カテゴリー別アーカイブ: Mac

景気が悪いのもiPhoneのせい

HhTFzq39月19日に新製品が発売された米アップル社のスマートフォン「iPhone6」と「同6プラス」の販売動向に、政府関係者が神経をとがらせている。輸入品であるiPhone6/6プラスの販売が急増すれば、貿易赤字が膨らむ可能性が高いためだ。特に今年9月の貿易赤字は、安倍晋三首相が消費税率10%引き上げの判断材料とする7~9月期の国内総生産(GDP)成長率にも影響が大きい。iPhone人気は日本のスマホ市場のみならず、アベノミクスの方向をも変えるのか。財務省によると、日本の貿易収支は8月までに26カ月連続の赤字が続く。東京電力福島第1原子力発電所事故に伴う原発の長期停止により、原油や液化天然ガス(LNG)などの火力発電用の燃料輸入が急増したことに加え、アベノミクスの円安効果も輸入価格の上昇に跳ね返った。一方、円安で改善が見込まれた輸出は、国内製造業が生産拠点の海外移転を進めた影響で伸び悩みが続く。ただ近年、9月だけはエネルギーに代わる別の主役が存在する。それがiPhoneだ。新型機が9月に発売されるのに伴い、日本向けiPhoneを生産する中国からの輸入が急増するためで、ここ数年は中国からの通信機(スマホを含む)輸入は、iPhone5発売の平成24年9月が前年同月比で2.5倍以上に増えたほか、5s、5cが発売された25年9月も同90.8%増えた。いずれも新型iPhoneが赤字拡大の“戦犯”となった。エコノミストらからは早くも、「9月は貿易赤字拡大の可能性が高い」などと悲観的な予想が上がっている。注目の9月の貿易統計は22日の公表予定。その結果や、いかに-。参照記事 ひょっとして「ユーザーの求めている」製品ではなく、自分たちが作りやすい製品ばかり作っちゃいませんか?(日本企業さん)という事だ。そんな事をやっていると、ファブレスのアメリカ企業に負けてしまう。参照記事

18金の Apple Watch Edition は約13万円になるかもしれない?

Watch-Gallery-8apple_watch_gold_red9月10日のイヴェントで発表された新しいアップルのスマートウォッチ Apple Watch 。中でも一際大きな存在感を放っていたハイエンドな Edition モデルの価格について、TechCrunch が次のようなことを報じています。どうやら Apple Watch Edition に使われている18金の素材に詳しい人の話によると、Edition モデルは1千2百ドル(約13万円)におよぶかもしれないそうなんです。さらに時計のエキスパート Chad Rickicki さんいわく、Apple Watch Edition の形や大きさを決めているケース部分は600ドル(約6万5千円)の制作コストがかかるのではと予想。アップルのサイトには、「Apple Watch Edition で使われている18金の素材は、スタンダードな金と比べて2倍の硬度を持っている」という説明があり、なかなかの耐久性を持っている模様。加えてベルトも同じ18金素材で統一しようものなら…結構なお値段になるのは間違いなさそう。そういえば先日、iPhone 6 の 128GB モデルが MacBook Air よりも高いという驚愕の事実が話題になりましたが、この噂が本当なら Apple Watch Edition は MacBook Pro よりも高くなりそうな感じ。参照記事 参照記事 これは中国でガンガン売れると確信(笑。日本でも、ネーチャンへの貢ぎ物(:ミンクのコート扱い)としての価値がある(笑。オイラも装飾品として身につけている時計。発表会で観たとき、駄目だこりゃと思ったが、ウンチク満載の『セレブ対応機種のみ』で売り捌くのなら全く問題ない。アップル恐るべし。

