カテゴリー別アーカイブ: 映画

幸運から不幸までの道のりは短く、不幸から幸運までの道のりは長い

昨日、映画を見てきた。何もかも忘れて昼間にね(笑。行くことを決めた理由は、予告編を見たこと。シンプルな理由だな(笑。主演の顔に見覚えがあった。パシフィックという戦争映画?で、最後まで生き残る米兵役を演じた奴だ。どんな映画かというと、まだ息があるけど動けない日本兵を見つけたら、口の中にナイフをネジ込んで金歯を取り出す映画。その役者が、すげー衣装を纏いジョン・トラボルタばりのポーズを決めて熱演している。何でフレディー役を掴めたのか?風貌が似ていたからなのか?音楽性やダンスに高い才能があったからなのか?何にも知らない。何しろ、役者の名前すら分かってなかった。その程度の予備知識でクィーンの映画を見に行くか?行ったんだよ(笑。確かに、自分のiPhoneにはベスト盤が収録されていて、その範囲内の曲は知っている。たまに聴くしね。世代的には、どストライクのはずなんだが、多感な頃は体育会系の部活人生だったんで、寝てるか・メシ食ってるか・部活かの三点セット以外の記憶が全く無い(笑。その程度の予備知識で公開初日を狙って行ってきた。それも昼間にね。

英国のバンドだったんだな…。白人から見ると、分類上はパキなんだ…。その上で、ベスト盤で聴いてた曲、それが生まれてくるプロセスに参加出来た錯覚を憶えた。今は便利な時代で、映画のラストに持ってこられていたライブ・ステージのオリジナル映像ですら、ネット上で観ることができる。それもタダで。本物のステージを観たことは無い。知っていたことと言えば、才能のあるホモがエイズで他界したという事だけ。

The Pacific.2010

ボブ・ゲルドフが何者だったのか?そんなの知らない。現実のフレディが何故チャリティに出たのか?募金額に興味があった訳ではなく、視聴してくれる総人数のみに焦点を合わせていたんだな。今回、金を払って映画館に行った。全席指定なんで、ライブみたく立ち見じゃない。曲に合わせて身体を揺すったり唄ったりするアホもいない。映画館なんだし(笑。ただただ魅入っていた。とにかく集中していた。ここに集った観客の何割が英語を理解できるスキルを持ってたのだろうか?また、33年前のライブの記憶を持つ者はいたのか?そんなことは、どうでもよくなった。英語のヒアリング能力がなくとも、33年前の出来事を知らなくとも、フレディ達の素晴らしい足跡を最先端の映像技術で披露してくれる。後味サイコー間違いなし。

歴史は繰り返す

どんなに韓国人が大統領の首を挿げ替えても、次の大統領も韓国人だからね。そこに致命的で不可避な構造的欠陥がある。参照記事

Kono Sekai no Katasumi ni .2016

職権乱用や収賄などの罪に問われている韓国の朴槿恵前大統領(66)の控訴審で、ソウル高裁は24日、判決公判を開き、一審より重い懲役25年、罰金200億ウォン(約20億円)の実刑を言い渡した。朴被告は裁判をボイコットしており、欠席した。(中略)朴被告はこれとは別に、在任中、情報機関の国家情報院から多額の裏金を受け取ったとされる事件などで、懲役8年の判決を受けている。参照記事 逃げ切ったかに思われた李明博ですら、蒸し返されて拘束されとる。まぁ、恐らく文在寅にも害が及ぶのだろうね。

マイペンライ

このサッカーチーム、無国籍少年が3名、コーチも無国籍というと、タイ人が救出に向けて心を一つにした理由が判るような気がする。山岳少数民族は貧しいので知られていて、学校にも通えない。そもそも学校がない。イギリス人とか、ボランティアで入って、小学生レベルの教育をしていたり、もちろんタイ人もボランティアで教えていたり、けれど集落でできるのは小学生レベルの教育だけで、中学ともなると、山を降りて寄宿舎で暮らしながら学校に通うんだが、おいらの知ってるところでは天理教がそういう施設をやってますね。タイ人は、こうした「貧しい者」「困っている人」を助けるという活動が好きで、ごく自然に、そうした振る舞いができる。山岳少数民族も、時代の変化で、山では暮らせなくなり、里に降りて来ている。そうした無国籍者にタイ国籍を与えるというのは、タイという国家にとっても、プラスだと思う。参照記事 タイ洞窟 「英雄」と称賛のコーチと少年3人、実は無国籍の境遇だったそうな。参照記事 そもそも論として、よくも見つけることが出来たよな、と言い切れる英国人ダイバーのスキル。どうやって救出するんだよと言いたくなる脱出ルート。既に殉職者が出てしまい、天候と水位よりも酸素濃度の許容限界値に押される形で救出を強行した結果、全員生還。軍政ですが見事な采配だ。腐れ人権団体が、もう政治利用を始めている模様だが、彼らへの国籍付与は叶うものと信じられる。が、時代の変化で山では暮らせなくなり、里に降りて来ざるを得ない問題と、欧州で起きている反社の暗躍とは根本的に土壌が異なる点は面白い。

