月別アーカイブ: 2014年7月

ウクライナが荒れれば荒れるほど中共が無口になっていくような気がする

vlcsnap-2014-07-20-19h41m18s181

Spygame .2001

MBT2000 という戦車を、中国はペルーへ輸出しようとした。最初に納品された5台はペルーが09年12月、首都リマで軍事パレードを実施した際にお目見え、時のペルー国防相は旧ソ連製戦車を中国製で一掃すると公言した。この商談は後、瓦解する。 実は問題の戦車、他国に売ってはいけないシロモノで、リマに雄姿を見せた5台はその後人知れず中国に返品された。一連のてんまつは、中国流商売のなんというかある種の図々しさと、この先中国が武器輸出で外交関係を開拓していくだろう未来図の両方について、いずれも示唆に富む。中国からペルーへ戦車を売る商談は、09年11月、ペルーの大統領アラン・ガルシア氏が胡錦濤中国主席とシンガポールで会った時に成約した。折柄開催中だったのがAPEC首脳会議で、それを機に合意した。APECを武器売買の場に用いることは日本人の想定にない。かといって是非もないが、今後APECで各国首脳と会う日本の総理大臣は、中国と武器売買に絡む話をしたか確かめるのを習わしにするといいかもしれない。幸先は良かった。一気に武器輸出を増やし、FTA締結で深まった両国関係を政治・軍事面で全面開花させる狙いのこもった大型商談こそ、戦車MBT2000 の輸出だったはずだ。ところが同月、リマに現れた5台を見た専門家は驚くやら呆れるやら。心臓部のディーゼル・エンジンと車台はウクライナ製で、こういう場合、第三国への輸出を禁じる取り決めが必ずあるものだからである。案の定ウクライナの介入で商談は沙汰やみになり、代わりに10年10月BBCが伝えたところ、ウクライナがペルーに自国製戦車を売ることになったらしい。トンビに油揚げである。いわゆる新幹線輸出でも中国は似たやり方をし、顰蹙を買っている。参照記事 もうロシアは売ってくれないのでウクライナから買った空母、最近うわさを聞かないが元気にしているのだろうか(笑。そういえば、K2試作戦車2両と技術移転でトルコと契約したのに、韓国は納期までに動く戦車を提供出来ず、トルコは契約違反で前渡金5.4億ドルの返還と違約金の支払いを求めてきた話しもあった。参照記事 底が浅くとも生き抜くためには手段を選ばん特亞の面々。気が合う二国は、あのイラクに石油権益を持っていたりもする(笑。

マジックミラー越しに自撮り連発する女子中学生にほっこり

出典 :Twitter

出典 :Twitter

マジックミラーになっていることに気付かず、店内に向かって思いっきりポーズをとって自撮りを連発している女子中学生2人が可愛らしいと、Twitter を中心にネット上で話題になっています。参照記事 店内にいる小学生が、マジックミラー越しに撮影中の女子中学生を見て、笑っている様子もとらえられています。このツイートは7月20日午後4時30分時点で 6,600RT を超えており、「面白い(笑)」「微笑ましい姿にほっこり」「かわいい」などと非常に多くの方が絶賛しています。撮影した方によると、この女子中学生は最終的にマジックミラーということに気付いたとのこと。その後、「好きっていいなよ」の看板前でも2人仲良く自撮りをしていたようで、まさに青春を謳歌していたようです。なお、このツイートが投稿されたあと本人も登場しましたが、特に削除依頼などされることもなく、写真から伝わってくるままの可愛らしく気さくな女子中学生のようでした。参照記事 これを観て「マジックミラー号」を連想する世代とは何歳以上なんだろうかと考える自分が情けない(苦笑。

