映画」カテゴリーアーカイブ

東京ボンバーズ世代の戯言

封切り日に「ファーストマン」は観た。まぁまぁ納得したので暇があれば感想でも書こうかなと思っていたところ、ほぼ半額で映画を観れるチャンスに遭遇したので「アリータ」をチョイス。

@銃夢

これは久々の鉄板映画で、脳内序列が逆転してしまった。原作が日本作の人気漫画らしく、世界各国に固定客が居るそうで併せて「ロボコップ」や「スパイダーマン」なんかを喜んで観る客筋も呼ぼうとの魂胆なんだろう。漫画は見てないんで原作との差異は判らないが、瞳を大きく描く手法は大成功だったと思う。特に女性や子供に受け入れられ易い配慮なんかも見て取れ、鑑賞後の口コミも悪く無いと感じる。劇中、多くの命が奪われるシーンがあるが、オイラが幼少のみぎりw、血だらけになって大ピンチのガメラを見て悲鳴をあげていた過去を思い返せば、今回の「アリータ」なら子供が観てもギリでセーフじゃないかな。しかし、予備知識なしで観た映画で「ローラーダービー」に遭遇するなんて感激だし、ジェニファー・コネリーの成れの果てのヘナチョコ感には苦笑い。紛れもなく日本人の匂いを感じ取れる。また、エンドロールで流れていた曲に脊髄反射してしまい、歌唱アーティストが「Dua Lipa」と視認できるまで立ち上がれなかったしな。色々とソツなく仕上がった良作で、結果が良ければ次回作が撮れる〆も見事な娯楽映画。参照記事

日本は「鉄腕アトム」があまりにも偉大すぎて「ガンダム」や「アシモ」が輩出されてしてしまうが、厳しい自然環境を縦横無尽に駆け回るためには人型ロボットは後回しになるのは仕方がない。過去に米海軍が目を付けて、一枚噛ませろと言ってきた(らしい)防衛省が開発中の無人潜水艦には感心してた。参照記事 30日間の自律航行後に母港まで帰還できる仕様、つまり無音で敵潜水艦を追尾する任務だね。仮に見つかってしまっても自沈して海底と完璧に同化するだけ。何しろ無人なんだから、数ヶ月間でも息をひそめることが可能。

@防衛省・技術研究本部

つまり、丸腰の構成にも出来るので(海自が喜ぶ)遠洋での作戦行動に道が開ける。最近の米軍は怪しい民間企業にも出資しているらしい。防衛省のは【哨戒】任務だが、怪しい方は【ペネトレーション:penetration】任務みたいだね。掲載動画の後者は浅瀬での活動だけに留まらず上陸さえも出来ちゃう。活動域はまさに水際。つまり、南シナ海の砂盛り島で何故だかペストが発生しちゃったり、揚子江流域なんかの養豚場が豚コレラの封じ込めに失敗しまくる未来が訪れるかもしれない。起きたって公表するような国でもないし、我々には気付く機会すら無いのかも知れないがね。映画を魅力的にするには機械に感情を与える必要があるが、軍事作戦には魚や虫レベルで賄えることもある。映画の続編も気になるが、リアルな世界も気になる。

大統領の娘が逃げ出す国

日本はこれまでに韓国の歴代大統領と大きな約束を取り交わしてきました。

朴正煕(1965)「請求権問題の完全かつ最終的な解決を認める」
金泳三(1993)「日本に物質的な補償は求めない」
金大中(1998)「韓国は過去の問題を持ち出さないようにしたい」
盧武鉉(2006)「日本にこれ以上の新たな謝罪を求めない」
李明博(2008)「日本には謝罪や反省は求めない」
朴槿恵(2015)「慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決した」

しかしながら、これらの約束は常に破られて現在に至っています。日本がとるべき道は、国際社会というレフェリーの前で事実をすべて公表し、国際法に基づいて論理的に事案を明示的に解決することです。特に、韓国の異常なキャラクターとパーソナリティとテンペラメントを世界に知らせることが重要であり、そのためには、他国(事実上は中朝韓)の日本に対する理不尽なプロパガンダに対して、いちいち各国語で詳細に反論するしかるべきセクションを外務省ではなく内閣官房に設立することが重要であると考えます。情報が世界中を瞬時に駆け巡る現代において、この組織が必要不可欠であることは疑いの余地もありません。参照記事 カク・サンド自由韓国党議員は、ムン・ジェイン大統領の娘ダヘさん夫婦が東南アジアに移住したことが確認されたと29日明らかにした。カク議員はこの日、党院内対策会議でダヘ氏関連資料を公開した。現職大統領の家族が海外に居住を移したのは見つけるのが難しい事例だ。(中略)カク議員はまた、海外移住の理由の説明を求めた。教育問題であれば大韓民国の教育制度に欠陥があり、生活が理由ならば現在の経済状況に不満があるからではないかという指摘だ。カク議員は「大統領の子供がどのような不満を持つのかも国民は知るべきである」とした。参照記事  参照記事 

