カテゴリー別アーカイブ: 世事

もう一つ驚いた話を・・・・・

アラビア語メディアやイスラエル紙のネットは、ネタニアフ首相がスルタンの招待で、秘密裏に27日オマーン(勿論両国間には外交関係はない)を訪問したと報じています。それによると、ネタニアフは夫人及びモサッド長官その他を帯同しオマーンを訪問し、スルタンカブースと会談した由。勿論会談の中身の詳しいことは不明だが、主要な問題はパレスチナ和平で、和平を促進する方策について話し合われたとの共同声明が出された由。また今週初めにはパレスチナ暫定政府のアッバス議長が3日間の日程で訪問している由。取りあえずの情報としては以上ですが、これを報じるメディアはいずれも歴史的な訪問としています。また、ネタニアフの訪問に先立ちアッバス議長が3日間の日程で訪問していることは、スルタンは彼の意向を踏まえて(PLOの意見の橋渡しをしたことは確実でしょう)イスラエル側と話し合ったわけで、その意味では非常にまじめな試みかと思われます(何しろ、トランプの世紀の取引」とやらがイスラエル側だけの立場に立ったもので、パレスチナ、アラブの反発を買って、何処かへうさん霧消しかかっているだけに、中東和平プロセスを救おうとして、オマーンが出てきた者でしょうか)参照記事 参照記事 何かが起き始めているのでしょうか?サウジの大失態にトルコが乗じて発言権を増しており、米国とも共同歩調をとり易い立ち位置を確保しました。またイスラエルは、ロシア軍の偵察機撃墜の首謀者と目される立場であり、シリアにちょっかいを出していたであろう黒幕が身動きできな状況にある。シリアに平和が訪れて誰が喜ぶかというと、プーチンの顔を思い浮かべてしまう。初代アサドが人類の敵であったのは間違いなさそうですが、世襲後にあそこまで主権侵害する権利は何処の国にも無いと言い切れる。ひょっとすると、米国がグチャグチャにしたイラクも安定がもたらされるのかもしれない。両国に平和が訪れれば、バクーとイランの原油を地中海に注ぐパイプライン構想が実現できる。そうなれば、グルジア(現ジョージア)やトルコの機嫌を伺う必要は無くなるし、イランは安心してペルシャ湾(のホルムズ海峡)を封鎖できる(笑。大使が殺害されたり、数多くの将兵を失っても激昂して来なかったプーチンに勝ち目が出てきた感がある。好むと好まざるに関わらず、ガザ地区の未来は暗い。ソ連崩壊時に自称ユダヤ人が多数イスラエルに潜り込み、今では重要なポジションについているはずだ。このままサウジにつられて米国も沈んで行くのなら、中東の力関係は面白くなってくると思う。

追い込まれても勝負を捨てない

「ミスター半導体」と呼ばれ、文化勲章を受章した元東北大学長の西澤潤一(にしざわ・じゅんいち)さんが21日に死去した。92歳だった。葬儀は近親者で営んだ。お別れの会を後日開く。第3のトランジスタといわれ、大電力用から高速コンピューターまで応用範囲の広い半導体の一種「静電誘導トランジスタ(SIT)」を発明。半導体レーザーや光ファイバーなど光通信の基礎的な技術も開発し、ノーベル賞候補と言われた。74年日本学士院賞、83年文化功労者、89年文化勲章。東北大、岩手県立大、首都大学東京の各学長を歴任した。 参照記事 参照記事 先生の名前を記憶したのは、SITの存在でした。当時、ヤマハが細々と作ってましたが、最適解は見つからなかった模様。先生の功績を眺めれば、黄金期は50年代だと感じます。その中でも驚愕するのは「イオン注入法の発明」ですかね。なんでノーベル賞が取れなかったんだろう?まずは、故人の御冥福をお祈り申し上げます。お疲れ様でした。 ここで小ネタを少し(笑。恐らく脳内で電子と正孔の振る舞いが三次元でイメージ出来ていたであろう先生の功績の一つである光通信の三点セット、なかでもガラスファイバについてです。電線の代わりに光ファイバーという構想に飛びついたのは海外で、実用化も早かった。ここで、南青山神宮前の某企業が社運を賭けて米国から光ファイバーを持ち込む。いわば里帰りみたいなもんかな。しかし売れない。とにかく売れない。何しろ全く売れない。万事休すに成りかけてきた際の打開策が、掲載した画像に代表される応用例です(笑。太平洋戦争の開戦時、シンガポール陥落で捕虜となった英国兵への尋問の際、「貴殿は八木アレーをご存じないのか?」と返された件と似てます(笑。先生に心酔し、数多くの若者が勉学に励んだものと推測しますが、その働き口が日本国内に存在しない現実は大いなる皮肉ですね。