「えー!お爺ちゃん昔ヘビ食べてたの?」って言われる日も間近 ですw

unagipanニホンウナギの資源状態は、同じく絶滅危惧種に指定されている「パンダ」や「トキ」と同じランク(EN:近い将来における野生での絶滅の危険性が高い種)です。「今年はパンダがたくさん見つかり、多くの動物園に届けられ、子供たちは大喜びです」とか「今年はトキが多くみられるようになりましたので、珍しい鳥が食べられると各地で好評です」と言われれば「何を馬鹿なことを!」となるでしょうが、同じレッドリストのニホンウナギが「今年は豊漁・安い」と言われても、疑問を抱かない人が多い。本当は何か変だと気づくべきです。養殖のウナギは、稚魚であるシラスウナギを漁獲してそれを育てて出荷しています。そのウナギの稚魚は1960年代には国内漁獲量が200トンを超えていた年もありましたがどんどん減り続け、2013年には僅か5トンと過去最低でした。このため、魚価が暴騰し、キロ250万円前後と信じられないような価格になったのです。その数量・価格と比較すれば、今年は「豊漁」「価格下落」とその通りになのですが、水揚数量である分母が既に非常に小さくなった後のものなので、前年と比較しても増加の割合が大きくなりすぎて、意味がありません。急速に右肩下がりに減少している水揚げ数量の、どの期間を捉えるかで大きく印象が変わって伝わってしまうのです。単純に前年との比較ではなく、最低でも20~30年以上のスパンで資源量の推移を見ないと、実際の資源量と傾向は分かりません。天然のウナギが減少しているのなら「完全養殖」をすればよいのでは? という考えもあるでしょう。実際に研究が進められています。2016年までにシラスウナギを1万尾生産できる技術を作るというのが現在のプロジェクトですが、日本で1年間に必要なシラスウナギは約1億尾ですので、天然のシラスウナギを守ることが、まだまだ最重要なのです。参照記事 日本では、「親の仇と魚は見たらとれ」といったような、魚の奪い合いが今でも盛んである。日本の漁業関係者は、米国よりも自由競争が大好きなのだ。その結果、漁業が利益が出ない状況に陥ってしまっている。参照記事 レッドリストよりも、絶滅危惧に指定されてるまでウナギを食べつくした日本の消費の非持続性を懸念すべきであって、そろそろ政治が動かないと、ウナギの食文化が継承出来ない時代が来るぞ。

文豪といえば、青年時代の川端康成氏は、何度見てもダルビッシュ有さんにしか見えません

出典 :Twitter

出典 :Twitter

今シーズン9勝目をあげたダルビッシュ投手は「試合前のブルペンでフォームを思い切って大きく変えたところ、ストレートの球速が上がったがその分ストライクを取るのに苦労した。それでも変化球がよかったのでリズムよく投げられた。後半戦はチームみんなでこれまでとは違うところを見せられればいい」と、巻き返しへ言葉に力を込めました。 また、今シーズン初めてとなった川崎選手との対戦について、「最初の2打席はうまく抑えられたので僕の勝ちかなと思っていたが、7回の第3打席で初めて左バッターにカットボールを投げたらしっかりとらえられた。きょうは僕の負けでいいです」と笑みを浮かべていました。参照記事 野球を離れた話題で、青年時代の川端康成氏に似てると言われただけなのに、「川端さんは、最近になって実はかなりヘンタイだった」とか「 なんとなく昔の文豪は女たらしですぐ死にたがる印象です。渡辺淳一氏も女性が全てな感じだった」とか「川端さんは触り魔だったらしい」などと書かれる(笑)どっちが被害者なんだょ?参照記事

