カテゴリー別アーカイブ: 仕事

すぐキレる・妻よ見習え・LED

vlcsnap-2014-10-13-12h21m24s207

Coldplay Walk On Stage XyloBands

Coldplay Walk On Stage XyloBands

久米宏のラジオ聞いてたら、ノーベル賞・中村修二氏の「怒り」の話だった。日本では信号機をメンテナンスする会社は独占企業だから法外な金額を取っていて、その会社は例によって警察官僚の天下り先。日本中の信号機を寿命の長いLEDに変えることで甘い汁を吸っている連中に仕返ししたかった、と。参照記事 参照記事 当時は製造業の海外移転が本格化してなかったんで、日本語での製品仕様書が出回っていたのを記憶している方々も多いと思う。特に、一摑みナンボの商材に失望してた総合家電メーカーは完全に出遅れてたんで日亜化学(以下、日亜と記す)に勝機はあった。しかし、前述の製品仕様書の半数以上が日亜でなく『豊田合成』であり、市場独占は叶わなかった。豊田合成とは、あのトヨタの系列で、中村氏以外の2名の受賞者と同じ中京地区の(直前までは畑違いの)巨大企業である。では、豊田合成は青色LED素子を販売するにあたり特許料を日亜に払っていたのか?否、法的に支払義務が無かったはずである。論文を読めば光らせるためのコツが掴めたし、実現する手法が唯一無二でない事も判らない面々ではなかった。結果、日亜の特許請求範囲はザルと化す。化合物半導体業界の設備投資額とは半導体集積回路屋から見れば微々たるものであり、中小企業が活躍できる素地はあった。にも拘らず、初期段階からシェア争いを強いられる状況に陥る(それも大企業と)。これでは、創業者利益が無くなってしまう。世紀の大発明をやってのけた男が、塵のように小さな市場でしかない日本の信号機メーカーとの商談を覚えているとか喜劇でしかない。ここから先は蛍光体を介して白色化を目指すべく外部の力が必要となる。青は赤字でも白で元を取れると豊田合成は考えたかもしれない。液晶バックライトのシェアさえ押さえれればチャラに出来ると。だが、日亜には財力と胆力は無かったような気がする。我々が市場で目にした青色や白色LEDの対価すべてが日亜には流れなかった。世紀の大発明の報酬を優秀な社員に与えられる原資を日亜は持てなかった。一太郎でジャストシステムは大きくなったが、日亜はLEDで大きくなれなかった。この理由が知りたいために氏は訴訟を起こし、日本にいられなくなったとも言える気がする。唯、中村氏は幾ばくかの金を掴む事が出来たが、この騒動で更に負債を増やした連中が沢山でた現実はニュースにもならない。

韓国起源説は適用されません

vlcsnap-2014-10-11-11h36m25s88

NEW COLDPLAY Live : Charlie Brown Xylobands

NEW COLDPLAY Live : Charlie Brown Xylobands

中村修二さんが米国籍だと驚いている人が多いが、もう15年も住んでるんだから当たり前。国籍を取らないと、不利なことが多い。国籍もなしに「選挙権をよこせ」といってる在日を当たり前と思わないでよ。参照記事 同期入社で寮生活を共にするヤツが半導体事業本部のお荷物と言われたLED開発部に配属された。ヤツがデカい実験をやると言うので、仕事をサボって同フロアの実験室を訪ねると、最新型LEDの点灯試験が行われていたんだが、通電直後に青く光ったLEDは数秒で輝きを失う。そう、通電と同時に劣化が始まり寿命が来たのである。しかし、その点灯時間が新記録だったらしく論文の書き上げとパーティーの段取りの話題で大騒ぎとなった。時は1982年である。オイラの電気屋としてのキャリアが科学技術の進歩と共に積み上がっても、化合物半導体業界の低空飛行は続く。銀行に見放された経営者が闇金融に縋るようなもんで、夢と現実の落差が酷過ぎた。多くのエンジニアや投資家が沈んでいった。つまり、我々業界人に届いた歴史的な一報とは『日亜のLEDが光り続けている!』『今度のは切れない!』であった。当時は本当に大変な騒ぎであった。しかし、高揚感は長くは続かなかった。いや、不穏な空気を感じ全く先が読めなかったのが実情である。何が起きたのかは別の機会に述べる。

