カテゴリー別アーカイブ: 女優

Kの法則発動の予感

Lucy .2014

アンバー・ハードに大きく引き離された感のあるスカーレット・ヨハンソンの新作ルーシーを観た。が、映画にしろ彼女にしろ、どんな方向性で売っていきたいのか?全く判らなかった。しかし、リュック・ベッソンって、徹底した商業主義的な映画監督なんだな(笑。レオンとかフィフィス・エレメントとかを有り難がって観てた己が恥ずかしくなってきた。全ての要素を取り入れたゴージャスな内容でも、一神教の国では絶対に支持されない結末だし、キムチ観ただけで横田めぐみちゃんの顔が浮かぶおいらには映画に専念できず苦痛でしかない。彼女のピークとは、アイランド辺りだったのかもしれん。残念だ。

集団的自衛権行使反対派による徴兵制キャンペーンを考えてみた

Edge.of.Tomorrow .2014

Edge.of.Tomorrow .2014

徴兵制はないでしょう。現代の戦争は装備が高度化していて兵士一名訓練して運用するのも徴兵制で数を揃えていた時代と比べてカネが掛ります。先の大戦が始まった背景も英の植民地政策をマネして満州国とか関東軍を造ったら軍人が増え過ぎて間違った国策を取るハメになったことがあるとか。徴兵制なんてやったら墓穴を掘るだけ。それよりも民間傭兵会社を増やして仕事の無い若者を積極的に傭兵に成らせる方が大好きな自己責任で済ますことができる。

The Devil Wears Prada .2006

The Devil Wears Prada .2006

ただちに影響が無いしw官から民だしw 多分有事になったら上朝鮮が下朝鮮に侵略。中国なんもしない。米国が日本に集団自衛権を理由に出兵させる。船が転覆しても破綻兵士が火病起こしても上朝鮮兵にピンポンダッシュされても仕事ができない下朝鮮組織は哀号しかできず惨敗。下朝鮮の政府が亡命状態に。日本が派兵し下朝鮮を管理、仁那政府が数世紀ぶりに復帰。上朝鮮は高麗っぽく支那の北東を抑えるよ?みたいな。下朝鮮のヒャッハーな人達が晴れて堂々と日本中に散らばるのでした。参照記事 参照記事 「原作小説を読み始めたら、最初のシーンでつかまれました。いきなり読者がアクションに放り込まれ、すぐにヒーローが死に、そして生き返る。この先どうなるんだろうと思って読み続けました。とてもユニークです。主人公は少しずつ成長していくのに、同じシーンが繰り返されますからね。やっぱりユニークですよ」 そう語るのは、プロデューサーのアーウィン・ストフである。過去に数多くのヒット作を手がけてきた彼は、繰り返しこの作品を「ユニーク(個性的)」と評した。(中略)今回の『オール・ユー・ニード・イズ・キル(原題:Edge of Tomorrow)』では、ループする毎日という点がユニークでした。この設定は、『恋はデジャ・ブ』があったので、コンセプトとしては西洋人も知っています。しかし、おそらくアジアでは違う意味合いを持つのかもしれませんね」 参照記事 なぜトム・クルーズ主演の映画を見るのか?主演女優の質が高いからに他ならない(異論は認めないw)。彼女、「Looper」に出てたエミリー・ブラントだとまでは判ったが、まさか「プラダを着た悪魔」にも出ていようとは思いもよらなかった。で、本題なんだが、彼女と親密になるためにトム・クルーズは何遍死んだことか(笑。社会経験の浅い公務員脳には判らないのかもしれん。

中国汚職官僚の愛人、なぜ醜女が多いのか?

Monster .2003

Monster .2003

かつて日本では「秘書がやりました」が政治家の窮地切り抜けワードだったわけですが、その中国版は「息子 or 親族がやりました」となるでしょう。汚職官僚が収賄する場合、直接受け取るのではなく、息子や妻、あるいは別の親族を通じて受け取るケースが多いのです。かの薄熙来も収賄の多くは妻の事務所経由で、裁判では「妻がやったことなので知らなかったでござる」と堂々としらを切っていました。血縁関係、婚姻関係のある信頼できる人物に収賄の受取人をやらせるわけですが、その大役を愛人が担うケースもあるとのこと。これが「汚職内助の功」であります。典型的なケースは劉志軍前鉄道部長の愛人、丁書苗でしょうか。農村出身のでっぷりした女性なのですが、劉との関係を使って自分が経営する会社で鉄道部のプロジェクトを受注。多額の金を劉にキックバックしていました。また自らが劉と関係があっただけではなく、芸能人など見目麗しい女性を劉のために用意するといったことまでしていました。コネ社会の中国。血縁、地縁、学閥などなどいろんなくくりでのコネクションがあるわけですが、加えて愛人関係もコネクションの一つと言えるのでしょう。参照記事 醜女と言えば『モンスター』での娼婦アイリーン(シャーリーズ・セロン)。不細工でもコスパが良ければ商談が成立するさまと、役作りとはいえ、余りにも酷いスタイルとメイクは迫力満点だった。中国の話しに戻ると、あれだけの人口にも関わらず、埋もれずに生き延びるためには、相当な苦労があったと思う。最後に失敗したけどな(笑。