「チェンマイ・イニシアティブ」を拡充、資金規模を倍増

упоротые-песочница-795377東南アジア諸国連合(ASEAN)と日中韓に香港を加えた金融安定化枠組み「チェンマイ・イニシアチブ(CMIM)」を拡充する改訂契約が17日発効した。CMIMの資金規模を従来の2倍の2,400億ドルに拡充するほか、金融危機に至る前に予防的に資金供給できる機能を導入した。国際通貨基金(IMF)の融資とは別枠で受けられる引出可能上限枠に対する割合を、従来の20%から30%に引き上げる拡充措置も採り入れた。チェンマイ・イニシアチブは1997~98年のアジア金融危機を受け、00年に参加各国で合意。当初は2国間スワップ協定として始まったが、マルチ(多国間)協定に移行するなどの改訂を重ねてきた。参照記事 この制度は、日本だけがハードカレンシーを提供する一方で、他の国は国際的な信認がイマイチのローカル通貨を提供するにすぎないのです。従って、この制度は、日本が中国や韓国を含むアジア諸国のために、いざというときのためのクレジットラインを設定してあげているだけの話なのです。でも、だとすれば、もう少し韓国などからは感謝の言葉があってしかるべき! そうでしょう? しかし、ご承知のように、韓国は我が国を非難することはあっても感謝などはしないのです。中国も然り。では、何故そのような関係が悪化した国のために、日本はいつまでもこうしたクレジットラインの設定を認めるのか? 参照記事 元大蔵官僚の方?が判らない事は平民には意味不明ですが、何故このニュースが大きく報道されないのかが不思議でならない今日この頃(苦笑。

よりによって紛争地域のど真ん中を飛行していたマレーシア航空の B777 型機がまた墜落(今年2機目)

vlcsnap-2014-07-20-09h03m37s58vlcsnap-2014-07-20-09h04m02s50LIFE ニュースのジャーナリストが、撃墜されたマレーシア機の事故現場に入り込み、被害者のパスポートなどを放映しています。これでは、まともな捜査ができないのではないでしょうか。参照記事 参照動画 閲覧注意動画1 閲覧注意動画2 のはずが、ウクライナ東部に墜落したマレーシア航空機の調査は、ウクライナ政府と親ロシア派の対立で難航しています。 OSCE(ヨーロッパ安全保障協力機構)の監視団が19日も墜落現場付近に向かいましたが、一部の範囲で立ち入りを許されたのみで実質的な調査は進んでいません。現場では、遺体収容にあたるウクライナの救助隊のみ作業が許されていて、190人の遺体を発見したということです。ウクライナのメディアは、残骸の一部や約30人の遺体が親ロシア派によって現場から運び去られたと伝えています。19日朝には、マレーシア政府の調査チームなどがキエフに到着しましたが、墜落現場に近づけるかどうかは分かっていません。参照記事 参照動画
Live Leak にて、”MH17” なんかで検索すると夥しいヒット数であるにも関わらず、立入り制限?とは困惑してしまう(もう、金目のモノは殆んど盗られてるぞ)。iPhone ソフト「Flightradar24」なんかででウクライナ上空を見ると、今や飛行機が全く飛んでないのが判るけど、欧州からチャンギ周辺へ向かう旅客機の迂回路がイラン・イラク上空になってる事実が許容されてるのか疑問だな。参照記事