Bohemian Rhapsody .2018

前文は外務省を噛ませずに内閣官房で対処せよとの弁だが、彼の地は斜め上の動きを見せている。離韓の理由が、現大統領を失脚させる為の素材となる恐れを嫌ったのか、のちの逃亡先を国外へ築くためなのか、知る由もないが、気味の悪い記事であるのは間違いない。トランプは、北へ資金提供する気は無いと明言している。対北投資に日本の金を充てるつもりなら喧嘩売れないはずが軍事衝突寸前の状況。韓国軍の統帥権は国連軍(≒米軍)にあると耳にするにも関わらずだ。財源の有無は判らないが、来期の国防費は日本を追い抜く勢いだそうで、また対馬が災難に巻き込まれるかもしれない。米国自身は、F-35の売却先として韓国を認定しているからパイロット養成を実施中。もう誰も頼ることなく日本だけで切り抜ける必要があるのかもしれないが、継戦能力を確保する弾薬備蓄の予算を組めるんですか? 無理っぽい。 過去ブログ:2018年8月25日 歴史は繰り返す

【追記】来月末にも米朝首脳会談が開催される見通しのなか、国連安全保障理事会の専門家パネルが「北朝鮮の核・ミサイル開発が継続中だ」とする最終報告書をまとめたことが分かりました。最終報告書は北朝鮮の「寧辺(ニョンビョン)の核施設で去年2月から11月の間に新たな施設や水路の建設が衛星画像で確認」されたほか、米朝首脳会談が開かれた「去年6月中旬ごろには排水作業も行われた」と指摘しています。また、北朝鮮南部の「平山(ピョンサン)のウラン鉱山施設でも新たに採掘したような形跡があり、北朝鮮が現在も核・ミサイル開発を継続している」と断定しました。さらに、「北朝鮮は去年の米朝首脳会談以降も海上で積み荷を移し替える『瀬取り』によって石油製品を密輸し、制裁違反を繰り返していて、少なくとも50隻の船舶と160の企業が密輸に関わった疑いがある」としています。一方で、「韓国が国連に無断で制裁対象の石油製品を北朝鮮の開城(ケソン)工業団地に大量に持ち込んでいた」と指摘しています。参照記事 テレ朝が『瀬取り』を報道するとか凄い状況と言い切れる。恐らく、中韓の悪行は完全に暴かれているんだろう。制裁破りへの処罰を実施しないんだったら、核兵器の保有願望は拡散するわな。

幸運から不幸までの道のりは短く、不幸から幸運までの道のりは長い

昨日、映画を見てきた。何もかも忘れて昼間にね(笑。行くことを決めた理由は、予告編を見たこと。シンプルな理由だな(笑。主演の顔に見覚えがあった。パシフィックという戦争映画?で、最後まで生き残る米兵役を演じた奴だ。どんな映画かというと、まだ息があるけど動けない日本兵を見つけたら、口の中にナイフをネジ込んで金歯を取り出す映画。その役者が、すげー衣装を纏いジョン・トラボルタばりのポーズを決めて熱演している。何でフレディー役を掴めたのか?風貌が似ていたからなのか?音楽性やダンスに高い才能があったからなのか?何にも知らない。何しろ、役者の名前すら分かってなかった。その程度の予備知識でクィーンの映画を見に行くか?行ったんだよ(笑。確かに、自分のiPhoneにはベスト盤が収録されていて、その範囲内の曲は知っている。たまに聴くしね。世代的には、どストライクのはずなんだが、多感な頃は体育会系の部活人生だったんで、寝てるか・メシ食ってるか・部活かの三点セット以外の記憶が全く無い(笑。その程度の予備知識で公開初日を狙って行ってきた。それも昼間にね。