この☆の一体どこが千羽鶴なのかね

プロ人質こと自称韓国人のウマルが解放されたようです。政府はカタール政府から解放の情報を得たとのことで、おそらくカタール政府を通してずっと働きかけていたのでしょう。カタールはシリア近辺のイスラム過激派などのスポンサーもやってたりする国の一つなので犯罪集団と言えど金主からの話は無碍に出来ませんからね。そしてこうした働きかけは結果が出るまでは一切を非公開で行うしかありません。相手に足下を見られるわけにいきませんからね。安田純平(通名)こと韓国人のウマルを解放させるために日本政府が割かれたリソースやカタール政府に借りができたことなどを考えても政府が止める事について散々悪態をついて、挙げ句に繰り返し捕まっては日本政府に迷惑をかけているのに、日本政府に感謝すらしないこのクズが今度はどんな事を言うのか。参照記事 参照記事 参照記事

お父さんの顔つき、あっちの人みたいな‥w

清々しいほどの放送事故が起きていたみたいですねw 本人が韓国人だと表明しているのに、音声消したり字幕変えたり、忙しいことw 過去にはパスポートの名前の部分にモザイクがかかってたような気もする。奥方も旦那が拘束されている最中でさえ、プレスの前に本名で現れないし。挙げ句の果てにはカタールが身代金を払ったとか。来日会見が開かれるのであれば、生温かく拝見させて頂きます。

【追記】韓国籍を抜けていないせいで日本での在留資格の更新が必要だから日本に来たんでしょうね。パスポートは偽造だからマスメディアはモザイクを掛けざるを得なかったが、現地で奪われたことにして証拠隠滅を行った。シリアは赤軍の潜伏地としてハイジャック事件でも有名になった地域だから怪しい。そもそも国連安保理決議2133と2253で身代金の支払いは禁止されている。それを知らずに戦場に入って拘束されたというシナリオ自体が怪しい。これでははジャーナリストではないと断言せざるを得ない。身代金禁止の安保理決議によって昨今の武装集団は人質を取らずに車輛や船舶のハイジャックを行うようになってきている。


シリア現地のイドリブ県にいる武装集団はアサド政権に対してかなりの劣勢で人質交渉の余裕などない。これまでアサド政権側は人質ごと空爆してしまうのでイドリブ県は街すら破壊されている。現地住民はトルコ国境を越えてトルコで難民生活を行っている。アサド政権は親ロシアで日本の民間人とは利害関係がないし現地の武装集団が日本に対して人質要求するいわれも無い。こんな古臭い身代金詐欺を未だに赤軍が行っているとしたら噴飯もの。参照記事 私は三ヶ月以上、寝たきりになった経験がある(結果は残酷だった)。1年以上、歯を磨けなかったらどうなるか?歯医者に聞かなくとも分かる。彼は、日本政府に弱みを握られたと推測される(笑。