長澤まさみ?が削除した写真に衝撃

9c3c1f6f国民的女優として活躍する長澤まさみさん。来年初夏に公開予定の映画『海街diary』で、同じく実力派女優の綾瀬はるかさんと姉妹役で共演することが発表されたのだが、その彼女がちょっと意外な理由でネット上で話題になっている。その理由とは、画像共有サービス「Instagram」に投稿された画像だ。2014年6月23日に投稿された画像を見ると、帽子を被った女性が道路の真ん中に両手両足を広げて、停車中のタクシーの前に立ちはだかっているのである。まさか、タクシーを止めようと思ったのだろうか? 思いきりのある行動にネットユーザーは衝撃を受けたようだ。カメラに対して背を向けて写っていたので、これが長澤さん自身なのかどうかは不明だ。画像は削除されてしまっているので、一体誰がタクシーの前に立ちはだかったのかは、すでに確認する術がない。参照記事 気がつけば27歳・・・。命短し、はよ脱げ乙女。

アンジェリーナ・ジョリー、好きな中国人監督をめぐる発言で波紋を呼ぶ

vlcsnap-2014-06-23-07h59m43s83

The Tourist .2010

最新作『マレフィセント』のプロモーションで中国を訪問したアンジェリーナ・ジョリーが、好きな映画監督として台灣出身のアン・リー監督の名を挙げ、その際の発言が波紋を呼んでいる。上海で行なわれた記者会見で好きな中国人監督を聞かれたアンジェリーナは、『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』でアカデミー賞監督賞に輝いたアン・リーだと答えた。彼女は「アン・リーを中国人とみなすのかどうか、分かりませんが。彼は台灣人ですから。でも、彼は多くの中国のアーティストや俳優と中国語の映画を作っていますよね。彼の作品と出演している俳優たちは私にとって最もなじみがあり、大好きです」と語った。この発言は、中華人民共和国と台灣が別々の国であると示唆するものだとして、中国の一部の人々が反発、中国版 Twitter の微博(ウェイボ)で非難の声を上げている。「聡明な女性のはずが、馬鹿な笑い者になってしまった」「いかれた台灣独立支持者」などとアンジェリーナをこきおろし、『マレフィセント』を観に行く者は「裏切り者になるだろう」など、書き込みはエスカレートしていった。一方、台灣では「アン・リーが台灣人だという彼女のコメントは、彼女が国連の親善大使にふさわしい人物であることを示している。彼女は真実を言うことを恐れない」と Facebook でアンジェリーナを支持する女性も登場した。アン・リーはアメリカの市民権を取得しているが、台灣南部の屏東県出身だ。『マレフィセント』を製作したディズニー社の上海代理人はアンジェリーナの発言について「彼女の個人的な意見です」とコメントしている。今回の中国訪問にはアンジェリーナの婚約者、ブラッド・ピットも同行しているが、ブラッドは1997年に『セブン・イヤーズ・イン・チベット』に主演して中国当局の怒りを買い、ブラックリスト入りしたことがある。12日(現地時間)、アンジェリーナはこの件について新たなコメントは出していない。参照記事 もう既に、誰かに指図される立場じゃないゾ、いろんな意味で(笑)。逆に非難する方が馬鹿を見る。しかし、美人には見えんのだが(エラだし)・・。

中国、ベトナムの「反中史観」非難…反日棚上げ

vlcsnap-2014-06-22-19h05m55s24

Rambo First Blood .1985

朝貢貿易というのは、中華帝国のように強大な武力と国力を持つ国が、周辺国に「貢物を寄越せ」と脅すわけです。それで、貢物が来れば、もっと価値の高い物をお返しに渡す。プライドを銭で買うような話です。なので、周辺国としても、プラスマイナスで儲かるし、儲かった上に安全が保証されるわけで、喜んで朝貢貿易に応じる。中華帝国の周辺国というのは、いわば、中華プロレスの下っ端研究生みたいなもんです。スター選手である社長にフォールされたら負けてやらなきゃならない。社長からスリーカウントは取れない。給料貰ってるんだしw 絶対的な上下関係を前提としてのシステムなので、永遠の負け犬。幸いにも、日本は聖徳太子が中華体制への組み入れを拒否して以来、中華帝国の枠外です。琉球だけは別だが。参照記事 参照記事 上から目線の中華に対し、さすがにベトナムも切れたようで離脱を模索し始めてます。元々、貿易収支で赤字なんだったら朝貢貿易が成立してないんで離反もやむなし。結果、中華はアセアン加盟国に敵を作っただけという「孤立戦略」を邁進中(笑)。しかし、ジュリア・ニクソン=ソウルは良かったわな。

