割と簡単だったのかもしれない。ヤマハの現役バリバリが出てくると、ホンダの現役バリバリも参戦する。GPライダーって、負けず嫌いばっかりだったのかな(笑。 耐久選手権のタイトル争いをしている欧州勢が、日本ラウンドだけはスポット参戦のGPライダー達に周回遅れにされちゃう(笑。スポット参戦組のマシンは24時間保つ必要がないカリカリチューンのマシンだから当然といえば当然だけどね。 どこの国でもGPライダーは年1回しか拝めないのに、日本は2回観れる。ほんとに恵まれた時代でした。間もなく開催される鈴鹿8耐、今年も行けません(涙。 過去ブログ:2016年4月15日 芸能界の鑑

【追記】今週金曜(29日)の鈴鹿8耐の公式予選1回目で、今大会の優勝候補筆頭 YAMAHA FACTORY RACING TEAM のアレックス・ローズが二輪シケイン立ち上がりで転倒。1080151これにチームは騒然となったが、ローズに大きな怪我はなく、ピットに戻ったマシンも修復可能なレベルのダメージでひと安心。公式予選2回目では、修復されたマシンで中須賀が2分8秒台をマークすると、吉川和多留監督も「問題なし」とコメント。同じマシンを駆り公式予選2回目を走ったポル・エスパルガロも2分8秒台を記録。そして公式予選1回目でタイム記録が残らなかったローズも公式予選2回目では2分7秒 713 を記録し、これで3人そろっての決勝レース進出が決定。なお、ポールポジションから10番グリッドまでを決める土曜日のTOP10トライアルには、タイム順でいけば中須賀が最終走者として登場する。中須賀は昨年の MFJ-GP で JSB1000 仕様「YZF-R1」を駆り2分5秒 192 を記録しており、EWC 仕様 YZF-R1 でどこまでこの記録に迫ることができるか、そして抜くことができるのかに注目が集まっている。参照記事

どっちも巨大なネーチャンです

マリア・シャラポワ選手が服用していたドーピング剤メルドニウム(meldonium)は、1980年代にアフガニスタンで作戦するソ連兵たちのスタミナを増すために投与されていた薬。maxresdefault1シャラポワ選手は、このクスリを10年間常用していたと白状した(そうな)。アフガニスタンのような高地で、重い装具を背負って20キロもかけずりまわったら、酸素欠乏から虚血症になりますわな。そこでメルドニウムですよ。ただし投与には本人の合意はありませんでした。誰も何も質問せず、上官の命ずるままに、全員がそれを服用した(そうな)。クスリを開発したラトビア人のイヴァルス・カルヴィンスに言わせると、ドーピング薬とは異なり筋肉を強化するのではなく、人間が肉体的なストレスに極限まで堪えられるようにする(らしい)。すなわち、身体が生存のための予備としてとってある最後のエネルギーまでも使えるようにしてくれるというのが、その効能なのだ(そうな)。maria-sharapova-porsche-ambassador2メーカーにいわせると、危険な副作用も少ないので、心筋細胞が酸欠で死んでしまうというリスクがある患者は、どんどん使ったらいいとも。スポーツ選手がこれを使うと、脂肪酸がエネルギーに変わる体内の過程が、スピードダウンするのだという。そして極限まで消耗しても肉体が耐えてくれるため、精神的にも敵選手より長くもちこたえられるようになるのだという。参照記事 選手キャリア全般で服用してたクスリが「違反になったよ」と事前アナウンスされてたにも関わらず見過ごしてしまい、試合に出れなくなっただけでなく、200億円近い年間スポンサー収入もフイにした。 かたや、2014年にリリースしたアルバム『1989』が大ヒット旋風を巻き起こし、第58回グラミー賞で「年間最優秀アルバム賞」、「最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞」、「最優秀ミュージック・ビデオ賞」の3部門を受賞したテイラー・スウィフトは、ファッション誌『ヴォーグ』のインタヴューで、「この10年間の中で、初めて予定が分からないの」と語り、次のように続けた。460802e0b0c248fc8ef0a29ea1769177「去年は信じられないような素晴らしい出来事が沢山あったわ・・・何かを作りだすというプレッシャーから抜け出して、自分の人生を生きようと決めたの」と休業宣言を披露した。参照記事 シャラポワがアホでも取り巻きがしっかりしてれば避けられた引退危機。今年のオリンピックにも出られず、もう、ずいぶん経つのに復帰時期のアナウンスが聞かれない。このクスリ、モスクワでは誰でも買える物だそうな。誠に残念である。 ちなみに、テイラーちゃんの流出写真も(あの時に)仕入れてたんだが、育ちが良い娘に隙はなかった(笑。

