カテゴリー別アーカイブ: 映画

もののけ姫みてないの

日本はね、悪い神、祟る神こそお祭するのよ。災害や疫病、災難を起こす悪い神様を封印するというのが神社の役目で、その封印を有効にし続けるために、日々の参拝や年何回かの祭りがある。vlcsnap-2016-07-20-09h45m48s714 (中略)日本人が崇拝する、ということは、神様が世に出て悪いことをしないように見張る、という行為が本質。 だから、A級戦犯の合祀も当然。戦没者が「悪い神」か、と言われれば、悪いことをしたかどうかではなくて、「無念」「苦しみ」自体が悪い神であり、祀る対象になりうる。恨みを持っていれば善人でも悪事するかもね、って普通に思えるじゃないか。だから、そこに祀られている人の何をした、どういう人だった、なんてことは関係なく、その人達が持って死んでいったドロドロした情念のようなものを、日本人は放っておけない。放っておいたら「祟り」が怖いから。 祟りとは超常現象ではなくて、死人の情念から起因する一種の集団心理なんだ。これが実際に国を動かすことが日本ではありうる。

Princess Mononoke .1997

Princess Mononoke .1997

なんせ日本は民主国家だから。 日本人なら、死んだあとにまでムチで叩くようなことをすれば、バチが当たる、たたりが怖い、と自然と考えるだろう。参拝の儀式は安らかに眠ってもらうためにおだてたり、貢物をやるわけで、服従や信奉を意味するものではない。この感覚はおそらく日本人にしか分からない。日本人にはきっと自明すぎて無自覚になってしまうけど、きちんと外国人にも説明していかないといけない。 唯一神や天帝を信奉してきた大陸の宗教観では説明なしには絶対に理解されないよ。参照記事 靖国爆発音事件で東京地裁は19日、韓国の男に懲役4年(求刑懲役5年)を言い渡した。検察側は論告で、靖国神社にA級戦犯が合祀されていることに不満を持ち、犯行に及んだと指摘。「用意周到で入念に計画された危険なテロ行為」とした。参照記事 なぜか、(無差別)爆弾テロが爆発音事件として扱われた結果が出ました。 軽いですね。

兄弟喧嘩をしている場合じゃなくなってきたw

韓国ロッテグループの裏金をめぐる疑惑を捜査している韓国の検察が、グループ創業者の辛格浩(シン・ギョクホ、日本名:重光武雄)氏と格浩氏の次男の辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)グループ会長を出国禁止にしたことが8日に判明。vlcsnap-2016-07-09-10h45m23s727両氏は数千億ウォンの横領・背任や裏金づくり、不公正取引などが疑われており、出国禁止措置で検察の捜査に弾みがつくとみられる。検察は先月10日にロッテグループ各社の家宅捜索を実施し、グループ政策本部の副会長や運営室長ら側近と主要グループ会社の代表を出国禁止にし、格浩氏と東彬氏の自宅や事務所も捜索したものの、グループ総帥の企業活動を保障するという趣旨で出国禁止の対象にはしなかったが、ソウル中央地検の担当チームはこのほど格浩氏と東彬氏を出国禁止にした。これに対し、両氏の容疑を固めるような手掛かりや物的証拠を確保したためではないかとの見方が出ている。検察は複数のグループ会社から両氏へそれぞれ毎月300億ウォン(約26億円)の不審な資金の流れがあることを把握。資金管理の担当者はその名目を給与や配当金と説明したが、検察は正常でない資金が含まれている可能性を念頭に資金の流れをたどってきた。海外事業ではグループ会社を介在させる不当な取引を指示した疑惑が持たれている。たとえばロッテケミカルが海外から石油化学製品の原料を輸入する際、日本のロッテ物産を取引の当事者に見せかけ、不当な利得を得た疑いがある。

Major League .1989

Major League .1989

中国やロシア、ベトナムへの投資で、タックスヘイブン(租税回避地)に設立したペーパーカンパニーを通じ裏金をつくったとする疑惑もある。検察内外では、先に出国禁止にした側近らの取り調べを終えてから、遅くとも8月中に格浩氏と東彬氏を呼び出すことになるという見方が有力。一方、検察は前日に格浩氏の長女の辛英子(シン・ヨンジャ)ロッテ奨学財団理事長を、ロッテ免税店とロッテ百貨店内への化粧品メーカー出店の見返りの受け取りと横領の容疑で逮捕した。参照記事 参照記事 しかし、誰が被害者なんだよ。過去に大宇財閥を消滅させた経緯と異なり、創業者一族を追放して国家がロッテを美味しくいただく図式にしか見えない。なんの絡みもない企業なんで、どうぞお好きに(笑。