日本政府事業で建設したフィリピン小学校の記載が韓国軍によって塗り替えられた件について

IMGP1590

他国での表示例

フィリピンレイアレンテージョトロサ時サンタエレナ、小学校の建物の外壁に、数年前、日本の国際協力団であるジャイカが地域の学校の環境改善事業の一環としてリモデル工事をした後、フィリピンの国旗と日の丸を描いた。しかし、最近、韓国のアウラ部隊員たちが台風被害地域を回復しながら日の丸は消えて代わりに太極旗が描かれている。26日(現地時間)バラス小学生たちが太極旗が描かれた学校の建物の前で飛び跳ねている。アラウ部隊員たちは現在までトロサ、タナワン、腕など3市14校の学校の屋根と壊れた窓を修理して、外観にフィリピン国旗と太極旗を一緒に描いて入れた。アウラの軍隊は、最近学校をはじめ、病院や老人ホームなどの公共施設25を改修し、今年12月までに復旧作業を行う予定。参照記事 関連記事 関連記事 似たようなケースで、グアムのハングル看板(表示板)をテーマにした記事があった。とある交差点の交番壁面いっぱいに、突如として「タモン交番」と書かれた大きなハングル文字の看板が掲げられ、副知事に抗議に行くと韓国系の秘書(笑)が応対したそうだが、「そこを含む3つの交番とパトカー数台は日本企業が寄贈したものであり、観光客の8割が日本人である」との抗議が通じ、完全撤去が実施されたそうだ。この話には後日談があり、「あれをあのまま放置していたら慰安婦の碑が建っていただろう。(地元日本人の)反応を見るために、あんな大きなハングル文字を表示したのだからね」との情報や、K-POPグループのグアム・ロケの動画でも、その存在が確認されるそうだ。参照記事 無償援助について書かせてもらうと、あくまでも原資が税金であるため、所有権を先方に渡してない(仮に、無償援助で設置した灌漑装置を日本に無断で移設や転売されたら納税者に弁明出来ない)。これらは、JICA やコンサルが契約で明文化する。恐らく韓国は組織的な活動を世界的に実践しているのであろう。韓国は、歴史的事実を尊重する姿勢があまりなく、自分たちに都合の良いパーツだけで歴史を構成しようとする傾向がある。従って平気で他国が描いた援助の証を消去してその上に太極旗を堂々と描けるのであろう。こうして躊躇なく「歴史」は塗り替えられていくわけです。本件は、韓国が歴史・史実に対してこれまでどのように対峙してきたのかを真摯に考察するうえで素晴らしい素材であり、放置は大変危険と言わざるを得ない。

敗北ではない、『予定通り』だ!中国が南シナ海の石油採掘リグを移動

2014050815580350325月初頭から続いていた南シナ海パラセル諸島(中国名は西沙諸島)近海における中国とベトナムのにらみあいが一段落しそうです。2014年7月16日、中国新聞網によると 中海油田サービス株式有限公司は南シナ海でのボーリング探査作業終了を発表しました。すでに石油採掘リグは移動を開始したもようです。もともとは8月中旬まで作業は続くとアナウンスされていたので、一カ月繰り上げての撤収となります。明らかに中国の【敗北】に見えますが……。しかしそこは『メンツを重んじる国』中国。ちゃんと説明を用意しています。作業終了は「予定通り」なんだそうで。今後は海南島近海でのボーリング作業に移行するそうです。8月中旬という日程は南シナ海と海南島と双方の調査込みの日程なのだという新事実を発表して煙に巻いています。まあこの問題については米上院でも批判決議が採択されるなど国際社会の目は厳しく、「中国の覇権主義」を示す格好の事例となっていました。これ以上突っ張っても中国に徳はなかったため賢明な判断と言えるのではないでしょうか。参照記事 尤もホッとしているのは、最前線でリグを守ってた中共の連中だろう。ソ連製で固めたベトナム人民海軍は意外に強烈で、幾つかの対艦ミサイルがライセンス生産だったため、中国がロシア天然ガスを30年で40兆円分の買付け契約しただけではベトナムの継戦能力を奪えなかった模様。メディアで被害者を装ってたベトナムはフィリピンとは違う。あの海域で衝突が起きれば、ベトナム緯北の国は船舶保険の爆発的な高騰に耐えられなかっただろうね。

集団的自衛権行使反対派による徴兵制キャンペーンを考えてみた

Edge.of.Tomorrow .2014

Edge.of.Tomorrow .2014

徴兵制はないでしょう。現代の戦争は装備が高度化していて兵士一名訓練して運用するのも徴兵制で数を揃えていた時代と比べてカネが掛ります。先の大戦が始まった背景も英の植民地政策をマネして満州国とか関東軍を造ったら軍人が増え過ぎて間違った国策を取るハメになったことがあるとか。徴兵制なんてやったら墓穴を掘るだけ。それよりも民間傭兵会社を増やして仕事の無い若者を積極的に傭兵に成らせる方が大好きな自己責任で済ますことができる。

