月別アーカイブ: 2014年9月

イタリア、難民・密入国の急増対策に「苦心」2

re_94_1_1国際移住機関(IOM)は15日、マルタ島沖約480キロの地中海で、シリアやエジプト、パレスチナなどからの移民約500人が乗った密航船が沈没したと明らかにした。イタリアやギリシャの当局が10人余りを救出したが、大半は行方不明という。IOMがパレスチナ人の生存者2人から得た証言によると、移民らは6日にエジプトを出発。その後、あっせん業者により何回も船を乗り換えるよう強制された。10日に乗り換えを命じられた際、船があまりにも粗末だったため移民らが拒否したところトラブルとなり、業者らが別の船を衝突させて移民らが乗っていた船を沈めたという。参照記事 参照記事 先月2日の過去記事にも書いた通り、夏である7−9月は「ボート・シーズン」で、ボートに乗って流入する難民の数は更に急増するものと予想され、自国領海に勝手に入り込み難破なんかして浜辺に遺体が続々と打上げられるような事態は織り込み済みであった。しかし、国際移住機関という組織の存在を初めて知ったが、仮に全員が無事に上陸したとして『移民』として扱うのか?彼らは祖国で自活できなかった連中なんだが。参照記事のひとつである毎日新聞は嬉々として「移民」と書いているが、純然たる『密航者』だと思うぞ。既に、約束の地?の玄関に位置する不幸なイタリアは、対応する財源に窮している状態にあり、言葉遊びをする余裕は無い。日本の場合、朝鮮半島有事に対馬や福岡が、中国崩壊時に長崎の五島列島が似たようなケースに落ちいると思われ、対岸の火事を見物するような余裕は無さそうに思う。

真珠の首飾り

IMGP1635IMGP1651IMGP1611中国の習近平国家主席は15日、モルディブの首都・マレで、アブドゥラ・ヤミーン大統領と会談。両国関係や共に関心を持つ問題について意見を交わし、未来志向のパートナーシップを全面的に築き上げることで一致した。習主席は会談の中で、「両国の首脳がわずか1ヵ月の間で、相互訪問を実現させたことは、両国関係が緊密で友好であることを示している。これに先立ち、私たちは南京で実りある会談を行ったが、今回は両国の協力事業、特に21世紀海上シルクロードについて、さらに意見交換し、新たな進展を遂げたい」と話した。ヤミーン大統領は「習主席のモルディブ公式訪問は歴史的な意義があり、これによって両国のハイレベルで長期的な協力が新時代に入った。モルディブは中国と手を携え、真摯な友好関係とパートナーシップを構築したい」と述べた。会談後、両国首脳は外交、経済貿易、インフラ整備などの分野における協力文書に調印し、両国提携による道路工事や一般住宅プロジェクトのための除幕式に出席した。参照記事 参照記事 これに先立つ1日の記者会見で、菅官房長官は安倍晋三首相が6~8日の日程でバングラデシュとスリランカを訪問すると発表した。日本の現職首相がスリランカを訪れるのは24年ぶり。菅氏は「わが国のシーレーン(海上交通路)上に位置するスリランカと、海洋分野をはじめ幅広い分野で2国間関係を深化、拡大させたい」と説明した。バングラデシュとは包括的パートナーシップの強化を目指す。参照記事 参照記事 見事な真珠の首飾り争奪戦が繰り広げられており、日本は劣勢の模様である。もう、考えられうる護岸工事(日本のODAだよw)は遣り尽くした感があるにも関わらず、今やリゾートは中国人観光客だらけだし、(前大統領ではあるが)2年前は温家宝も会談している。きめ細かい対応を中国政府は実施している。きついなと思っていたのは、モルディブの日本大使館はスリランカの日本大使館が兼務しているのに、中国大使館は存在すること。まぁ妄想なんですが、幾つかの無人島を中国政府が長期租借して対艦ミサイル基地を構築すれば、菅氏の述べるシーレーン(海上交通路)は断たれる。恐らく、大勢の労働者を連れて来る中国の経済協力やビジネスの手法には、「地元の仕事を奪う」との懸念が出るのだが、ムスリム圏であるモルディブには該当しない予感がするし、中国パワー全般に対する警戒心も希薄な気がする。心配である。