米メディアはフル回転に懸念の声…

Trouble with the Curve .2012

Trouble with the Curve .2012

過去の日本人メジャーリーガーの初年度を、先発数とイニング数で比較すると、パイオニアの野茂は28先発で191.1イニング、田中より2年先にメジャーに渡ったダルビッシュ有は29先発で191.1イニング、ヤンキースの先輩である黒田博樹は31先発で183.1イニング(ただし100球以上投げたのは4度だけ)、楽天の前エース岩隈久志に至っては中継ぎスタートだったため30回登板して14先発のみの計125.1イニングと最少。唯一、松坂大輔だけは32先発の204.2イニングとフル回転したが、09年には球威を失い、故障がちになっていった(参考:MLB.com ダルビッシュ有、野茂英雄、黒田博樹、岩隈久志、松坂大輔)。参照記事 年齢も25歳と若いマー君は、不振の続くヤンキース打撃陣にお構いなく勝ち続け、ヤンキースファンは彼の登板日だけが安心して試合を見れる安息日になっているそうで、松坂みたいに故障してしまわないことを祈るしかないわな。しかし、エイミー・アダムスは美人ですw

何とか持ち直してくれないと困るよw

vlcsnap-2014-06-11-16h36m58s235

vlcsnap-2014-06-14-14h20m00s180.png

3 Days to Kill .2014

スタイリストやメイクさんのせいではなく、明らかに劣化してきてるな(しかも、太ってるゾ)。アンバー・ハード目当てで観たラストミッション(原題:3 Days to Kill)は、渋いケビン・コスナーを拝める事にしか価値を見出せない。
ラム・ダイアリー(原題: The Rum Diary)で、どの服を着れば良いかをジョニー・ディップに決めさせるシーンを見て、これは好い女優が出てきたなと感心してたのに・・残念だ。致命的なのはスタイルが悪い点で、あらゆる服が似合っておらず残念感が倍加するだけでなく、若々しさが感じられない。何とか持ち直してくれないと困るよw

久々のイスラエル女優

vlcsnap-2014-05-05-14h50m53s24vlcsnap-2014-05-05-15h50m12s77

World War Z .2013

World War Z .2013

過去に、神々しいまでの美しさを誇った「スターゲート」の主演女優(Mili Avital)とはタイプが異なり、一発屋で終わる可能性もあるのですが、ブラピのゾンビ映画に出てた”ダニエラ・ケルテス”は好感が持てます。最初は端役なのかと思ってたのに、あれよあれよでブラピと行動を共にしだす始末(笑)。誰かの私論で『女優は美人である必要はない。美人を演じられれば、それでいい。』があり、「ターミネーター」に出ていた”リンダ・ハミルトン”に近いモノもあります。さてさて、ハリウッドに残れるのか、地元に引きこもるのか、次作を期待して待ってみようと思える女優さんです。
唯、この映画、特撮が凄すぎて、凄すぎて、人の尊厳が疎かになってた感じがします。 彼女が埋もれなきゃと心配で心配で(笑。

ジョンブル魂は永遠に不滅です

vlcsnap-2014-05-05-15h20m45s57

vlcsnap-2014-05-05-15h11m22s35

Oblivion .2013

とっくの昔に帰国して、映画三昧の休暇を気取っても、やっぱ昔見た好印象の映画に舞い戻ってしまう。トム・クルーズが出るSF大作として見た「オブリビオン」。終わってみれば、薄幸なヴィカを演じる英女優「Andrea (Louise) Riseborough」に釘付け。
余りにもビックリしたんで、前後の他作品を2本ほど見たんですが、別人ではないかと思えるほどの美貌。
監督や脚本家との綿密な話し合いの上で役作りをしたんだろうと思うんですが、主演女優級の「オルガ・キュリレンコ」が大根役者と思えるほどの熱演。途轍もない色気と、男が敬遠したい女の悪い面を併せ持つ、嫁にしたら絶対に駄目な女性を演じ上げてます。
で、結局どんな映画だったのか? ハリウッド映画が英国女優に喰われた感じw