最も大切な事は研究ではなく、実行である

今年7月、約20年ぶりにフルモデルチェンジを受け、4代目となったスズキ「ジムニー」。発売1ヶ月で国内年間販売目標台数(シエラを含め1.6万台)を超える受注が入り、現在も多数のバックオーダーを抱えているようです。新聞報道等によると、スズキでは湖西工場のラインをフル稼働して同車を生産しているそうですが、納期が約1年と長期化しているため、同車の増産体制整備を決定。今回、具体的な計画を発表しました。年内にはインド、パキスタンなどへの輸出を始める計画もあることから、生産ラインを増設して来年1月をめどに軽4輪駆動車「ジムニー」と小型車「ジムニーシエラ」を合わせた月産能力を現状の1.5倍となる7,000台に引き上げることにしたそうです。参照記事

大人4人が乗車する時、大きな荷物は屋根に積むしかない。手袋はめていても操作し易いスイッチ形状だそうですが、女子が喜ぶ車内装備はなさそう。そのうえ、燃費も期待できそうにない。これ買って、何処で遊ぶのか? 昔と違って、今時は舗装林道しかない。未舗装でも私有地なら立ち入り禁止のはず。路面の破壊を避けるためにね。そうなると、行ける所は河川敷しか思い浮かばない。じきにブームが去るのに増産を決めたのは、日本でしか価値の見出せないガラパゴス車では無いという事なのであろう。スズキの単車って、構成部品の共通化が大好きでした。ホンダの単車なら、専用部品を取り外すための専用工具まで準備するのに(笑。この車の内外装仕様とは、全世界で販売する際に必須のスタイルなんだと思う。これから約20年間、スズキは地道に世界市場で売り続けていくのであろう。頑張って下さい。

飴なめてるんでなく、人をなめてます

政治というのは利害関係の調整なので、必要なのは冷静な計算なんだが、衆愚政治では理屈は嫌われ、庶民の感情に訴えかける「判りやすい馬鹿」が選ばれる。結果がどうなろうが知ったこっちゃない、オチコボレの貧民がウップンを晴らせればそれで良いのだ。参照記事


トラブルは、9月28日に開かれた熊本市議会の定例会で、緒方市議が市民からの請願をめぐる質疑をしていた際に起きた。RKK熊本放送の議会中継動画を見ると、緒方市議が質疑のために登壇しようとした際、朽木信哉議長が「緒方議員、まだ待ってください!」と制止。続けて「何か口にくわえておられますか」と質問。会場から失笑が漏れ、緒方市議が「龍角散のど飴をくわえています」と答えた。登壇し、緒方市議が「のどを痛めておりまして…」と話し始めたが、その後、ほかの市議から次々と「臨時休会!」と怒号が飛ぶ事態に。参照記事 過去に、乳児同伴で議会に来た市議だそうです。ガムなら駄目だけと飴くらいならという次元でなく、他の市議が彼女の顔を見ただけで嫌悪感を抱いてるようなので、彼女は市議としての職責を全うできない。ただそれだけのハナシ

マイペンライ

このサッカーチーム、無国籍少年が3名、コーチも無国籍というと、タイ人が救出に向けて心を一つにした理由が判るような気がする。山岳少数民族は貧しいので知られていて、学校にも通えない。そもそも学校がない。イギリス人とか、ボランティアで入って、小学生レベルの教育をしていたり、もちろんタイ人もボランティアで教えていたり、けれど集落でできるのは小学生レベルの教育だけで、中学ともなると、山を降りて寄宿舎で暮らしながら学校に通うんだが、おいらの知ってるところでは天理教がそういう施設をやってますね。タイ人は、こうした「貧しい者」「困っている人」を助けるという活動が好きで、ごく自然に、そうした振る舞いができる。山岳少数民族も、時代の変化で、山では暮らせなくなり、里に降りて来ている。そうした無国籍者にタイ国籍を与えるというのは、タイという国家にとっても、プラスだと思う。参照記事 タイ洞窟 「英雄」と称賛のコーチと少年3人、実は無国籍の境遇だったそうな。参照記事 そもそも論として、よくも見つけることが出来たよな、と言い切れる英国人ダイバーのスキル。どうやって救出するんだよと言いたくなる脱出ルート。既に殉職者が出てしまい、天候と水位よりも酸素濃度の許容限界値に押される形で救出を強行した結果、全員生還。軍政ですが見事な采配だ。腐れ人権団体が、もう政治利用を始めている模様だが、彼らへの国籍付与は叶うものと信じられる。が、時代の変化で山では暮らせなくなり、里に降りて来ざるを得ない問題と、欧州で起きている反社の暗躍とは根本的に土壌が異なる点は面白い。