幸せの黄色いユニフォーム

H6HRdm3EHXWSSDブンデスリーガは13日、第3節2日目を行い、MF 香川真司が3シーズンぶりに復帰したドルトムント(4位)はホームでフライブルク(14位)と対戦。香川はトップ下で先発出場し、古巣での『再デビュー戦』でさっそくゴールを決めた。8月31日にマンチェスター・ユナイテッドからの移籍が決まった香川が背番号7を付け、ドルトムントの本拠地シグナル・イドゥナ・パルクに戻ってきた。前半34分、中盤でボールをキープした香川が振り向きざまに左サイドのスペースにスルーパス。走り込んだグロスクロイツの折り返しにラモスが左足で合わせ、ゴールネットを揺らす。さらに前半41分だ。グロスクロイツが右サイドに展開し、ラモスがゴール前にグラウンダーのクロスを入れると、ムヒタリアンがスルーした背後から走り込んだ香川が右足でゴール左へ流し込んだ。自ら古巣復帰を祝う鮮やかな追加点で2-0とリードを広げ、前半を折り返した。参照記事 放蕩息子のたとえ話じゃないけど、ファンの熱狂ぶりは凄いです。参照動画 前半早々、右からの折り返しを想定してゴール前にスライディングしたシーン、守備に阻まれなかったら鳥肌ものだったでしょう。マンUからオファーくるわこれ(笑

朝日の読者と言うだけで 正気を疑われるだろw

出典 :Twitter

出典 :Twitter

8月上旬に朝日新聞が慰安婦をめぐり「強制連行」があったとした過去の記事を取り消し­てから早1ヶ月。最近になっても、新事実が続々と明らかになっています。特に朝日論説委員であった長岡昇氏が「慰安婦報道、一番の責任者は誰か」という記事で­、「吉田清治証言を書いた当時の大阪社会部記者清田治史氏である」、「その後清田氏の­愛弟子と言うべき植村記者による「元慰安婦の強制連行証言」報道(1991年8月11日)につながっていったのです」と明らかにしました。大阪社会部のエースと遇され、その後順調に出世した清田治史氏。なぜ誤報を訂正するのに朝日新聞はこんなにも時間がかかったのでしょうか?節目節目で清田氏の朝日新聞でのポストが奇妙にオーバーラップします。また、なぜ「慰安婦」問題というマイナーな問題を朝日新聞が30年以上もこだわり続け­たのでしょうか?その1つの答えとして、池田さんは自身の記事で「朝日新聞のねらいは「慰安婦」ではな­く「国家賠償」だった」と鋭く分析しています。巨大な利権に群がる関係者たちは誰なのか?この問題を裏で操っていた黒幕はいったい誰なのか?徐々に明らかになってきた新事実を元に、池田、石井、2人のジャーナリストが語る。参照記事 このリンク先で語られている内容が誤報であるというのならば、朝日新聞と福島瑞穂議員は裁判に打って出るべきだ!さもないと、社会的に抹殺されたも同然である(抗議では駄目だ。訴えてみよ!) それはさておき、池田信夫氏と石井孝明氏の頑張りには頭が下がりますが、朝日新聞の廃刊論には賛同できません。あれは、朝鮮半島にルーツを持つ面々の機関誌としての地位を持つ私企業なんですから(笑、まぁ日本政府が事実上の朝鮮機関誌である朝日新聞を「記者クラブから除外する措置(事実上の永久追放)」で妥協していただけると幸いだ。

自分のことだけ考えている人間は、自分である資格すらない。

6adaf5e5世論調査でスコットランド独立派が初めて過半数となった様である。参照記事 エリザベス女王も不安とのことだ。確かに英国領土の3分の1を占めるスコットランドが英国から抜ければキツいことはキツいが、人口は英国全体の6,300万人のうちの515万人で、そもそも英国の国力の本質は金融街のシティだしな。配備してある核を撤去する手間が掛かるだけで、寧ろ英国支配層としては楽になるかもな。つまり、国土がコンパクトになる分、通信や道路、鉄道の投資が楽になり、英国は逆に繁栄の道を辿るかもしれない。だが国家の利益は経済的繁栄だけではない。スコットランドが抜ければウェールズだって抜けるかもしれない。国際的な影響も無視出来ない。カナダでのケベック州独立に弾みを付ける可能性もあるし、日本だと沖縄独立派が活気付く可能性もある。参照記事 11月に想定される沖縄県知事選(12月9日任期満了)で、経営コンサルタント会社代表の大城浩氏(48)は4月30日、那覇市内で記者会見し、無所属で出馬する意向を表明した。沖縄の独立を掲げており、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設については、反対の立場から「独立すればその話はなくなる」と述べた。参照記事 大城候補は『1年以内の琉球国独立を目指し、米軍の退却後に韓・中・台などの軍隊を置くことを公約』しているそうだが、何故マスコミは台灣軍に関して深く突っ込まなかったんだろうか?1国2制度に対する見解を聞けば「琉球独立を達成後、台灣と共に国連加盟申請する」とか面白い話しがあったかもしれないし、また香港独立の是非とか問い質せる余地が無かったんだろうか?今からでも遅くないので、是非とも聞いてもらいたい。

