カテゴリー別アーカイブ: 生き物

見事なまでの人災

チリの首都にあるサンティアゴ動物園で21日、男が自殺を図ってライオンの飼育場に侵入する騒ぎがあった。動物園は男を保護するため、やむを得ずライオン2頭を殺処分し、居合わせた来園者らは衝撃を受けていた。動物園関係者がチリ国営テレビに語ったところによると、この男はロープを使ってアフリカ・ライオンの飼育場の中に降りるところを職員に発見され、動物園は直ちに緊急対応に乗り出した。雄1頭と雌1頭のライオンが本能的に男に襲いかかったため、動物園はこの2頭の殺処分が必要と判断。園長は、麻酔銃では間に合わなかっただろうと説明した。

Blue Valentine .2010

Blue Valentine .2010

園長は「園内の動物は家族同然なので、今回の事は非常に残念だ」と述べ、殺処分されたライオンは20年余り飼育されていたと付け加えた。侵入した男は年齢が20~30代で、重傷を負ったため病院に搬送された。参照記事 参照動画 最近、イルカのショーなんかをやってる水族館やフツーの動物園が槍玉に上がりだしている。野生動物の自由を束縛しているとね。今回のケース、身勝手な若者のせいで2頭のライオンが殺されてしまったのだが、そもそも20年余り監禁されていたとも言える。判断の難しい話題。

【追記】国内最高齢のゾウとして知られた井の頭自然文化園(東京都武蔵野市)のゾウの「はな子」が死んだことが26日、分かった。69歳だった。参照記事 これで終わったわけじゃない。非難していた連中は獄死と言うだろうし、次のターゲットを探し出すんだろうな。欧州の動物園みたいに、死んだキリンやライオンの下に児童を集めて、解剖講座を開ける図太さがないと運営していけない時代に突入していると思う。 また、28日に米オハイオ州シンシナティの動物園がゴリラ舎に入り込んだ3歳の男の子を救うため、希少なゴリラ1頭を射殺した問題を巡り、両親の刑事責任を問うべきだという声が上がって、インターネットの嘆願サイトには2日間で10万を超す署名が集まっているそうだ。ただ、シンシナティ警察としては、現時点で母親や両親を立件する意図はないと説明。参照記事 参照動画 いまや第三者が情報を共有し、明確な意思表示を始め出している。メディアも含めた既得権益は、第三者の行動を無視できなくなりつつある。

「牛や豚がよくて、なぜ犬が悪い」

IMGP1568IMGP1531IMGP1532「犬食いねぇ!」とばかり、中国南部の町で6月下旬、「犬肉祭」が繰り広げられた。2日間で胃袋に収まったされる犬は約1万匹。世界の動物愛護団体などの猛抗議を受けながらも、住民らは「伝統の食文化。どこが悪い」とどこ吹く風で、盛大に食べ尽くしたという。犬肉祭が開かれたのは、ベトナム国境に近い広西チワン族自治区玉林市。夏至に合わせた恒例行事だ。米紙ニューヨーク・タイムズは現地ルポを掲載している。通りにはたくさんの食卓が並べられ、皿には犬料理がてんこ盛り。その裏で、狭い檻に詰め込まれた犬たちが次々に撲殺され、大鍋で調理されて行く。その過程を黙々と撮影する反対派の活動家と、活動家たちの動きを監視し続ける怪しげな男たち…。異様な敵意と緊張感が漂う犬肉祭の様子を伝えている。「あまりに残酷だ」と、開催反対を訴えるサイトへの署名は世界的に約400万人に達したという。しかし、住民らは「アメリカ人は七面鳥を食べる。許されるのか」と反論。インターネット上では、牛や豚は良くて、なぜ犬はいけないのか-などと、西洋的価値観の押しつけ、偽善だと反発する声も少なくない。参照記事 彼らは日本人がタコを食うのを知っており、いいとこを見せようと頑張ったんだが獲れなかった(笑。代わりに水揚げしてきたモノに仰け反ったんだが、知らないうちに白人のネーちゃんが背後にいて「これを食うの?」と聞きやがる。本心で「食わないよ」と言ったが、信じてなさそうであった(笑。日本人的にはハトやウサギを食料と考えたりしないが、ナマコを食うのは内緒にしておきたい(笑。ただ、犬はな〜(ヾノ・ω・`)ムリムリ