Gifted.2017

タイの場合は視線が同じ位置なのに欧州は上から目線であり、謙虚な宗教観と唯一神を起点とした権利主張の違いも相容れない。タイでのコンフリクトは緩やかな形で終息するも、欧州は無理っぽい。これは、アジアが優れていると言いたい訳ではない。日本に来ているミャンマー人にスーチー女史を語らせれば、ロヒンギャ問題なんか永遠に解決しないだろうと思えてくる。 さて、黒っぽいのが混じってたイングランドに民族浄化を経験した白だけ?のクロアチアが勝ち、ベルギーとの混合レースを制したフランスと対峙する事になった。明らかにカラフルなフランスと、見た目では解らない暗黒の歴史を背負うクロアチア。どちらが勝つのか興味がつきません。

お金で買えないもの

ベストセラー「『捨てる!』技術」の著者で、文筆家の辰巳渚(たつみ・なぎさ、本名加藤木綿子=かとう・ゆうこ)さんが26日午後2時15分、交通事故のため長野県佐久市の病院で死去したことが27日、分かった。52歳。福井県出身。葬儀・告別式は近親者で営む。喪主は夫、秀一(しゅういち)氏。お別れの会を7月1日午後1時半から東京都台東区西浅草3の17の1、浅草ビューホテルで開く。出版社勤務を経て、マーケティングプランナーとして活躍。2000年刊行の「『捨てる!』技術」は、大胆に捨てる整理・収納術を提案して100万部を超えるベストセラーとなった。掃除や食事の作法などを親子で学ぶ「家事塾」を主宰。16年に生活哲学学会を設立、代表理事を務めていた。他の著書に「『暮らす!』技術」「子どもを伸ばすお片づけ」など。長野県警軽井沢署などによると、26日午前9時ごろ、軽井沢町の国道146号で辰巳さんの大型バイクと軽乗用車が正面衝突。辰巳さんは全身を強く打ち、搬送先の佐久市の病院で死亡が確認された。同署が、詳しい事故の状況を調べている。 参照記事

またひとり、単車の素晴らしさが分からずじまいで去っていった。なんでも、今年4月に教習所で限定解除し、いきなりドカのパニガーレだそうです。前車がスクランブラー400だったらしく、成金趣味のステップ・アップのつもりなんだろうけど、ガキの頃から数台乗り潰している身からすれば『無謀』としか言いようがない。事故現場のブラック・マークを見ましたが、対向車線側でA B Sが作動していたのが窺えた。どうすれば回頭性を得られるのかすら理解できていなかったのでしょう。すごく怖かっただろうし、痛かったでしょう。むかし、ヤマハがトリッカーを発表した時、あのキング・ケニー・ロバーツが嬉々として乗っていたのを思い出す。なんで車格にこだわる必要があるのだろうか?結局は文化の違いなのかもしれない。ご冥福をお祈り致します。 あと一月足らずで8耐がやって来る。今年は絶好のチャンスだったのに、また仕事を入れてしまった。聖地巡礼は、またの機会に持ち越し。 過去ブログ:2016年7月14日 ガラパゴスの熱い夏

ムズカシイことぬき!