先延ばしの悪循環から抜け出すには、5分間だけと決めて集中するべし

ALLやらなければならない事を先延ばしにしてしまうのは、怠け者だからではありません。大きな課題を前に怖気づいてしまうからなのです。仕事を始める前の憂鬱感を乗り越えるコツは、作業を5分間だけ行い、それ以上はしないことです。米心理学系メディア「Psychology Today」では、5分間と決めて作業をすることでやる気を出すきっかけになる、と紹介しています。実際に作業をやり始めたら、5分で止めたくないと思うかもしれませんが、ここはあえて止めてみてください。5分だけならそこまで仕事は進まないので、次に作業を再開するときに迷うことはありません。やるべき作業を選択して、5分間だけ作業すると言い聞かせ、実際に5分間だけやってみます。5分間経過したらそこで終了です。「5分で何ができるんだ?」と思うかもしれませんが、大きな仕事を5分でできるようなタスクに細分化して取り組むことが重要なのです。やらないといけない仕事を中断せずに、他の作業をこなさなければならない時は、このコツを覚えておくと良いでしょう。作業を細分化することで、脳を効率的に働かせることができます。先延ばしの癖は結局のところ、物理的な問題ではなく、心理的な壁にすぎないのです。参照記事 先週日曜の国家試験、公式の解答速報を基に自己採点した結果、合格だった。秋の二次試験に向けて、コツコツと積上げていきましょうかね♪

彼らは間もなく失業する

IMGP1689海の見えるビルの屋上で休憩している際、バングラデシュの若者が「あの島はリゾート島で、客は一晩で300〜400ドル使う」と言った。私は、彼のサラリーが月200ドルである事を知っている(エアコンも蚊帳も無いトタン屋根の宿舎と三度の飯はあるが‥)。家族がいるので毎月150ドル仕送りし、自分は50ドルだけで命を繋いでいる。携帯電話代も賄うので、私に真似出来る芸当でない。3/4を受け取る家族でさえ、貯蓄出来る状況になく、お先真っ暗である。翌月早々にもスリランカへ戻る若者は、三輪タクシーをやるそうだ。頑張ると、月250ドルは稼げるとのこと。蓄え自体が無いため、即断即決である。我々は、蚊やイモリに悩まされないエアコン付きの宿舎があり、彼らの数十倍の給与が自国口座に振り込まれ、現地での活動資金は別途確保されている。

中国より優れている日本の無償援助にも限界がある。ひとつのプロジェクトに、メーカー、コンサル、ゼネコン、施工会社が集い、現地人を雇用して技術を習得させる筈が、何の道具も持たない他国からの出稼ぎ労働者を使っており、何の技術を習得させているのか不明な状態でもある。金が入るのは、日本企業と地元の地主だけ(言い過ぎかな)。

この地は観光立国であり、周辺国の労働者を引き寄せる富があるようだ。よく聞くと、街の商店の店番は大半が外国人だそうで、小さな島にも関わらず、バイクやクルマが溢れている。ひょっとすると、最底辺を出稼ぎ外国人が占めることでジニ係数が悪くないのかもしれない。何れにせよ、我々が帰国すれば、彼らは失業する。

 

問題山積

JuqR1lM一日の昼前に成田を発って、モルディブのマレに到着したのは日付が変わる直前くらい‥いやはや疲れました。まぁ甘かったんですが、手荷物検査で玩具みたいなハサミを捕られただけでなく、100ml を超える液体は駄目との事で、シャンプーと歯磨き粉を放棄させられてしまいました(損害は3点で300円w)。

私物を破棄させられたシンガポールのトランジットは良いとして、モルディブの入国で同僚が足止めされたのには難儀しました。そもそも仕事で一ヶ月も滞在するのですから、ビザ取得が妥当なのに、観光客を装えとか、英語が話せない振りをしろとか、本当に英語が話せない同僚には無理ですょw。結局、私が交渉に駆り出されて、最終まで足止めですw。

一番堪えたのは、成田で仕入れたモバイル・ルーターが劇遅な点。回線速度を測ってみたら推定転送速度: 521.55Kbps (65.15KB/sec)とかw。ブログ更新に支障が出そうですし、050Plus も怖くて使えない可能性が出てきました。支給されたプリペ携帯はフル回転する事になるでしょう。現地写真を主体としたブログ更新は、風前の灯になっちゃいました。