The Devil Wears Prada .2006

The Devil Wears Prada .2006

ただちに影響が無いしw官から民だしw 多分有事になったら上朝鮮が下朝鮮に侵略。中国なんもしない。米国が日本に集団自衛権を理由に出兵させる。船が転覆しても破綻兵士が火病起こしても上朝鮮兵にピンポンダッシュされても仕事ができない下朝鮮組織は哀号しかできず惨敗。下朝鮮の政府が亡命状態に。日本が派兵し下朝鮮を管理、仁那政府が数世紀ぶりに復帰。上朝鮮は高麗っぽく支那の北東を抑えるよ?みたいな。下朝鮮のヒャッハーな人達が晴れて堂々と日本中に散らばるのでした。参照記事 参照記事 「原作小説を読み始めたら、最初のシーンでつかまれました。いきなり読者がアクションに放り込まれ、すぐにヒーローが死に、そして生き返る。この先どうなるんだろうと思って読み続けました。とてもユニークです。主人公は少しずつ成長していくのに、同じシーンが繰り返されますからね。やっぱりユニークですよ」 そう語るのは、プロデューサーのアーウィン・ストフである。過去に数多くのヒット作を手がけてきた彼は、繰り返しこの作品を「ユニーク(個性的)」と評した。(中略)今回の『オール・ユー・ニード・イズ・キル(原題:Edge of Tomorrow)』では、ループする毎日という点がユニークでした。この設定は、『恋はデジャ・ブ』があったので、コンセプトとしては西洋人も知っています。しかし、おそらくアジアでは違う意味合いを持つのかもしれませんね」 参照記事 なぜトム・クルーズ主演の映画を見るのか?主演女優の質が高いからに他ならない(異論は認めないw)。彼女、「Looper」に出てたエミリー・ブラントだとまでは判ったが、まさか「プラダを着た悪魔」にも出ていようとは思いもよらなかった。で、本題なんだが、彼女と親密になるためにトム・クルーズは何遍死んだことか(笑。社会経験の浅い公務員脳には判らないのかもしれん。

これって・・日本帰りの同級生がまるで別人、連発するおかしな行動に「もしかして民度!?」

Dave .1993

Dave .1993

中国のスポーツ情報サイト「虎撲体育」のインターネット掲示板に最近、あるユーザーが「日本に留学して帰ってきた同級生と久しぶりに会ったら、変わりすぎていて初めて会う人みたいだった」との内容のスレッドを立ち上げた。スレ主は最近、久しぶりに日本留学帰りの同級生と再会し、食事をしたが、この友人はまったく変わってしまっていて、赤信号を無視して道路を渡るのにも苦戦したふりをし、「危なかった」と言ってみたり、「日本料理を食べよう」ともちかけたら「本場の味じゃないからいやだ」と言ったりする人間になっていたという。そして一緒に食事をした時には、店員が水を注ぎに来れば「ありがとう」、料理を持って来れば「ありがとう」と言いまくり、スレ主は「それって、小出しにありがとうって言って、チップをケチるつもり?」と思ったという。友人のあまりの変わりようにすっかり引いてしまい、「もしかしてこれがいわゆる“民度”てやつなのか?」とも思ったというスレ主。その友人は店に入る時には後ろ側にいる人のためにもドアを開けたままにしておいてあげることもあり、スレ主は「見知らぬ人にそんなことされたらおかしいだろう」とぶちまけた。参照記事 米オクラホマ州の農家の男性が昨年10月に無くした iPhone が、9ヶ月後に日本の北海道で発見され持ち主の元に戻ってきました。ホイットニーさんは、ポケットに入れていた iPhone を誤って穀物の中に落としてしまい、穀物はそのままパナマ運河を経由して日本に船で輸送されました。その後、日本で発見された iPhone はルイジアナ州の JA 全農を経由して本人に届けられたそうです。二度と見つからないだろうと諦めていたホイットニーさん。大切な写真が詰まった iPhone が戻ってきた事実に非常に驚いていると語った。参照記事 忘れもしない。昨年9月末、iPhone5s 購入資金も含めた15万円入りの財布を無くした。慌てて警察に届けたんだが、財布の中身の金額を聞いてきた警官に15万だと返答すると、たぶん無理だと思うとほざきやがった。未だに連絡が無いわ・・・。