自立とは何か を考えたとき、自分の「軸」をぶれずに持っていること、かなと思う。何が好きで何が嫌いか。こうありたい と思うことは何か。こうはなりたくない と思うことは何か。許容出来ることは何か。どうしても耐えられないことは何か。それが自分の「軸」というものであって、それを他人に明け渡してはいけないのだと思う。参照記事 奇しくも、昨日・今日と連続で、Kushi Institute(米国)の同窓でもある才媛おふたりと会う。昨日は日本におけるphoto therapyの先駆者、医学博士の石◯◯◯さん。今日は、かの◯◯◯・グループで東洋医療ドクターとして世界各国のVIPに施術しているA****さん。おふたりとも、自分の道をしっかり見据え、努力し、熟考しながらもspontaneousに、好奇心旺盛に、そして楽しみながら仕事をしている様子がうかがえて、超インスパイアされました。今日、A****さんと確認し合ったこと。「自分が本当にやりたいことで、かつ、周りの人がハッピーになることをやる」もう本当に、これに尽きると思う。シンプルだけれども、まぎれもない真実。何があっても、そこはぶれないように、明日からも日々を過ごしていこうと思います。参照記事 やっぱりネット・サーフは止められない。

霞町の会員制クラブで、売上げの経過を気にしつつ、ホステスの接客態度に落胆する雇われママの『まき』の顔が浮かんだ。彼女は、秀でた美貌を武器に風俗業界へ進み、運命の男と出会う。男の稼業はインテリ・ヤクザ(笑。ただ、冠がついてもヤクザはヤクザ。やはりというか、壮絶な修羅場を経た上で離婚し夜の世界に戻ることとなる。興味深いのは、不定期ではあっても別れたヤクザと会食を続けていること。何故かを問うと「腐れ縁かな」と一言。このヤクザにも『ラスト・ライト』の日が訪れるが、この男が最後に目にするオンナは『まき』だと確信している。彼女は母子家庭で育ったから、渡米して学ばせて貰える境遇などありゃしなかっただろう。学識も博識も信仰も何も無いが、荒くれ者の眼を見据えて堂々と対峙できる『個のチカラ』が育まれ、「安心して、私も必ずあとから行くから」と言える『度量』も備わっている。バイオレンスな実社会が学び舎だ。人生って、面白いよね。

かける言葉が見つからない

昨年3月、千葉県松戸市立六実第二小3年のベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん(9=当時)の全裸遺体が見つかった事件で、殺人と強制わいせつ致死、わいせつ目的略取・誘拐、死体遺棄の罪に問われた元保護者会会長の渋谷恭正被告(47)の裁判員裁判の初公判が4日、千葉地裁で開かれた。法廷で渋谷被告は無罪を主張したが、検察側や証人からはおぞましい犯行の詳細が次々と明かされた。参照記事 リンさんの父のレェ・アイン・ハオさん(35)は愛娘の写真を持参し公判に臨んだそうだ。つまり、検察側の冒頭陳述を聞いてしまったことになる。むかし、私も娘を授かった。もちろん祝福されて生まれてきたのだが、中学2年で時計の針は止まる。男親は腹を痛めるわけでもないが、喪失感を克服することは至難の技、いや無理な相談だ。かける言葉が見つからない。

【追記】「もうおねがい ゆるして ゆるしてください」。東京都目黒区の船戸結愛ちゃん(5)が3月に死亡した事件で、警視庁は6日、父親の船戸雄大容疑者(33)を保護責任者遺棄致死の疑いで再逮捕し、母親の優里容疑者(25)も同容疑で逮捕した。ノートにつづられたという少女の反省文、1食しか口にできない日もあり、朝4時ごろ起きて平仮名を書く練習していたなど、笑顔の少女の写真とともに報道される内容はあまりに辛い。テレビ番組ではアナウンサーやコメンテーターが涙を流すシーンも放送され、ネット上では「子どもを生む資格がない」「人間じゃない」と容疑者となった親への怒りが溢れている。参照記事 この記事は「社会的な力を失った親が、家族の中でも最も弱い者を標的にするという家族病理が現れたように思います。父親は、香川では虐待で通報され、書類送検されています。逮捕当時、無職でした。」と綴る。さらに「この家族は何に苦しみどんな精神状態なのか、何を支援すればいいのかという視点でケアが入っていたようには見えません。結果論ですが、そうした病理性の高い家族への危機感が不足していたように思えます。」ここまでの分析がなされていても同様の事象が起きると思う。心情的には両親を死刑に処したい。理由は、社会復帰が望めないからに他ならない。この両親の今後の人生は地獄の連続となるであろう。社会的なレッテルが貼られた以上、どこに居ようと責めきを受け続け、孤立化を深めるだけ。逃れるには自死しかない。