医者に尋ねるより病人に尋ねよ

複雑だな

複雑だな

デンマークの議会は4月21日、動物との性行為を禁止する法案を可決した。同国では既に動物を傷つける恐れのある性行為が禁止されていたが、動物の権利が十分に保護されないとして、愛護団体が規制強化を求めていた。欧州では、ドイツやノルウェー、スウェーデン、英国などですでに動物との性行為が禁止されている。このため、動物との性行為を目的とした観光客らがデンマークに集中、社会問題化していた。参照記事 参照記事 実際、動物売春宿なるものが同国にあり、ウマやウシなどと日本円で1万円程度で性行為ができるとして、欧州各国から多くの“愛好者”たちが訪れるのだという。参照記事 ( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` ) 行き場を失った変態どもが、全く規制されてない後進国の日本に来ないことを願ってやみません(笑。

自然薯も沢山ありますが、これはイノシシとの先着順ですw

vlcsnap-2014-11-22-22h29m05s4

Princess Mononoke .1997

Princess Mononoke .1997

2005年3月の福岡沖地震で大きな被害に見舞われた玄界島(福岡市西区)が、新たな厄介者に悩まされている。イノシシだ。畑や山を荒らし回り、住宅付近にも出没する。約500人の島民の我慢ももう限界だ。かつて島にはいなかった。「あそこから泳いできたとよ」。島民は海を隔てた対岸をさしながら、そう口をそろえる。指さす向こうにあるものは-。「なんでんかんでん(何でもかんでも)食べてしまう。網をしとっても、土の中を潜ってくるけんね」玄界小・中学校近くの畑で、寺田早苗さん(77)はあきれたような表情を浮かべた。自家用のサトイモやタマネギ、キャベツを育てる畑は130平方mほど。高さ2.5mの柵を網で4重に囲っている。それでも破られる。サツマイモは食べ頃になる1カ月前の9月に収穫して裏をかいた。昔から島では男性が海に漁に出て、女性が畑を耕してきた。被害は深刻で野菜作りをやめ、島外に仕事に出た女性もいるという。島でイノシシが初確認されたのは08年だった。「それまでは見たこともなかった」と、地元自治会長の上田永(ながし)さん(84)は言う。西福岡猟友会(八尋良久会長)有害鳥獣駆除猪(いのしし)班長の熊丸史生さん(70)は、「うじ」と呼ぶイノシシの通り道の使われる頻度からみて「数十頭はいる」とみる。猟友会は08年と10年、わなを仕掛けたが、1頭しか捕獲できなかった。参照記事 参照記事 海を渡るイノシシのはなしは瀬戸内でもニュースになってました。日本は移民政策を続けるのでしょうか? 過去ブログ: 2015年1月14日 欧州の犯した過ちを真似するわけにはいかない

住民困惑:カミツキガメが次々見つかる村のナゾ

Jaws .1975

Jaws .1975

新潟県弥彦村で、輸入や飼育が禁止されている特定外来生物のカミツキガメが1年余で相次いで6匹見つかり、なぞを呼んでいる。カミツキガメは強固なあごを持ち、人間の指を食いちぎるほどの力を持つ。繁殖力が高く、千葉県の印旛沼では野生下で大量自然繁殖が確認されているが、専門家の間では「新潟で冬を越すのは無理」とされていた。このため、誰かが捨てたとみて警察も捜査に乗り出したが、手がかりはない。村は「なぜうちの村なのか。手の打ちようがない」と困惑している。県警によると、県内では2009年以降13匹のカミツキガメが発見されているが、このうち7匹が同村で見つかった。県警では、カミツキガメが見つかった場合、危険なため、警察が引き取り、飼い主が分からない場合は環境省に引き渡している。原則、殺処分されている。同村では昨年5月から立て続けに4匹見つかったため、県警は何者かが捨てた外来生物法違反などの疑いもあるとみて捜査。調べによると、県内で許可を受けて飼育されているのは2匹で、いずれも飼い主の元で飼われていた。見つかったカミツキガメにはいずれも飼い主の身元を示すチップが埋め込まれていなかった。一方、村はカミツキガメが見つかった用水路の近くに注意を促す看板を設置するとともにパトロールを実施。地元小学校などにも文書を配布し、見つけても触らないよう要請した。今のところ、けが人はいないが、今年1月には相次いで、田んぼ脇の用水路の泥の中から、冬眠中とみられるカミツキガメ2匹が見つかった。こうした事態に、自然繁殖の可能性を指摘する声も上がっている。だが、県は「カミツキガメは犬や猫などと違って保健所で収容義務のある動物ではない。村が環境省と相談すべき問題」としている。一方の環境省関東地方環境事務所の担当者は「卵や子どもが見つかっていない以上遺棄された可能性が高く、現段階では調査の予定もない」。カメを研究している「日本カメ自然誌研究会」代表の矢部隆・愛知学泉大教授(51)は「カミツキガメは順応性が高く繁殖力が旺盛。遺棄されたにしてもこれだけ大量に見つかるのであれば、関係機関が早急にわなを仕掛けるなどして調査すべきだ」と話している。参照記事 d_06840377ちょうど1年前は、両前脚の約半分をサメに食いちぎられたとみられるアカウミガメ「悠」に人工ヒレを装着させる実験が完成形となった時期だ。参照記事 参照動画 あれから1年が経過しても、陸上ではペットの遺棄が止まないようです。そもそも、カミツキガメは危険すぎます。子供らが水辺で遊べなくなる。国内繁殖は掴みにくいが、輸入業者の行動特定は容易なはず。出来るところから対策を講じて欲しいものです。