【追記】ロシア・テニス連盟のタルピシチェフ会長は5月26日、禁止薬物のメルドニウムに陽性反応を示して暫定的な出場停止処分を受けた女子テニスのスター選手、マリア・シャラポワについて、リオデジャネイロ五輪代表に選ぶ方針を示した。ただし処分が解除されず、出場がかなわない場合はランキングで下位のエカテリーナ・マカロワに交代させる可能性がある、とタス通信が伝えた。シャラポワは元世界ランキング1位で四大大会通算5勝。3月に米国で記者会見を開き、1月の全豪オープンで受けたドーピング検査で陽性反応を示したことを明らかにしたが、引退する考えはないと訴えていた。タルピシチェフ会長は19日、シャラポワについて「(現役復帰の可能性は)大いに疑わしい。彼女は現実的に難しい状況だ」と述べ、公式戦出場は困難との見方も示している。参照記事 選手生命が危ぶまれている状況下でトレーニングを積む、大変意志の強い方でないと無理だよな。結果、出れないとの報を受けた時の落胆にも耐えられるんだろう。ちなみに、エカテリーナ・マカロワをググってみた。だいたい、エカテリーナなる名前、スパイ小説では非業の死を遂げる役回り(笑。

他人の前で恥じる人と、自分の前で恥じる人では大きな開きがある

vlcsnap-2016-01-03-20h25m06s830移民のイスラム教信仰集団には、すべての近代国家が許容できない問題がある。彼らは、異宗教がマジョリティである地域に、宗教的な少数派として暮らすという現実に納得ができないのだ。説教師たちは、そうした感情を肯定し、「この国の連中こそがわれらのイスラムに改宗すべきなのだ」と言う。そして、その宗教的に正しい未来が早く実現するためには、暴力に訴えてもかまわないというラディカル説教師があらわれて、テロの煽動をし始める。さらに説教師はこうも言う。「この国の異教徒たちはお前たちにいつも正しいイスラム信仰を捨てさせようとしている。宗教の敵だ」と。イスラム教世界では、イスラム教を捨てて他の宗教に転向することは、今日でも死刑級の犯罪なのである。つまり近代国家ではとうぜんに認められている「信仰の自由」が、かの集団には無い。信仰の自由を認めないと公言している「違憲」集団を、近代国家は受け入れられるのか?参照記事 外国人就労、移民、帰化、永住のために日本に大量に入る支那人・朝鮮人と日本人との混血児が、社会構成で日本人より多くなる日はそう遠くない未来に現実となり、元々の日本人は少数派になるのでしょう。これから日本に大量に入る支那人・朝鮮人は、日本の地方(農村・水源)を乗っ取り、流行のコンパクトシティ化で日本人のいなくなった空隙に決して「日本化」しない彼らのコミュニティを乱立してゆきます。大都市圏では混血児の子孫たちが幅を利かせてきます。そんな世の中では日本語よりも片言の英語や中国語・朝鮮語の方が役立つでしょう。まだ生まれてもいない後世の史家から見れば、何もかも「自民党と安倍ちゃんと仲間たち」のお蔭だと涙することでしょう。もう、この国の未来は「日本」ではなく「日本みたいな何か」になるのは確実みたいです。(つまり公務員組織(本体・天下り外郭団体)に属する共済年金族が「日本人」であり、それ以外の(前者の規模を維持する)納税者であり多国籍資本の労働者である日本人は、その構成が帰化人だろうが混血児だろうが関係ないということです。)参照記事