Gifted.2017

タイの場合は視線が同じ位置なのに欧州は上から目線であり、謙虚な宗教観と唯一神を起点とした権利主張の違いも相容れない。タイでのコンフリクトは緩やかな形で終息するも、欧州は無理っぽい。これは、アジアが優れていると言いたい訳ではない。日本に来ているミャンマー人にスーチー女史を語らせれば、ロヒンギャ問題なんか永遠に解決しないだろうと思えてくる。 さて、黒っぽいのが混じってたイングランドに民族浄化を経験した白だけ?のクロアチアが勝ち、ベルギーとの混合レースを制したフランスと対峙する事になった。明らかにカラフルなフランスと、見た目では解らない暗黒の歴史を背負うクロアチア。どちらが勝つのか興味がつきません。

もう本田は使うな

日本がコロンビアを2―1で破り、白星発進を飾った。W杯では、日本のみならず、アジア勢として初めてとなる、南米勢からの白星だった。(中略)前回大会まで実に17戦3分け14敗。18戦目、足かけ52年目で初めて、サッカー大陸・南米勢の牙城を崩した。参照記事 W杯6大会連続出場の日本はW杯で初めて南米勢への勝利となった。初出場となった1998年フランス大会のアルゼンチン戦(0-1)からこれまで4試合は1分け(PK負けは引き分け扱い)3敗だった。これはアジア勢としても初の快挙。66年イングランド大会で北朝鮮が1-1でチリと引き分けた試合からこれまで3分け15敗と、南米勢へは未勝利だった。アジアが南米チームから2点以上を奪った試合も今回が初。記録ずくめの歴史的勝利となった。参照記事 開始早々の出来事でしたね。大迫が体を入れ替えて直ぐの突進に周りが連動できている。だからハンドの反則が生まれてくる。まことに素晴らしい。2点目のヘッドの時ですら、仲間はファーに詰めていた。この対応を熟成させて戴きたいものです。なかでも、神憑り的な活躍を続けた長友の存在は非常に大きい。左サイドの乾が消えまくっていても気にならない。攻守にわたって大活躍だった。

Porco Rosso .1992

また、ボランチ起用の柴崎は大変面白かったと言える。一人足りない敵が引き気味にあって、攻めあぐねている状況を具体的にとぎほぐすパス、非常に効果的であった。大迫と共に途中交代となりましたが、脚の具合が気になって仕方がない。まぁ、今回は敵失に助けられた面もある。調子を落としている点取り屋がいないだけで、何すれば良いのか分からない若造の集団じゃないか。体のキレだけで突破できても次に繋がる連動が見られない。実体は下馬評以下のため、予選敗退するであろう。正直、助かりました。しかし、自軍に問題がないわけでもない。最初の交代カードを切られたら消えてしまった香川もヤワだが、だからと言って本田を出すのは止めてもらえないだろうか?彼が入ると流れが澱む。脚が遅いので高い位置に配すと悪影響しか出てこない。そのうえ守備の意識が薄いとくれば、居場所は無いはずなんだが。あろうことか、簡単に倒されてしまい大ピンチを招いたケースが2度以上あったぞ。ボール・キープすら出来ないんだから使わないでくれよ。ささやかなる願いです。4年に一度だけ、テレビ捨てた男がフラフラ彷徨う楽しい季節がやってきました。闘いは始まったばかりです。

