月別アーカイブ: 2014年6月

US キーボード使用の際トラブル

The Mechanic .2011

職場で新しく買った PC、キーボードは US 配列キーボード、OS は日本語 WindowsXP という構成にしたのだが、デバイスマネージャーで見た時、ちゃんと US キーボードになっているのに、日本語 106 キーボードの配列に従ってキー入力されてしまう問題があった。いろいろ調べた結果、なんとか解決。レジストリを以下にように修正すると良い。

 

【記述内容】
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\
CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters]
LayerDriver JPN → KBD101.DLL(KBD106.DLL になってた)
OverrideKeyboardIdentifier → PCAT_101KEY (PCAT_106KEY になってた)
OverrideKeyboardSubtype → 0 (2になってた)

OverrideKeyboardSubtype がポイント。ここを直さないと日本語キーボードとして扱ってしまう模様。他のは気づきやすいけど、これにはなかなか気がつかなかった。ちなみに、この対策前でも、IME-2003 の言語バーで US を選んだ場合は、ちゃんと英語キーボード配列で、処理されちゃうんだ。でも、IME を起動した場合は半角英数でもダメだから、ずいぶん IME 周辺を疑っていたんだけど、実は i8042prt の部分の問題なんだよな。ややこしい。日本語キーボードをつけているのに、英語キーボードと誤認識されるという逆のトラブルがあるようだから、コントロールパネルのキーボードの項目で、ここのレジストリーをいじる事ができた方がいいような気もする。再度入れ直すにしてもキーボードドライバはうまく取り外せなくて、レジストリエディタを使わない方法でやろうとすると、かなりやっかいな模様。もしかして、一旦日本語キーボードに設定し直してから、英語キーボードに戻すと解決するのかもしれないな。ちなみに自宅のマシンはすべて英語キーボード設定での使用なんだけど、どれも、まっさらな状態から OS をインストールしたものばかりだから、トラブルが起きなかった模様。参照記事 英語キーボード配列の Mac 上で Parallels Desktop for Mac などを介して WindowsXP を稼働させる際、前述の書き換え作業が必修となる。参照先の更新が滞っておるため、貴重な資料として書き留めておく。

在米中国大使館所在地は『劉暁波プラザ1番地』

Enemy of the State .1998

Enemy of the State .1998

米下院歳出委員会は24日、ワシントン市内にある在米中国大使館の前の通りを「劉暁波プラザ」(”Liu Xiaobo Plaza”)と改称する法案を可決したそうです。劉暁波氏といえば中国の民主化運動家で2010年のノーベル平和賞受賞者です。同年2月から「犯罪者」として入獄中です。で、中国政府・外交部の華春瑩(”Hua Chunying”)報道官は25日の定例記者会見で米下院の動きを「茶番劇」(”complete farce”)などと猛反発しています。うーん、これでもし下院本会議や上院も通過して法案が成立すれば、ワシントン市内の中国大使館の住所は『劉暁波プラザ1番地』になる見通しです。ということはです、同大使館に届く郵便物にも全て「Liu Xiaobo(劉暁波)」の名が記されることになるのです。それだけではない、同大使館から発送する郵便物にも”No. 1 Liu Xiaobo Plaza”、同大使館発行の書物にもあるいはウェブサイトにもことごとく、所在地欄には”No. 1 Liu Xiaobo Plaza”と明記しなければならなくなります。(中略)これは実に効果的な「嫌がらせ」ですね、正直大人げないです(苦笑)が中国当局がお怒りなのもまあごもっともです。アメリカ議会からの人権軽視の中国政府に対する「挑発行為」そのものですね。参照記事 英文参照記事
まぁ、これで駐韓日本大使館の通りが「安重根」になる予感がしますが、対抗策で観光ビザ免除を破棄して大使館前に大行列を拵えるのも面白いと思う今日この頃(笑)

行方不明になった子供を警察犬が発見 = ジャーキー贈呈

I Am Legend .2007

I Am Legend .2007

京都府京都市西京区で6月19日、親に叱られた子供が行方不明になる事件が起きました。発表によると、西京区に住む小学5年生の男の子(10)は19日夜、母親から『塾に行かないなら帰ってこなくていい!』などと怒られた後、行方不明になったといいます。その後、心配した母親が警察に通報。翌20日の午前2時半ころには、兵庫県警が警察犬の「ツェロー号」を投入しました。母親から男の子の靴を借りツェロー号に靴の臭いを嗅がせて捜索したところ、わずか30分ほどで、自宅近くに隠れていた男の子を発見したということです。京都府警は、活躍したツェロー号に感謝状を贈るとともに、大好物であるジャーキーも贈るとのこと。京都府警の男性巡査部長によると、男の子はシェパードが急に近付いてきたことで、ビックリして顔が引きつっていたということですが、『警察やで。お父さんとお母さんが捜してはるよ』と声をかけたところ、男の子は安心したのか涙をポロポロと流したといいます。参照記事 暗い話しが続く時勢に、スカッとした采配でした。