iPhone 6 向けプロセッサの出荷を台灣 TSMC が開始したそうです

Transcendence .2014

日米の貿易摩擦の中でも、半導体がアメリカにとって最も致命的だった。半導体を外国に依存することは安全保障上のアキレス腱になる。そこで、日本で使う半導体の20%は外国から輸入するということに決まった。暗にアメリカから買えということだ。ここで日本が大失策をする。韓国に半導体の技術を教えて、韓国から輸入すれば「なんちゃって日本製」ではないか・・・と。これが裏目に出る。サムスンはあっという間に秘伝を学び尽くして、シェア一位に踊り出た。ここから日本半導体の凋落が始まる。日本は韓国を舐めきっていた。しかし、鵜飼の鵜匠になるつもりが、逆にミイラ取りがミイラになった。アメリカから20%分すべて輸入すればよかったのだ。自由貿易の原則に反することを呑む以上、これを逆手に取ってアメリカと上手い取引ができたはずだ。戦闘機の自主開発を認めさせるとか。手玉に取るというのはこういう事だ。なぜそれができなかったか・・・。敗戦の怨念だろう。だから冷徹な計算ができない。アメリカ憎しで東アジアとツルもうとする。感情論だ。半導体で大失敗していながら、懲りもせずに、ソニーの出井がサムスンに液晶技術を流出させる。そして日本の家電は、今敗滅の危機にある。参照記事 参照記事 その昔、毎週金曜の夕刻に厚木工場から羽田空港に向かう連中がいた。彼らは日曜の夕刻に金浦空港から帰国するパターンを繰り返す。厚木の会社が背信行為?を黙認していた背景に中曽根の存在があったのか?もはや確かめる術が無い。アップルは競合企業から主要部品を調達する行為が如何に危険か身にしみたであろう。しかし、キャッチアップは巧くとも創造性を持ち得ない企業とは癌みたいなもので、宿主が死ぬと己も死ぬ事になるのが判らない連中も愚かだ。じきに、株券がユダヤから中共に移る事でサムスンがどうなるのか・・・もう、あまり興味は無いな。しかし、前から思っていたのだが、もう少し仕事を選ぼうよジョニー・デップさん(苦笑)

US キーボード使用の際トラブル

The Mechanic .2011

職場で新しく買った PC、キーボードは US 配列キーボード、OS は日本語 WindowsXP という構成にしたのだが、デバイスマネージャーで見た時、ちゃんと US キーボードになっているのに、日本語 106 キーボードの配列に従ってキー入力されてしまう問題があった。いろいろ調べた結果、なんとか解決。レジストリを以下にように修正すると良い。

 

【記述内容】
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\
CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters]
LayerDriver JPN → KBD101.DLL(KBD106.DLL になってた)
OverrideKeyboardIdentifier → PCAT_101KEY (PCAT_106KEY になってた)
OverrideKeyboardSubtype → 0 (2になってた)

OverrideKeyboardSubtype がポイント。ここを直さないと日本語キーボードとして扱ってしまう模様。他のは気づきやすいけど、これにはなかなか気がつかなかった。ちなみに、この対策前でも、IME-2003 の言語バーで US を選んだ場合は、ちゃんと英語キーボード配列で、処理されちゃうんだ。でも、IME を起動した場合は半角英数でもダメだから、ずいぶん IME 周辺を疑っていたんだけど、実は i8042prt の部分の問題なんだよな。ややこしい。日本語キーボードをつけているのに、英語キーボードと誤認識されるという逆のトラブルがあるようだから、コントロールパネルのキーボードの項目で、ここのレジストリーをいじる事ができた方がいいような気もする。再度入れ直すにしてもキーボードドライバはうまく取り外せなくて、レジストリエディタを使わない方法でやろうとすると、かなりやっかいな模様。もしかして、一旦日本語キーボードに設定し直してから、英語キーボードに戻すと解決するのかもしれないな。ちなみに自宅のマシンはすべて英語キーボード設定での使用なんだけど、どれも、まっさらな状態から OS をインストールしたものばかりだから、トラブルが起きなかった模様。参照記事 英語キーボード配列の Mac 上で Parallels Desktop for Mac などを介して WindowsXP を稼働させる際、前述の書き換え作業が必修となる。参照先の更新が滞っておるため、貴重な資料として書き留めておく。