【追記】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会を巡り、北海道小平(おびら)町のミズダコ「ラビオ君」が日本代表の1次リーグ3試合の結果予想をすべて的中させ、話題を呼んでいる。 (中略)3戦全部を当てる確率は27分の1。阿部さんは「全部的中したうえ、日本代表が予選突破を果たせてうれしい」と笑顔を見せた。ラビオ君はすでに出荷され、決勝トーナメントは新たに捕獲するタコで占う予定で、「第2のラビオ君にも全試合を的中させてもらい、日本が優勝してほしい」と話した。参照記事 しかし、代表監督って何様のつもりなんだろうか?結果論でなく、チームが全く機能してなかった点を問題視したい。攻守の切り替えが遅く、連動が全く見られず、良い所が何も無かった。分かったことと言えば、槙野は昌子の、宇佐美は乾の、武藤は大迫の代わりが務まらず、岡崎は故障持ちである事実。柴崎が消えてしまっていた原因を、組織として突き止めて貰えないと大変な結果を招くが、無理なんだろうと感じる。幸先が不安。

邦画は見ない主義だった

審査委員長だったらしいケイト・ブランシェットがぎゃあぎゃあ言ってたんで見てきました。ストーリーは凡庸で、監督らが色々と小細工しているシーンが多く見受けられるフツーの邦画。ただ、初めて目にした安藤サクラ(妻の信代役)の演技が凄すぎた。旦那の治(リリー・フランキー)が拾ってきた小娘と接するとき、常にしゃがんで視線を揃える様が自然すぎる。縁側で小娘を後ろから羽交い締めに抱擁するシーンが切なすぎる。審査委員なんて、日本の事情に詳しいわけもなく、字幕を介して流れを掴んでいく以上、万国共通の哺乳類が有する愛情表現、いや肌の触れ合いかたの出来映えは重要となる。信代が旦那を誘うシーンも凄かった。あんな事をされたら、如何に疲れていようと応じます。どんな男でもね。ちょっと待てよ、演技派であるはずの樹木希林(祖母の初枝役)が並みに見えてたというのも、信代の出来映えの凄さだったのかも知れない。結果として最大の見せ場になってしまった信代が泣くシーン、胸が掻きむしられた。近年稀にみるシーンだった。日本語が分からなくたって、字幕の出来が悪かったって関係ない。ただ見ればわかる、その凄さが。 何度も書くけど、ストーリーは凡庸で洒落たセリフも見当たらない。ミエミエの小細工に落胆したって、この映画には安藤サクラがいる。パルムドールの価値も分かりませんが、賞は作品がとったのではなく『安藤サクラがとった』と言って良いと思う。よかった。

このオンナ最高です

今年一番の恋愛ものは”The Shape of Water”だと考えていた。この映画を見るまでは。恐ろしいことに主要キャストは3名だけ(前述の”The Shape of Water”でさえ6名いたのに)。ましてやアクションや濡場も無し(R指定じゃない)。映画マニアでもないんで、出演者の顔ぶれ見ても、監督の名前見ても、誰だか分かりゃしない。けれど、何度も見直す価値のありそうな映画のようだ。聖書を読み込んだ者でないと気付かないであろうメッセージが散りばめられている気もする。信じられないくらい低予算で出来てそうなのに、想像も付かない深みがある。脱帽です。高名な服飾デザイナーの男と、嫁にもいかずピタリと寄り添う姉、そこへ純朴な娘アルマが加わる。職業柄か、男は若くてスタイルの良い女性を囲う。しかし、女性が我を出して男を束縛しようと行動に移せば、姉が屋敷から追い出す。そして男は次の女性を探しに出かける。これが何度も繰り返されていたのであろう。新たに見初められたアルマは、玉の輿という概念すら希薄で純粋に男の才能に惚れていく。しかし、この男、自己のスタイルを絶対に崩さない。常に女性と接していたはずなのに、独身期間の長かった男特有の行動様式をとり、姉も全面的に同調した姿勢をとる。

では、玉の輿アルマは大人しかったのか?いいえwガンガンと攻勢に出るも各個撃破。それでも諦めない。終盤、男の方が参ってしまい、姉に直談判する。アルマのせいで仕事に支障をきたしていると。しかし、姉は動かない。そう、姉はアルマを家族同然とみなし始めていた。