賢い人はアイディアを語り、普通の人はモノについて語り、愚かな人は他の人について語る。

アゴラで田中紀子という方が、テリー伊藤氏を二重三重四重wに全否定しているのを見かけた。参照記事 参照記事 ちょっとググったら、依存症に苦しむ人々を支援することに生きがいを感じる人みたいで、捕まった高知東生容疑者に対するテリー伊藤氏のコメントが許せなかったようだ。

To The Wonder .2012

To The Wonder .2012

大昔なんですが、コロンビアに長期滞在している際に「バスコ」と称する粗悪なクスリが流通していたのを知っている。バスコのスペルは判らないんだが、それは情報源の大半が文盲の人々だったことに起因する。コカは高くて手が出ないとも言ってたな。流れでヤク中の収容所みたいな場所も訪れたんだが、悲惨の一言に尽きた。軽いマリワナから始めてバスコで廃人になるコースを見ちゃった手前、大麻くらいならという意見には賛同しかねる。まぁ、薬妻の高島礼子氏にヒモ夫と離婚するように進言する連中がいるんだろうとも推測できるが、孤立させると再起不能コースが確定するわな。田中紀子氏らが無償で頑張ってくれるのであれば心配ないけどね。因みにオイラはテレビ持ってないんで、テリー氏の存在観はゼロ(笑。 過去ブログ:2016年6月25日 汚れた過去

これはアリです

エンジニアのニール(ベン・アフレック)は旅行で訪れたフランスのモン・サン・ミッシェルで、シングルマザーのマリーナ(オルガ・キュリレンコ)と出会い付き合うことになる。アメリカで一緒に暮らし始めた二人だったが、やがて心が離れていくように。そんなある日、ニールは学生時代の友人ジェーン(レイチェル・マクアダムス)と久しぶりに会い、やがて彼女に心の安息を感じるようになり……。参照記事 ブロンド代表のレイチェル・マクアダムスを限界ギリギリまでチューンしたって、オルガ・キュリレンコの引き立て役でしかない。凄まじいまでの美貌を見せつけられる映画だが、それ以外は本当に何もない。あのベン・アフレックですら養分です。よくこんな企画が通るよな。

To The Wonder .2012

To The Wonder .2012

その昔、トム・クルーズ主演のオブリビオンで中途半端な印象を受けた女優なんだが、モデル出身の彼女には、学問として演劇を学び舞台に立つ女優とは違って、波長の合った監督の指示のもと徹底的に魅せる場をセッティング出来れば素晴らしい結果を引き出せる素材みたいです。ただ、映画的には散々な評価しかなく、興行的にもオワンコだったと推測できる。ちなみに、ビーチク拝めます(笑。 過去ブログ:2014年5月5日 ジョンブル魂は永遠に不滅です

君子危うきに近寄らず

ヨーロッパキシダグモという種類のクモは、オスがメスに求愛のプレゼントをする習性で有名(らしい)。大抵の場合はハエなどの昆虫を、網で丁寧に包んで贈る。研究チームによると、一見愛情表現にも思えるこの行動に、実はオスがメスに共食いされる危険をかわす効果があることが判明したw。中には贈り物が大きいほど交尾の時間が長くなるケースもw。

Men in Black .2002

Men in Black .2002

観察したのはクモのつがい280組あまり。オスから贈り物をもらえなかったメスは、贈り物をもらったメスの6倍の確率で、オスを餌にしたw。「贈り物の有無は、メスがオスを共食いするかどうかを左右する最も重要な要因だった」と研究チームは解説する。プレゼントなしで求愛しようとしたオス15匹は、交尾する間もなく食べられてしまったというw。参照記事 虫の世界だけじゃないような(笑。

見事なまでの人災

チリの首都にあるサンティアゴ動物園で21日、男が自殺を図ってライオンの飼育場に侵入する騒ぎがあった。動物園は男を保護するため、やむを得ずライオン2頭を殺処分し、居合わせた来園者らは衝撃を受けていた。動物園関係者がチリ国営テレビに語ったところによると、この男はロープを使ってアフリカ・ライオンの飼育場の中に降りるところを職員に発見され、動物園は直ちに緊急対応に乗り出した。雄1頭と雌1頭のライオンが本能的に男に襲いかかったため、動物園はこの2頭の殺処分が必要と判断。園長は、麻酔銃では間に合わなかっただろうと説明した。