英国のバンドだったんだな…。白人から見ると、分類上はパキなんだ…。その上で、ベスト盤で聴いてた曲、それが生まれてくるプロセスに参加出来た錯覚を憶えた。今は便利な時代で、映画のラストに持ってこられていたライブ・ステージのオリジナル映像ですら、ネット上で観ることができる。それもタダで。本物のステージを観たことは無い。知っていたことと言えば、才能のあるホモがエイズで他界したという事だけ。

The Pacific.2010

ボブ・ゲルドフが何者だったのか?そんなの知らない。現実のフレディが何故チャリティに出たのか?募金額に興味があった訳ではなく、視聴してくれる総人数のみに焦点を合わせていたんだな。今回、金を払って映画館に行った。全席指定なんで、ライブみたく立ち見じゃない。曲に合わせて身体を揺すったり唄ったりするアホもいない。映画館なんだし(笑。ただただ魅入っていた。とにかく集中していた。ここに集った観客の何割が英語を理解できるスキルを持ってたのだろうか?また、33年前のライブの記憶を持つ者はいたのか?そんなことは、どうでもよくなった。英語のヒアリング能力がなくとも、33年前の出来事を知らなくとも、フレディ達の素晴らしい足跡を最先端の映像技術で披露してくれる。後味サイコー間違いなし。

歴史は繰り返す

どんなに韓国人が大統領の首を挿げ替えても、次の大統領も韓国人だからね。そこに致命的で不可避な構造的欠陥がある。参照記事

Kono Sekai no Katasumi ni .2016

職権乱用や収賄などの罪に問われている韓国の朴槿恵前大統領(66)の控訴審で、ソウル高裁は24日、判決公判を開き、一審より重い懲役25年、罰金200億ウォン(約20億円)の実刑を言い渡した。朴被告は裁判をボイコットしており、欠席した。(中略)朴被告はこれとは別に、在任中、情報機関の国家情報院から多額の裏金を受け取ったとされる事件などで、懲役8年の判決を受けている。参照記事 逃げ切ったかに思われた李明博ですら、蒸し返されて拘束されとる。まぁ、恐らく文在寅にも害が及ぶのだろうね。

【追記】現政権発足前後の検察の「積弊」捜査により摘発された元大統領と前大統領をはじめ、前大法院長官(最高裁判長)も拘置所の世話になっている。元大統領秘書室長・元経済副首相もいる。与党の次期大統領候補と言われていた前知事・現知事も前回大統領選挙時の世論操作や秘書に対する性的暴行で先日そろって実刑判決を言い渡され、独房に入っている。参照記事 一年後には現大統領も仲間入り出来るペースで進行している模様。

マイペンライ

このサッカーチーム、無国籍少年が3名、コーチも無国籍というと、タイ人が救出に向けて心を一つにした理由が判るような気がする。山岳少数民族は貧しいので知られていて、学校にも通えない。そもそも学校がない。イギリス人とか、ボランティアで入って、小学生レベルの教育をしていたり、もちろんタイ人もボランティアで教えていたり、けれど集落でできるのは小学生レベルの教育だけで、中学ともなると、山を降りて寄宿舎で暮らしながら学校に通うんだが、おいらの知ってるところでは天理教がそういう施設をやってますね。タイ人は、こうした「貧しい者」「困っている人」を助けるという活動が好きで、ごく自然に、そうした振る舞いができる。山岳少数民族も、時代の変化で、山では暮らせなくなり、里に降りて来ている。そうした無国籍者にタイ国籍を与えるというのは、タイという国家にとっても、プラスだと思う。参照記事 タイ洞窟 「英雄」と称賛のコーチと少年3人、実は無国籍の境遇だったそうな。参照記事 そもそも論として、よくも見つけることが出来たよな、と言い切れる英国人ダイバーのスキル。どうやって救出するんだよと言いたくなる脱出ルート。既に殉職者が出てしまい、天候と水位よりも酸素濃度の許容限界値に押される形で救出を強行した結果、全員生還。軍政ですが見事な采配だ。腐れ人権団体が、もう政治利用を始めている模様だが、彼らへの国籍付与は叶うものと信じられる。が、時代の変化で山では暮らせなくなり、里に降りて来ざるを得ない問題と、欧州で起きている反社の暗躍とは根本的に土壌が異なる点は面白い。