Phantom Thread .2017

男が陥落したシーンも凄かった。カウントダウン・パーティーに一緒に行こうと提案するアルマ。行きたきゃ勝手に行けばいいと言い放ち、にべもない男。でも男は不安に駆られ、家を飛び出していったアルマを追って会場に行く。高所から喧騒の渦にいるアルマを見つけ人混みに分け入る男。ようやくアルマの目の前に辿り着いた時、アルマは喧騒を離れ独りでたたずんでいた。その時、追ってきた男に見せるアルマの素顔を目撃した観客は確信したはずだ。この男は完落ちしたぞ!とね。この女優、新人さんらしいが完璧です。あんな寂しそうな顔を魅せられたら、平常でいられる男なんぞいない。いちど、毒キノコのエキスを飲ませて体調を崩した男を看病するシーンも凄かった。男のいる寝室では靴を脱ぎ、ただ献身的に手を握るアルマの側をカツカツと耳障りな靴音を響かせながら連れてきた医師の診察を受けろという姉。一歩間違えれば「ワタシのオトコ」とのたまわった阿部定と変わりないが、男との距離感は確実に姉を抜き去った。ラスト、キノコ料理を男にふるまう。男の大嫌いなバターでソテーする。いつもイラつかせていた騒々しい水の淹れ方。そして、何が起きようとも献身的な看護をすると言って料理を差し出す。食うのか?見ている全ての観客が思ったであろう。男は食ってみせた。シーンが変わり、背中を丸めて座っている男。膝上には洗面器。もしもの時のために医者を呼んでおいてくれないかと男はアルマに伝える。膝をついて男の正面で話を聞いたアルマは、何が起きようと献身的な看護をすると答える。男は一服盛られた過去を知ってた上で、大嫌いなバターでソテーされたキノコ料理を食ったことがわかった。さらにシーンが変わり、ベンチにたたずむ男と姉、そこへベビーカーと共にアルマが合流する。ルックスだけで見いだされ邸に招き入れられたアルマが完全に主導権を握るまでの全記録w。まさに最高のオンナでした。 過去ブログ:2016年4月4日 結婚へは歩け、離婚へは走れw

ラストネームの哀愁

Jessica Chastain の怪演に舌を巻く。まさに千の表情を自在に繰り出せる女優です。過去の作品(The Martian.2015/Zero Dark Thirty.2012)のイメージとは異なり、役作りの為にふくよかな容姿で臨んでいる。紛れもなきプロ。実話を基にした役柄は、典型的なヤドカリ女(笑。男は単なる道具でしかありません。今の男を見切ったら次を物色し始め、見つかれば乗り換えのチャンスを伺う。とても優秀なサイコパス経営者の資質あり。無から有を生むビジネスには必要不可欠なのでしょうが、反撃を食らう可能性の高い世界でもあり対応を誤れば傷だらけ。これだけでも見応えあるのに、父親役が Kevin Costner 。
天から子供を授かると、人生を人質に取られたようなもの。映画の中の話ではないですが、家庭が壊れ親権争いが起これば『お腹を痛めてない方が不利』となり、更に生き別れに発展してしまえば、一生うなされ続ける人生が続く事になる。

Molly’s Game.2017

ヤドカリ女の持ち得ない共感力を冷徹に写っていた父親が実は持っていて長いこと苦しんでいた。冷静沈着だったはずの父親が弱い面を見せる。お腹を痛めてなくても子を想う感情は芽生えるんです。割と楽しめる映画ですが、日本独自の封切り時期設定は止めませんか?ネット上では既に映画データーが流通している最中に封切るって変だと思いますよ。

もののけ姫みてないの

日本はね、悪い神、祟る神こそお祭するのよ。災害や疫病、災難を起こす悪い神様を封印するというのが神社の役目で、その封印を有効にし続けるために、日々の参拝や年何回かの祭りがある。vlcsnap-2016-07-20-09h45m48s714 (中略)日本人が崇拝する、ということは、神様が世に出て悪いことをしないように見張る、という行為が本質。 だから、A級戦犯の合祀も当然。戦没者が「悪い神」か、と言われれば、悪いことをしたかどうかではなくて、「無念」「苦しみ」自体が悪い神であり、祀る対象になりうる。恨みを持っていれば善人でも悪事するかもね、って普通に思えるじゃないか。だから、そこに祀られている人の何をした、どういう人だった、なんてことは関係なく、その人達が持って死んでいったドロドロした情念のようなものを、日本人は放っておけない。放っておいたら「祟り」が怖いから。 祟りとは超常現象ではなくて、死人の情念から起因する一種の集団心理なんだ。これが実際に国を動かすことが日本ではありうる。