人は3つの名前を持つ。両親が生まれた時につけてくれた名前。友達が親愛の情を込めて呼ぶ名前。そして、自分の生涯が終わるまでに獲得する名前である。

vlcsnap-2014-09-07-10h25m36s82vlcsnap-2014-09-07-10h31m24s224

Major League .1989

Major League .1989

米大リーグ、レンジャーズのダニエルズ・ゼネラルマネジャー(GM)は6日、右肘の炎症で故障者リスト(DL)入りしているダルビッシュ有投手(28)が今季の残り試合に登板しないと発表した。レンジャーズはア・リーグ西地区で最下位に沈んでおり、同GMは「チーム状況もあるし、無理はさせたくない」と説明した。4日のチームドクターの診察では、万全まではいかないが、DL入りが発表された8月13日の状態からの回復が確認された。今後もリハビリを続け、検査で問題がなければキャッチボールを行い、早ければシーズン中に投球練習を再開する予定。参照記事 右肘を痛めリハビリ中の米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手(25)が6日、ブルペンでの投球練習を再開した。変化球を交えて34球を投げ「状態は数段上がっている」と納得の表情を見せた。右腕の張りで投球練習を控えていたため、マウンドから投げるのは8月28日以来。「安定して腕を振ることができている。土台がしっかりしてきたので、力を入れたいところで入れられる」と調整の効果を口にした。ジラルディ監督は、チーム専属医のチェックを待って当面のスケジュールを決めるとした。田中将も「無理はしないようにと思っている」と慎重な姿勢を崩さなかった。参照記事 共に今季の登板が無い投手。だが、深刻度は大きな開きがある。来季、いや野球選手としての生涯において何方が輝けるのか、興味が尽きない。

「大国扱い」を求める一方で国際社会に貢献する気はない矛盾

vlcsnap-2014-09-05-18h24m47s52vlcsnap-2014-09-05-18h16m12s96

Godzilla .2014

Godzilla .2014

混迷するイラク情勢をめぐって、驚くほど影の薄い国がある。イラクの石油開発に巨額の投資をしている中国だ。中国は03年のフセイン政権崩壊やその後のイラク安定化にまったく貢献しなかったにもかかわらず、新生イラクの原油生産の恩恵を最も享受してきた国とされる。国有企業の中国石油天然気総公司だけでイラクへの投資は40億ドルに上り、今やイラク産原油の最大の輸出先は中国だ。なのに今回のイラク危機が始まって以来、中国政府は沈黙を守り続けている。理由の1つは、原油の調達に深刻な障害が生じていないことだろう。イラクの油田の大半は南部のシーア派支配地域にあり、バクダッド以北の戦闘地域で中国が出資している油田は1カ所のみ。さらに中国は日頃から、欧米諸国に比べて国際情勢の変化への対応が遅れがちだ。ウクライナ危機でも対応が遅かったが、これは共産党指導部の協議に時間がかかったからだろう。しかし中国の沈黙は、もっと大きな流れの表れだとも思われる。それは中国が「大国扱い」を世界に要求しながらも、大国らしく振る舞う気がないということ。彼らにしてみれば、アメリカや中東諸国にイラクの安定化に尽力してもらい、自分たちはその恩恵を貪るほうが都合がいいわけだ。参照記事 3日付の中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は同日の抗日戦争勝利記念日に合わせ「日本は中国を真の勝者と認めたことがない」と強い不満を表明する社説を掲載した。同紙は「(戦後の)日本は米国や(当時の)ソ連に従ったのに中国や韓国には従わない」と指摘。戦争に絡む歴史問題で「不断に中韓両国に挑戦」しており、「傲慢だ」といら立ちを見せた。その上で「戦後69年を経て中日両国の総合国力は歴史的に逆転し、中国はアジア最強の国になった」と自賛。一方、技術分野などで日本が優勢な面もあるとして、中国が国力で日本を圧倒し「中国に挑戦するのは絶望的だと日本に確信させる」必要性を指摘した。参照記事 しかし、誰に向かって喧嘩売ってんだよ、口だけ番長がw