犬がこうなったのは、お前たちの責任

BYEjhI9CMAA8prg「3・1独立運動」の88周年を迎え、各地で日本への抗議活動が行われた。「3・1独立運動」は、日本の植民地支配からの解放を求めて1919年に起きた非暴力の独立運動で、武力鎮圧され、多数の死傷者を出した。写真は抗日独立運動記念日の1日、ソウルの日本大使館前で、植民地時代の抗日活動家にならい犬の頭部を並べて日本への抗議活動を行う元韓国軍兵士。参照記事 何と2007年の記事ですが、この記事での写真が今でも一人歩きしている。参照記事 参照記事 参照記事 用いられる理由は「半島の思考パターン」を説明する際に都合が良いからであろう。中国・新華社によると、マーク・リッパート駐韓米大使がソウル市内で刃物で切りつけられた事件で、韓国人の70代の男性が7日、大使を激励するためとして、犬肉とワカメのスープを持って大使が入院する病院を訪れたものの、病院側から丁重に断られていたことが分かった。韓国では、手術後の回復に効果があるとして犬肉を差し入れる習慣がある。リッパート大使は、ソウル市内の邸宅近くで飼い犬の「グリグスビー」を散歩させるなど、愛犬家として知られている。参照記事 初老の韓国人に悪意はないが、国際性は微塵も感じられない。 過去ブログ: 肉を切らせて骨を断つ

葛西臨海水族園:クロマグロ とうとう1匹に

001大水槽で展示中のクロマグロなどが大量死している東京都立葛西臨海水族園(江戸川区)で24日、残るクロマグロがとうとう1匹になった。これから春休みや大型連休など多くの来園者が予想されるが、大量死の原因が依然不明のため、魚の補充のめども立っていない。「大変寂しい状態だが、残る1匹を大切に飼育したい」と同園の担当者。昨年12月1日時点で直径約30mのドーナツ状の大水槽には、クロマグロ63匹、サバ科のスマ67匹、ハガツオ35匹の計165匹がいた。だが、同月上旬にスマとハガツオが、同下旬からクロマグロも死に始めた。クロマグロが1日で7匹死んだこともあった。クロマグロは光や振動などの刺激に敏感だ。同園では年間50〜60匹程度死んでいるが、多くは何らかの刺激に驚いて猛スピードで泳ぎ出し、水槽の壁に衝突死する。そのため、大水槽の隣で進めていた別の水槽の改修工事を一時中断したが大量死は止まらなかった。水質も調べたが問題は確認されなかった。都の依頼で日大海洋生物機能化学研究室が死んだ魚を病理検査した結果、古い血液の分解などをする脾臓(ひぞう)からウイルスを検出した。だが、魚の大量死を招く「マダイイリドウイルス」などではないことを確認。どんなウイルスかは特定できていない。病理検査を実施した日大の間野伸宏専任講師(魚病学)は「ウイルスを特定し、病原性の有無を確認するには長期間かかる可能性がある」と話す。クロマグロは水槽内では繁殖しないため、幼魚を西日本の沿岸部で1歳(全長70〜80センチ)になるまで畜養し、海と水槽の水温差が小さくなる毎年6月ごろに移送する。今年の搬入について同園は「原因を特定できないと入れられない」と話す。参照記事 長期戦のようです。東京五輪までには正常化してもらいたいもんです。

怒れるアナグマ、高級ホテルを「攻撃」 ストックホルム

494120879badger7n-3-webスウェーデンの首都ストックホルムで6日早朝、都心の高級ホテルが不機嫌なアナグマの「攻撃」を受け、従業員や利用客の出入りが妨げられたことから警察が出動する騒ぎになった。高級ホテル「ラディソン・ブル(Radisson Blu)」のアナグマ危機は同日午前5時(日本時間同日午後1時)ごろ発生。警察が介入するまで約40分間続いた。地元警察はホームページで、「正気を失ったか、あるいはストレスで疲れ切った1匹のアナグマが、従業員や利用客の出入りを妨害。車から降りられない人や荷物を受け取れない人たちが出た」と説明した。「アナグマはその場を立ち去ろうとしなかったため、警察は地元の野生生物当局に連絡し、問題の解決に当たった」。アナグマが怒っていた理由は分かっていない。緑豊かなストックホルムにはいくつもの森や湖、運河などがあり、ヘラジカやノウサギなど、多種多様な野生動物が生息している。参照記事 英文記事 これ、アメリカだったら撃ってます。中国だったら喰ってます。はい。