Princess Mononoke .1997

Princess Mononoke .1997

なんせ日本は民主国家だから。 日本人なら、死んだあとにまでムチで叩くようなことをすれば、バチが当たる、たたりが怖い、と自然と考えるだろう。参拝の儀式は安らかに眠ってもらうためにおだてたり、貢物をやるわけで、服従や信奉を意味するものではない。この感覚はおそらく日本人にしか分からない。日本人にはきっと自明すぎて無自覚になってしまうけど、きちんと外国人にも説明していかないといけない。 唯一神や天帝を信奉してきた大陸の宗教観では説明なしには絶対に理解されないよ。参照記事 靖国爆発音事件で東京地裁は19日、韓国の男に懲役4年(求刑懲役5年)を言い渡した。検察側は論告で、靖国神社にA級戦犯が合祀されていることに不満を持ち、犯行に及んだと指摘。「用意周到で入念に計画された危険なテロ行為」とした。参照記事 なぜか、(無差別)爆弾テロが爆発音事件として扱われた結果が出ました。 軽いですね。

兄弟喧嘩をしている場合じゃなくなってきたw

韓国ロッテグループの裏金をめぐる疑惑を捜査している韓国の検察が、グループ創業者の辛格浩(シン・ギョクホ、日本名:重光武雄)氏と格浩氏の次男の辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)グループ会長を出国禁止にしたことが8日に判明。vlcsnap-2016-07-09-10h45m23s727両氏は数千億ウォンの横領・背任や裏金づくり、不公正取引などが疑われており、出国禁止措置で検察の捜査に弾みがつくとみられる。検察は先月10日にロッテグループ各社の家宅捜索を実施し、グループ政策本部の副会長や運営室長ら側近と主要グループ会社の代表を出国禁止にし、格浩氏と東彬氏の自宅や事務所も捜索したものの、グループ総帥の企業活動を保障するという趣旨で出国禁止の対象にはしなかったが、ソウル中央地検の担当チームはこのほど格浩氏と東彬氏を出国禁止にした。これに対し、両氏の容疑を固めるような手掛かりや物的証拠を確保したためではないかとの見方が出ている。検察は複数のグループ会社から両氏へそれぞれ毎月300億ウォン(約26億円)の不審な資金の流れがあることを把握。資金管理の担当者はその名目を給与や配当金と説明したが、検察は正常でない資金が含まれている可能性を念頭に資金の流れをたどってきた。海外事業ではグループ会社を介在させる不当な取引を指示した疑惑が持たれている。たとえばロッテケミカルが海外から石油化学製品の原料を輸入する際、日本のロッテ物産を取引の当事者に見せかけ、不当な利得を得た疑いがある。

Major League .1989

Major League .1989

中国やロシア、ベトナムへの投資で、タックスヘイブン(租税回避地)に設立したペーパーカンパニーを通じ裏金をつくったとする疑惑もある。検察内外では、先に出国禁止にした側近らの取り調べを終えてから、遅くとも8月中に格浩氏と東彬氏を呼び出すことになるという見方が有力。一方、検察は前日に格浩氏の長女の辛英子(シン・ヨンジャ)ロッテ奨学財団理事長を、ロッテ免税店とロッテ百貨店内への化粧品メーカー出店の見返りの受け取りと横領の容疑で逮捕した。参照記事 参照記事 しかし、誰が被害者なんだよ。過去に大宇財閥を消滅させた経緯と異なり、創業者一族を追放して国家がロッテを美味しくいただく図式にしか見えない。なんの絡みもない企業なんで、どうぞお好きに(笑。

賢い人はアイディアを語り、普通の人はモノについて語り、愚かな人は他の人について語る。

アゴラで田中紀子という方が、テリー伊藤氏を二重三重四重wに全否定しているのを見かけた。参照記事 参照記事 ちょっとググったら、依存症に苦しむ人々を支援することに生きがいを感じる人みたいで、捕まった高知東生容疑者に対するテリー伊藤氏のコメントが許せなかったようだ。

To The Wonder .2012

To The Wonder .2012

大昔なんですが、コロンビアに長期滞在している際に「バスコ」と称する粗悪なクスリが流通していたのを知っている。バスコのスペルは判らないんだが、それは情報源の大半が文盲の人々だったことに起因する。コカは高くて手が出ないとも言ってたな。流れでヤク中の収容所みたいな場所も訪れたんだが、悲惨の一言に尽きた。軽いマリワナから始めてバスコで廃人になるコースを見ちゃった手前、大麻くらいならという意見には賛同しかねる。まぁ、薬妻の高島礼子氏にヒモ夫と離婚するように進言する連中がいるんだろうとも推測できるが、孤立させると再起不能コースが確定するわな。田中紀子氏らが無償で頑張ってくれるのであれば心配ないけどね。因みにオイラはテレビ持ってないんで、テリー氏の存在観はゼロ(笑。 過去ブログ:2016年6月25日 汚れた過去