Jeune & Jolie .2013

Jeune & Jolie .2013

楽天に入団したオコエ瑠偉外野手(東京・関東第一高)の妹が凄いらしい。180センチを超える選手が、小柄な選手並みの俊敏さだそうな。参照記事 まあ、ラクビー日本代表の松島幸太朗選手を観れば、あり得る話だと思う。陸上界も含めて、最近のアフリカ系ハーフの選手たちの活躍が目白押しだ。彼らの親(恐らく大半が父親)は、単身で日本人社会に飛び込むしかないので、周りが親身になって面倒を見ることができる。これが移民政策を成功に導くカギなんだろうと思う。だけど、一神教のムスリムと、どこの国に行っても漢字の看板を掲げて中華料理屋をやりたがる連中は、最も遠い位置にいる人種だよな。欧州、特にドイツと我らの日本は沈みゆく運命だと諦めている。 過去ブログ:2015年1月14日  欧州の犯した過ちを真似するわけにはいかない

Amateur!!! This guy’s got all angles covered…

CA3nh6HW4AAjn0Z東洋経済オンラインの記事によれば、ライザップとは、パーソナルトレーニングで理想の体を短期間に作れるということで人気の筋力トレーニング。2か月の標準コースで入会金と受講料で30万円以上の費用がかかるそうです。現在38店ある店舗では、約6千人がトレーニング中で、500人以上の順番待ちが発生するほどの人気らしいです。何をしてくれるのかと言えば、個別トレーナーの指導の下で、週に2回、1回50分の筋力トレーニング。また、カウンセリングを入念に行って、体重やウエストサイズなどの数値目標と目指すボディイメージを決めるそうです。そして食事の内容を毎回トレーナーに送って、アドバイスをもらい、カロリーコントロールと運動によって目標を達成していく仕組みになっているようです。(中略)ライザップは、主にこのようなトレーニングの習慣化のために30万円以上のコストを払うサービスです。それだけのコストをかけてもやろうという人が順番待ちしているというのは、いかに継続することに価値があるかの裏返しとも言えるのです。参照記事 週に2回しか訪問させず、あとはメールでやりとりするだけの仕組みで、何と30万以上出したい連中が500人以上も順番待ちしてるとか神業ですw。経営危機のマックもビジネス・モデルの再構築を進めるべきw。参照記事

欧州の犯した過ちを真似するわけにはいかない

136753_video大相撲の横綱鶴竜関(29)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、井筒部屋=が23歳のモンゴル人女性と結婚することが(先月)31日、関係者の話で分かった。来る5月には第1子が誕生予定だという。お相手はウランバートル出身のダシニャム・ムンフザヤさん。モンゴルの大学生だった約1年前から交際が始まり、2人は8月ごろから東京都内の自宅で生活している。既に両親へのあいさつも済ませ、早ければ大相撲初場所(1月11日初日・両国国技館)後にも結婚届を提出する予定。関係者によると、鶴竜関はムンフザヤさんを「元気で明るい女性だ」と周囲に話しているという。参照記事 526x297-oxsまた、女子バレーボール界の新星!金蘭会高校宮部選手が凄いそうで。ナイジェリア人の父と日本人の母を持つハーフ。まだ1年生ということもあり、2020年東京オリンピック大会での有望株と言われています。182センチという長身で、跳躍力も凄い。金楽寺小3年時にバレーボールを始め、私立の大阪・金蘭会中に進んだ時は主将を務めました。参照記事 角界や春高バレーの話題は、数少ない移民の成功例に挙げられると思う。少しずつ流入して来る海外からの移民を、圧倒的多数の親戚縁者や近隣住民が有無も言わさずズルズルと吸収して混血(日本人化)して行ければ問題ないのだが、index_20130116002432中国残留孤児の2世らを中心としたグループ「怒羅権(ドラゴン)」などのように、同族で群れて決して同化しようとしない中韓の連中には細心の注意を要する。参照記事 参照記事 日本人社会が消化できないペースで移民(予備軍)を入国させる政策には断固反対していくべきだ。如何に大和民族が優秀であろうとも、戦禍から免れるように密入国してきた在日の問題を、未だに解決できてない現実は忘れちゃいかんと思う。近いうちに、建設業界で大いに懸念される事態だと思ってる件を書いてみたい。