瞬殺されたイカロス

140218bird140218bird2140218solarplant集光で気温は華氏1千度(537℃)まで上がるので、こうなることは最初から予見できたことではありますが…。先月稼働した世界最大の太陽熱発電所「イヴァンパ太陽熱発電所」の上を飛んで黒焦げになった鳥の写真です。同発電所は22億ドルを投じてベガス南西の砂漠に建てた5平方マイル(13平方km)の巨大ソーラーファーム。これが最大の副産物となるだろうことは、ウォール・ストリート・ジャーナルも書いてるし、発電所の月次コンプライアンス報告の中でも既に触れられています。鏡は35万枚あって、これで40階建て相当のタワーのてっぺんに光を集めるわけですから、まさに死のビーム。浴びたらひとたまりもありませんわね…。州のエネルギー委員会は、「発電事業で得られるメリットの方が問題より大きいので」野生動物の死亡とそれに付随する環境問題は許容範囲である、と話しています。マックスで稼働すれば14万世帯に電力を供給できるんだし、二酸化炭素の排出も減らせるんだから、多少の犠牲は…と。これに対し環境保護派はそこまでメリットは明確じゃない、と言ってます。心が痛むのは、生物学者の見解です。鳥は鏡の海を湖と勘違いして、まさか死の幻影とは思わずに舞い降りていった可能性もあるんだそうな。写真は発電設備供給元ブライトソース・エナジーが昨年11月のコンプライアンス報告の中で公開したものです。同月、けが・遺体で見つかった鳥は計11羽。参照記事 英文記事 学問としても興味が失せた太陽電池に代わり、期待をかけてた太陽熱、順調なようです。唯、鏡の集落が湖に見えてしまうとは考えもつかなかった。

「ちょっと公園行ってくる」。:やっぱりメスだったわw

9a9dde7d25efef0c米ワシントン州シアトルには、自力でバスに乗り、目的地に着いたら降りて、すたこら歩いてドッグランのある公園に通う犬がいるという。そこに飼い主の姿は見当たらない。バスの利用客も最初は驚いたそうだけど、ほぼ毎日のようにバスを利用する犬の姿に、今ではすっかりなじみの客となっており、その場を和ませている。犬の名前はエクリプス(2歳、♀)。黒のラブラドールとブルマスティフの混血種だ。バスの運転手にも顔なじみとなっており、どの運転手もエクリプスを乗車拒否しない。無賃乗車すら快く許している。飼い主に話しを聞いたところ、以前は週に数回、エクリプスを連れて自宅からバスに乗り、4つ先の停留所にある公園に一緒に来ていたのだという。ところがある日、飼い主がバスに乗る前にタバコを吸っていたところ、待ちきれないエクリプスは、飼い主を置いて1匹でとっととバスに乗って行ってしまったのだという。慌てて飼い主が次のバスで駆け付けたが、エクリプスは無事に公園に到着していたようで、しれーっと楽しそうにドッグランで遊んでいたそうだ。参照動画

一人で公園に行けちゃうことを覚えたエクリプス。以来飼い主がいなくてもバスに乗って公園に行くようになったという。133ed0ad54d45c97エクリプスは公共ルールも守るし、道路もきちんと歩道を通る。信号は青になるまでちゃんと待つ。人に噛みついたり吠えたりすることもない。なので飼い主もさほど心配はしていないそうだ。シアトルの住人たちは犬が大好きなようで、エクリプスは、「みんなを笑顔にしてくれる存在」として、誰からもかわいがられているという。バス会社の方でも「犬にも我が社のバスが評価され、利用されていることを大変光栄に思う」。と言っているという。参照記事 参照記事 英文記事 笑えたのは週に一人は「逃げ出してきたのでは?」と心配して保護してくれる人が現れるエピソード。しかし、欲望は果てしないな(笑。 過去ブログ: あるノラ犬の奇跡の旅  きっかけは朝日新聞w  「忘れ物お届け犬」 オランダの空港で大活躍  盲導犬刺傷事件に見る社会の闇  脱走しようとした犬が壁に挟まった姿が可愛いと話題  人間の赤ん坊に匍匐前進を教授する犬  行方不明になった子供を警察犬が発見 = ジャーキー贈呈