Blue Valentine .2010

Blue Valentine .2010

園長は「園内の動物は家族同然なので、今回の事は非常に残念だ」と述べ、殺処分されたライオンは20年余り飼育されていたと付け加えた。侵入した男は年齢が20~30代で、重傷を負ったため病院に搬送された。参照記事 参照動画 最近、イルカのショーなんかをやってる水族館やフツーの動物園が槍玉に上がりだしている。野生動物の自由を束縛しているとね。今回のケース、身勝手な若者のせいで2頭のライオンが殺されてしまったのだが、そもそも20年余り監禁されていたとも言える。判断の難しい話題。

【追記】国内最高齢のゾウとして知られた井の頭自然文化園(東京都武蔵野市)のゾウの「はな子」が死んだことが26日、分かった。69歳だった。参照記事 これで終わったわけじゃない。非難していた連中は獄死と言うだろうし、次のターゲットを探し出すんだろうな。欧州の動物園みたいに、死んだキリンやライオンの下に児童を集めて、解剖講座を開ける図太さがないと運営していけない時代に突入していると思う。 また、28日に米オハイオ州シンシナティの動物園がゴリラ舎に入り込んだ3歳の男の子を救うため、希少なゴリラ1頭を射殺した問題を巡り、両親の刑事責任を問うべきだという声が上がって、インターネットの嘆願サイトには2日間で10万を超す署名が集まっているそうだ。ただ、シンシナティ警察としては、現時点で母親や両親を立件する意図はないと説明。参照記事 参照動画 いまや第三者が情報を共有し、明確な意思表示を始め出している。メディアも含めた既得権益は、第三者の行動を無視できなくなりつつある。

犯人の国籍は推測できる

全国17都府県のコンビニの現金自動預け払い機(ATM)約1400台で今月15日、偽造クレジットカードとみられるカードが一斉に使用され、総額約14億4000万円が不正に引き出されていたことが捜査関係者への取材でわかった。約2時間半の間に、100人以上の犯人グループが各地で引き出したとみられる。

Red .2010

Red .2010

南アフリカの銀行から流出したカード情報が使用されており、警察当局は背後に国際犯罪組織が関与しているとみて、海外の捜査機関と連携して捜査を進める。捜査関係者によると、不正に現金が引き出されたのは、東京、神奈川、愛知、大阪、福岡など17都府県のコンビニに設置されたATM。日曜日だった15日の午前5時過ぎから8時前までの約2時間半の間に、計14億4000万円が引き出された。参照記事 何気に大事件なんですが、アフリカで暗躍している連中は限られちゃってます(笑。もっと明白なのは、搾取した金を自国通貨で持とうと考えてないであろう点(笑。


【追記】被害店舗がセブン銀行だけのうえ実損被害は無しとか、むしろ手数料でうまうまだな(笑。 しかし、悪用されたカード発行元の焼肉屋って何処なのよ?

林業は100年先を考えて木を植える。農業は来年のことを考えて種をまく。漁師はその日のことだけ考えて魚を獲る

震災1年目の延え縄の水揚げは、およそ200万円でした。2年目は思いがけなく約700万円の豊漁でした。ところが3年目は、1年目よりもわずかに上回る250万円前後。そして今年は50万円にも届かない40万円ほどで、本当に何ともなりません。延え縄漁については、収入が多くても少なくても経費はほとんど変わらずに50万円前後です。サケ延え縄漁では、どうしても食べていけないのが現実なのです。(中略)田野畑漁協管内のサケ延え縄に従事する漁師は、従来50隻以上の出漁でしたが、今ではたった7隻しかありません。こういう状況の中で、三陸沿岸で漁業を続けていくためにはどうしてもサケ刺網漁の許可をえなければならず、それ以外には漁業を続けていく方法がありません。漁師として生きていくために、私は100人の原告の一人として名前を連ねています。生き残った私の小型船で、どうかサケ刺し網漁ができるよう、裁判官の皆様におかれましては実情をしっかりとお汲み取りいただき、適切なご判断をいただきますよう、どうぞ宜しくお願い致します。参照記事