【通い妻】動物園のヤマネコの檻に侵入した野良ネコが大胆過ぎる

efc2577bロシアのサンクトペテルブルク(英語名:セント・ピーターズバーグ)にあるロシア最古として知られる伝統のある動物園。その動物園の檻の中に暮らすヨーロッパヤマネコに恋してしまったのはブチ模様の野良ニャンコ。
一目ぼれでした。
地元の人によると、餌を求めて動物園内をうろうろしていたところ、ヤマネコの檻の中に好物を発見し檻の中に潜入。しかしヤマネコはそれを嫌がらず餌を分け与えたんだとか。それ以来、毎日のようにヤマネコの檻の中に通い妻をしているそう。動物園はネコを里親として引き取り、ネコが好きなときにいつでも檻の中のヤマネコに会いに行かれるようにしたとのこと。飼育員さんたちはそっと2匹の恋を見守っているようです。参照記事  参照記事 動画
ちょっと気になるのは、記者が山猫の性別は不明と述べてる点で(笑)、ただ単に打算的な関係なのかもしれない(冬場は厳しいしね)。

元「米軍慰安婦」が韓国政府を提訴 韓国人女性122人

10514朝鮮戦争休戦後、在韓米軍基地周辺で米兵を相手に売春をさせられたとして韓国人女性122人が25日、韓国政府に1人当たり1千万ウォン(約100万円)の賠償を求める訴訟をソウル中央地裁に起こした。女性らは「米軍慰安婦」として政府に管理され、人権を侵害されたと主張している。支援団体によると、女性らは1957年から韓国国内の米軍基地周辺で米兵を相手に売春をさせられた。韓国政府は米軍を相手にした売春を認める「特定地域」を設け、女性たちを管理。性病の検査も強要し、感染者の収容所も設けていたという。「米軍慰安婦」による韓国政府を相手にした損害賠償請求訴訟は初めてで、真相究明と謝罪も求めている。参照記事 参照記事 参照記事 参照記事 北朝鮮の匂いがプンプンします。明らかに日本政府へのリッピサービスと解釈出来そうで、今度こそ『横田めぐみ』さんらの帰国が叶う事を切に願っております。戻っておいで!

変質する「従軍慰安婦」議論の危険性

BhmWO4YCcAAtN4o-thumb-autox504-165日本が統治した台灣は、もともと国家ではなかった。だから日本流の押し付けもありだが、朝鮮は冊封体制に組み入れられていたとはいえ、ひとつの国家であったことは間違いない。だからどんなに不衛生だろうが因習まみれだろうが、朝鮮独自の政治風土を尊重し、独立させ、援助はするが、国づくり自体は朝鮮人自身に任せるべきではなかったのか、と思うわけです。それで上手く行っても行かなくても、責任は朝鮮人自身にあります。要するに日本としては、露西亜の半島介入さえ防げればそれでよかったわけです。慰安婦問題にしても、まず宮沢談話から始まる一連の謝罪パフォーマンスを総括するところから始めなければ意味が無い。半島に、慰安婦の根拠を与えているのは日本自身ではないか。国が慰安婦を認めているんじゃ、民間ネットウヨがいくら騒いでも無駄。参照記事 参照記事

世界が絶賛する世界遺産ショーヴェ洞窟 フランス

chauvetpansmcavebear2sm今回の富岡製糸場の世界遺産登録ニュースは日本人にとって喜ばしいものだったが、ヨーロッパではある洞窟の世界遺産登録に沸いている。これは、パリ先史時代の壁画が残るショーヴェ洞窟(The Grotte Chauvet :2014年の第38回世界遺産委員会で世界遺産リストに登録)。時代はなんと3.6万年前なのに、1千もの絵が完璧に保存されている。 ヨーロッパで最初の人間文化であるはずだが、その絵は現代のものとかわらず、なにより躍動的。動物たちがとびはねる様子が見てわかる。(中略)どうして完璧に保存されていたのか。それは、誰も立ち入ることができないように、完全な閉鎖空間になっていたからだ。『原因は、2.3万年前の落石』 それ以来、湿気や、動物、人の影響を受けることなく、1994年の発見までそのままの状態で保存されてきたのだ。白い丸付近の洞窟の下には今、広い果樹園が広がっている。場所はフランス南部アルデシュ県。ワインの産地なので、おそらく、ぶどう畑だろう。 描かれている動物はマンモス、野生のネコ、バイソン、クマなどそのあまりの良質の保存状態ゆえに、今後も非公開。しかし、近くに同じ大きさのレプリカ施設が建設中で、2015年にオープン予定だ。参照記事 英文参照記事 参照記事 富岡製糸場も素晴らしいのですが、豊富な写真で紹介しているサイトを見れば、奇跡としか言いようが無い。なにより、当時はその絵を火で照らしていたはずだが、想像するに、かなり素敵な空間だったはずだ。そこで食事をするのか、寝るのか、何もしないのか。絵を見ながら、ゆっくりと時を過ごす。外の世界の動物たちの素晴らしさを想像しながら。大変な資産であるのは間違いない。