ささやかな幸せ

あれは何だったのだろうか?逢う事が出来た日時は全てメモってたんで集計してみたところ、たったの総計24時間ぽっちだった(笑。だからなのかもしれないけれど、全ての出来事を昨日のことのように憶えている。いちど、こっちが送ったメールの何かが気に入らなかったらしく、膨大な量の罵詈雑言で構成される英文の返信が来たな(笑。だから慌てて時間を作って逢いに行ったら、凄い形相だったんで怖かったのを憶えてる(笑。何故だか、いつもいつも叱られてばかり(笑。褒められた記憶は無いですね。また、知り合った最初の時期は精神的に不安定だったのか、『これだけ頑張ったのに個人事業主の身分だ』とか、『もうこんな年齢になった』とか己を卑下しちゃうんですよ。私の目の前でね。こっちだって、気の利いた慰めの言葉も出せずに自己嫌悪に陥りましたよ。ハイ(笑。まぁ、よく考えなくともヤツの私に対する配慮が皆無なのは分かってる(笑。そう言えば、モルディブから帰国直後に会社辞めたんで、次の仕事に馴染むまで逢いに行かなかったら、完全に顔を忘れ去られてたのをいま思い出した(笑。そんな塩対応なのに馬鹿みたいに時間都合つけて逢いに行ったわな。ホント顔見るだけで、罵倒されるだけで、気分がすぐれるような感じがしていた。本当に至福の時間だったんだろうね。できるものなら、もう少しだけ時の積み重ねを続けたかった。あれさえなければね。歳を重ねていけば、良いこともあれば悪いこともある。私は、まともな対処が出来なかったので悪い事ばかりを経験してきた。いつもうなされていたし、克服できそうにない問題も山積していた。ジジイは即答し難いんだよ。私に対しては、ジャブで様子を見る事もなく何時もカウンター・パンチだった。また、ダウン・カウントも最後まで数えてはもらえなかったよね。ハイ、試合終了。しかと受け入れました。でも結果として、ヤツは無駄な回り道を辿る事なく最短ルートを爆走し今を迎えている。大変喜ばしい事態だ。近未来、多くの日本人がヤツの顔と名前を覚えることになる。そんな逸材なんです。総計24時間ぽっちであろうと一緒にいられた時間があったことに感謝している。ささやかな幸せです。本当にありがとう。

【追記】暇にあかせて不動産サイトを眺めていたら、マスタードとホワイトに塗られた平屋が目に飛び込んできた。そうアレですアレ。しかし、つくづくヤツの才能には驚かせられる。眼前に広がる海を金に変える。テーマは磯遊び(笑。また裏山は散策ルートだし、雨の日は温水プール。ホント、柔軟な思考力に脱帽しました。ただ、あの筋力と肺活量では緊急事態に対処不能なので、何も起きなかった事に感謝しましょう。掲載写真は引き払った後のもので、強者どもの夢の跡って感じですかね。解き放たれた才能の宝庫が何を目指しているのか皆目見当がつきませんが、願わくば、たとえ冗談であっても「永住権を得るための結婚」などとホザかないで頂きたいものです。
なお、当サイトはドメインの更新を放棄しますので、以後はリトアニアン・サイトかな。