Martyrs .2008

Martyrs .2008

岩手の漁師らが起こした「浜の一揆訴訟」での陳述です。延縄では魚が獲れないので、禁止されてる固定式刺し網でのサケ漁を許可しろということらしい。関連サイトを見ると、なぜ獲れなくなってきたのかは、漁師らにも判らないそうだ。裁判官が「獲り尽くしたんじゃないの?」と聞いてきたら、何と答えるのだろうか。じきに、福島第二原発の事故のせいだと言い出すかもしれん。資源保護の取り組みを行わない連中が、次の世代に譲るはずの大切な海を殺しただけなのかもしれん。

盛り上がってまいりました

フィリピン・セブ市の次期市長が20日、犯罪者を殺害した警察官に報奨金を支払う意向を明らかにした。同国の大統領選で勝利したロドリゴ・ドゥテルテ氏も警察に容疑者の射殺を許可する方針を発表していることから、人権団体などに懸念が広がっている。十数年にわたってセブ市長を務めたトーマス・オスメニャ氏は治安強化を扇情的に訴えて再選した。AFPの電話取材に応じたオスメニャ氏は、犯罪者1人につき殺害した警察官に5万ペソ(約12万円)、負傷させた警察官に5000ペソ(約1万2000円)の報奨金を出す考えを示し、次のように語った。「公務に関連して犯罪者を1人殺したら無条件で(報奨金を払う)。私は警察を助けるためにここにいるんだ。警官を訴追するためじゃない。犯罪者に恐怖を植え付けてやる。罪を犯したければ私を相手に戦争を始めることになる。私は責任を持って、そういうやつらが犠牲になるようにする」参照記事

Q .2011

Q .2011

日本の未来です。まず、100均がシャッター商店街を作り出す(誰もが、百円以上の対価を出したがらなくなりました)。次に、非正規雇用の普及が世帯収入を直撃し、トドメは放射脳のおかげで電気料金が高騰してしまったこと。これで製造業は海外に活路を求めました。驚いたことに、上級国民らは外国人労働者(移民)を受け入れて、時給そのものを引き下げる方針を打ち出す。正直なところ、外国人労働者が支える今のコンビニや吉野屋なんかが半分に減ったって、消費者は困らないと思う。しかし、そうはならない。もう庶民は金を持ってない。モノが売れません。治安は悪くなっていきます。貧困と暴力はセットです。なんだか焼き畑農法のようです。日本も、まもなくそうなります。 過去ブログ:2016年5月10日 フィリピン陥落

メディアの死

vlcsnap-2016-05-22-05h27m57s326

Martyrs .2008

「沖縄県警はすでに、事情聴取段階で相当な証拠を固めていた。ところが、県警内部で、捜査に圧力がかかっていたようなんです。安倍官邸の意向を忖度(そんたく)した県警上層部が『オバマ大統領の訪日前でタイミングが悪すぎる』と、言いだしていた。それで、このままだと、捜査を潰されてしまう、と危惧した現場の捜査関係者が琉球新報にリークしたということらしい。つまり、新聞に報道をさせて、既成事実化して、一気に逮捕に持って行こう、と」(在沖縄メディア記者)実際、この琉球新報のスクープは「沖縄タイムス」も後追い。沖縄では一気に報道が広がっていった。ところが、である、”本土”の新聞・テレビはこの沖縄での大きな動きがあってもなかなか動こうとしなかったのだ。実は、「琉球新報」の報道の後、全国紙やテレビ局も18日の昼までには、沖縄県警に当たって、この事情聴取情報を確認していた。しかし、新聞は夕刊では報道せず、テレビも午後の段階ではまだ一部のニュースが「米軍関係者が関与していた可能性」をほのめかしただけだった。「万が一、参考人聴取だけで終わったら、安倍官邸、安倍応援団からどんな嫌がらせをされるかわからない、そのことを恐れたんでしょう。どの社も上からストップがかかったようです」(全国紙社会部記者)参照記事 ご遺体が見つかる前の攻防のようで、検死解剖の結果が悲惨すぎる現状では、もう(県警の)抑制が効かない模様です。まぁ、舛添都知事ごときを追い詰めれないスキルに準ずる対応なのでしょう。与えられるエサ(情報)のみを追い求め、ご機嫌伺いにも余念が無い。先は見えてます。