威圧的な中国念頭…「法の支配重視を」日比首脳

20120309194032そろそろ「作り笑いの日本」は卒業しましょう。「相手の嫌がることはしない」とか、ようするに「心情的対処」が外交だと勘違いしているところがある。しかも、その「心情」がはなはだ自分勝手な思い込みであることが多い。つまり、日本の心情主義は相手の事情を徹底して無視するところがある。(中略)事実関係を無視した談話って一体何なんだろう・・・? 狂人の振る舞いとしか思えない。(中略)「認めます」「謝ります」だから仲良くしましょう、というのは「論理」ではない。単なる妄想的心情主義だ。外交は論理であり取引だと思うけどね。参照記事 参照記事 集団的自衛権の憲法解釈見直しへの支持を表明したからといって、アキノ大統領に甘い顔せず、P-3C哨戒機のフィリピン駐留を認めさせろよ。名目は『南シナ海に於けるシーレーン防衛』で押し通せよ。20機ほど展開させるのであれば、中国にとって事実上のキューバ危機になる(何故だかは書かない)。その上で、失敗の許されない外交交渉を行うべきだと思うがね、中国と。たぶん、片山さつき議員のせいだと思うが、【哨戒機100機体制】は必修だと思うぞ。

西アフリカのエボラ出血熱、「もはや制御不能」 MSF

vlcsnap-2014-06-24-19h00m08s34

Outbreak .1995

Outbreak .1995

西アフリカで流行しているエボラ出血熱について、国際医療支援団体「国境なき医師団(Doctors Without Borders、MSF)」は23日、感染が深刻な地域が60か所を超え、「もはや制御不能」な状態だと語った。「国境なき医師団」は報道発表文のなかで、「現在のエボラ出血熱流行は地理的な拡大、感染者および死者の数において前例をみない規模にある」としている。 致死率が最大90%とされるエボラ出血熱のまん延が、あまりに急速なため支援団体や医療関係者らも手に負えず、感染地域の住民たちは恐怖に陥っていると、MSFのオペレーション・ディレクター、バート・ジャンセンズ(Bart Janssens)氏は言う。「新たな感染地域がギニア、シエラレオネ、リベリアで見つかっており、(エボラ出血熱が)他の地域へも拡大する危険が現実に迫っている」。 今回のエボラ出血熱の大流行は、今年初めにギニアで報告されたのが始まりだった。世界保健機関(World Health Organization、WHO)の先週の発表によると、今回のエボラ出血熱の流行でこれまでにギニア、シエラレオネ、リベリアの3か国で少なくとも337人が死亡した。参照記事 参照記事 参照記事 ハリウッド映画やサスペンス小説などを通じ、「エボラ出血熱」の恐怖が知られるようになってから30年以上が経つが、これ迄の死者数は600人と意外にも少ないそうだが、さすがに【制御不能】と泣きが入った現状はちょっとな。何とか致死率を劇的に下げる策が見つかる事を期待。

長澤まさみ?が削除した写真に衝撃

9c3c1f6f国民的女優として活躍する長澤まさみさん。来年初夏に公開予定の映画『海街diary』で、同じく実力派女優の綾瀬はるかさんと姉妹役で共演することが発表されたのだが、その彼女がちょっと意外な理由でネット上で話題になっている。その理由とは、画像共有サービス「Instagram」に投稿された画像だ。2014年6月23日に投稿された画像を見ると、帽子を被った女性が道路の真ん中に両手両足を広げて、停車中のタクシーの前に立ちはだかっているのである。まさか、タクシーを止めようと思ったのだろうか? 思いきりのある行動にネットユーザーは衝撃を受けたようだ。カメラに対して背を向けて写っていたので、これが長澤さん自身なのかどうかは不明だ。画像は削除されてしまっているので、一体誰がタクシーの前に立ちはだかったのかは、すでに確認する術がない。参照記事 気がつけば27歳・・・。命短し、はよ脱げ乙女。