盲導犬刺傷事件に見る社会の闇

vlcsnap-2014-09-06-09h21m36s50vlcsnap-2014-09-06-09h22m22s222

The.Thing .1982

The.Thing .1982

この事件は、男性が盲導犬「オスカー」を連れてJR浦和駅から川口市内の職場に向かう際、何者かがオスカーの腰付近をフォークのようなもので刺したとみられている。「全日本盲導犬使用者の会」が公式サイトで緊急声明を発表した。同会は事件に対し「強い怒りと恐怖に震える思いでいっぱいです」と憤りを示し、こうした事件が二度と起こらないよう、再発防止対策や補助犬を傷つける行為への罰則を検討するよう求めている。また、刺された盲導犬がほえなかったとされることから、一部で「盲導犬は何があっても声をあげないように訓練されている」と伝えられ、「抑圧されて働かされる盲導犬はかわいそう」という声が上がっているが、同会はこれを否定し「実際にはそのような訓練は現在行われていません。もしもそのような訓練がなされているとするならば それは虐待と捕らえられてもいたしかたないことです」とし、盲導犬はボランティアや関係者、使用者から愛情と良質な飼育環境を与えられ、人間を100%信頼して生きているため、攻撃的行動に出たり、むやみに声をあげる必要がないのであって、「抑制されることにより声をあげないのではなく、人間を信頼しているからこそ声をあげないのです」と述べ、正しい理解を求めている。犯人は、人影のない所で男性に気配すら感じさせず、そっとオスカーを刺したのだろうか?それとも周囲に人は居たが、誰も全く気が付かなかったのか、気付いたが無視したのか。暇さえあればスマホを見つめる人、通勤時間で自分のことで精一杯な人、目の前の不条理に目を閉じて現実逃避する人、事件をよそに様々な人たちの姿が目に浮かぶ。盲導犬オスカーに激励の手紙や寄付金が寄せられている一方、もう一つの重大な社会の闇を感じ得ずにはいられない。参照記事
世界は広いもので、犬を完全に根絶した国家もある。理由は、宗教的に不浄だからだ。そもそも、過去に私の滞在していた国の民は、英連邦圏下の衛星放送を通して形状を認識しているだけであり、実物を見れば間違いなく集団で撲殺を試みるはずである。あまり決めつけたくはないが、移民政策を再考していかないと、似たような文化の衝突は続くと思われる。

「デング熱・自力で治す・ホームレス」

zUkzyYE東京・代々木公園で蚊に刺された人が相次いでデング熱に感染した問題で、代々木公園の蚊からデングウイルスが検出された。これを受け、東京都は4日午後2時から公園の大部分を閉鎖した。東京都は、2日から3日にかけて、代々木公園の10か所で276匹の蚊を採集して検査を行っていたが、このうち4か所で採集した蚊からデングウイルスが検出されたという。代々木公園は、道路を挟んで大きく2つの地区に分かれるが、ウイルスを持った蚊が採集された4か所はいずれも北側の地区にあり、東京都は代々木公園の8割にあたるこの地区全体を4日午後2時から当面の間、立ち入り禁止にした。また、東京都は、5日から改めて蚊の駆除を行うということで、4日午後から専門家を公園に呼んで、カブトムシなど他の昆虫や生態系に影響を与えない駆除方法を検討している。さらに、蚊を採集する場所を倍の20か所に増やして、週に1回の検査を続ける方針。東京都によると、立ち入り禁止となった地区には約30人の路上生活者がいるということだが、今後、個別に宿泊施設などの紹介を行うという。厚生労働省などによると、国内でデング熱に感染した人の数は3日より7人増えて55人となり、感染者の数はさらに拡大している。参照記事 参照記事 海外でデング熱に感染してきた感染者(NHK職員じゃないのw)が代々木公園で蚊に血を吸われ、その蚊がホームレスを刺し、その後、そのホームレスを他の蚊が刺しまくれば、目出度く拡散(笑。都職員:「はいはい、消毒するからどいてどいて」→ 公園が封鎖されたことでホームレスらは東京中に散らばる(笑。舛添知事に一票を投じたのは過ちだったと猛省するしかない。