Gifted.2017

タイの場合は視線が同じ位置なのに欧州は上から目線であり、謙虚な宗教観と唯一神を起点とした権利主張の違いも相容れない。タイでのコンフリクトは緩やかな形で終息するも、欧州は無理っぽい。これは、アジアが優れていると言いたい訳ではない。日本に来ているミャンマー人にスーチー女史を語らせれば、ロヒンギャ問題なんか永遠に解決しないだろうと思えてくる。 さて、黒っぽいのが混じってたイングランドに民族浄化を経験した白だけ?のクロアチアが勝ち、ベルギーとの混合レースを制したフランスと対峙する事になった。明らかにカラフルなフランスと、見た目では解らない暗黒の歴史を背負うクロアチア。どちらが勝つのか興味がつきません。

もののけ姫みてないの

日本はね、悪い神、祟る神こそお祭するのよ。災害や疫病、災難を起こす悪い神様を封印するというのが神社の役目で、その封印を有効にし続けるために、日々の参拝や年何回かの祭りがある。vlcsnap-2016-07-20-09h45m48s714 (中略)日本人が崇拝する、ということは、神様が世に出て悪いことをしないように見張る、という行為が本質。 だから、A級戦犯の合祀も当然。戦没者が「悪い神」か、と言われれば、悪いことをしたかどうかではなくて、「無念」「苦しみ」自体が悪い神であり、祀る対象になりうる。恨みを持っていれば善人でも悪事するかもね、って普通に思えるじゃないか。だから、そこに祀られている人の何をした、どういう人だった、なんてことは関係なく、その人達が持って死んでいったドロドロした情念のようなものを、日本人は放っておけない。放っておいたら「祟り」が怖いから。 祟りとは超常現象ではなくて、死人の情念から起因する一種の集団心理なんだ。これが実際に国を動かすことが日本ではありうる。

Princess Mononoke .1997

Princess Mononoke .1997

なんせ日本は民主国家だから。 日本人なら、死んだあとにまでムチで叩くようなことをすれば、バチが当たる、たたりが怖い、と自然と考えるだろう。参拝の儀式は安らかに眠ってもらうためにおだてたり、貢物をやるわけで、服従や信奉を意味するものではない。この感覚はおそらく日本人にしか分からない。日本人にはきっと自明すぎて無自覚になってしまうけど、きちんと外国人にも説明していかないといけない。 唯一神や天帝を信奉してきた大陸の宗教観では説明なしには絶対に理解されないよ。参照記事 靖国爆発音事件で東京地裁は19日、韓国の男に懲役4年(求刑懲役5年)を言い渡した。検察側は論告で、靖国神社にA級戦犯が合祀されていることに不満を持ち、犯行に及んだと指摘。「用意周到で入念に計画された危険なテロ行為」とした。参照記事 なぜか、(無差別)爆弾テロが爆発音事件として扱われた結果が出ました。 軽いですね。

兄弟喧嘩をしている場合じゃなくなってきたw

韓国ロッテグループの裏金をめぐる疑惑を捜査している韓国の検察が、グループ創業者の辛格浩(シン・ギョクホ、日本名:重光武雄)氏と格浩氏の次男の辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)グループ会長を出国禁止にしたことが8日に判明。vlcsnap-2016-07-09-10h45m23s727両氏は数千億ウォンの横領・背任や裏金づくり、不公正取引などが疑われており、出国禁止措置で検察の捜査に弾みがつくとみられる。検察は先月10日にロッテグループ各社の家宅捜索を実施し、グループ政策本部の副会長や運営室長ら側近と主要グループ会社の代表を出国禁止にし、格浩氏と東彬氏の自宅や事務所も捜索したものの、グループ総帥の企業活動を保障するという趣旨で出国禁止の対象にはしなかったが、ソウル中央地検の担当チームはこのほど格浩氏と東彬氏を出国禁止にした。これに対し、両氏の容疑を固めるような手掛かりや物的証拠を確保したためではないかとの見方が出ている。検察は複数のグループ会社から両氏へそれぞれ毎月300億ウォン(約26億円)の不審な資金の流れがあることを把握。資金管理の担当者はその名目を給与や配当金と説明したが、検察は正常でない資金が含まれている可能性を念頭に資金の流れをたどってきた。海外事業ではグループ会社を介在させる不当な取引を指示した疑惑が持たれている。たとえばロッテケミカルが海外から石油化学製品の原料を輸入する際、日本のロッテ物産を取引の当事者に見せかけ、不当な利得を得た疑いがある。

Major League .1989

Major League .1989

中国やロシア、ベトナムへの投資で、タックスヘイブン(租税回避地)に設立したペーパーカンパニーを通じ裏金をつくったとする疑惑もある。検察内外では、先に出国禁止にした側近らの取り調べを終えてから、遅くとも8月中に格浩氏と東彬氏を呼び出すことになるという見方が有力。一方、検察は前日に格浩氏の長女の辛英子(シン・ヨンジャ)ロッテ奨学財団理事長を、ロッテ免税店とロッテ百貨店内への化粧品メーカー出店の見返りの受け取りと横領の容疑で逮捕した。参照記事 参照記事 しかし、誰が被害者なんだよ。過去に大宇財閥を消滅させた経緯と異なり、創業者一族を追放して国家がロッテを美味しくいただく図式にしか見えない。なんの絡みもない企業なんで、どうぞお好きに(笑。

賢い人はアイディアを語り、普通の人はモノについて語り、愚かな人は他の人について語る。

アゴラで田中紀子という方が、テリー伊藤氏を二重三重四重wに全否定しているのを見かけた。参照記事 参照記事 ちょっとググったら、依存症に苦しむ人々を支援することに生きがいを感じる人みたいで、捕まった高知東生容疑者に対するテリー伊藤氏のコメントが許せなかったようだ。

To The Wonder .2012

To The Wonder .2012

大昔なんですが、コロンビアに長期滞在している際に「バスコ」と称する粗悪なクスリが流通していたのを知っている。バスコのスペルは判らないんだが、それは情報源の大半が文盲の人々だったことに起因する。コカは高くて手が出ないとも言ってたな。流れでヤク中の収容所みたいな場所も訪れたんだが、悲惨の一言に尽きた。軽いマリワナから始めてバスコで廃人になるコースを見ちゃった手前、大麻くらいならという意見には賛同しかねる。まぁ、薬妻の高島礼子氏にヒモ夫と離婚するように進言する連中がいるんだろうとも推測できるが、孤立させると再起不能コースが確定するわな。田中紀子氏らが無償で頑張ってくれるのであれば心配ないけどね。因みにオイラはテレビ持ってないんで、テリー氏の存在観はゼロ(笑。 過去ブログ:2016年6月25日 汚れた過去

これはアリです

エンジニアのニール(ベン・アフレック)は旅行で訪れたフランスのモン・サン・ミッシェルで、シングルマザーのマリーナ(オルガ・キュリレンコ)と出会い付き合うことになる。アメリカで一緒に暮らし始めた二人だったが、やがて心が離れていくように。そんなある日、ニールは学生時代の友人ジェーン(レイチェル・マクアダムス)と久しぶりに会い、やがて彼女に心の安息を感じるようになり……。参照記事 ブロンド代表のレイチェル・マクアダムスを限界ギリギリまでチューンしたって、オルガ・キュリレンコの引き立て役でしかない。凄まじいまでの美貌を見せつけられる映画だが、それ以外は本当に何もない。あのベン・アフレックですら養分です。よくこんな企画が通るよな。

To The Wonder .2012

To The Wonder .2012

その昔、トム・クルーズ主演のオブリビオンで中途半端な印象を受けた女優なんだが、モデル出身の彼女には、学問として演劇を学び舞台に立つ女優とは違って、波長の合った監督の指示のもと徹底的に魅せる場をセッティング出来れば素晴らしい結果を引き出せる素材みたいです。ただ、映画的には散々な評価しかなく、興行的にもオワンコだったと推測できる。ちなみに、ビーチク拝めます(笑。 過去ブログ:2014年5月5日 ジョンブル魂は永遠に不滅です

君子危うきに近寄らず

ヨーロッパキシダグモという種類のクモは、オスがメスに求愛のプレゼントをする習性で有名(らしい)。大抵の場合はハエなどの昆虫を、網で丁寧に包んで贈る。研究チームによると、一見愛情表現にも思えるこの行動に、実はオスがメスに共食いされる危険をかわす効果があることが判明したw。中には贈り物が大きいほど交尾の時間が長くなるケースもw。

Men in Black .2002

Men in Black .2002

観察したのはクモのつがい280組あまり。オスから贈り物をもらえなかったメスは、贈り物をもらったメスの6倍の確率で、オスを餌にしたw。「贈り物の有無は、メスがオスを共食いするかどうかを左右する最も重要な要因だった」と研究チームは解説する。プレゼントなしで求愛しようとしたオス15匹は、交尾する間もなく食べられてしまったというw。参照記事 虫の世界だけじゃないような(笑。