月別アーカイブ: 2014年10月

「お金かえして!」by 日本国民

0626pixタレントのローラ(24)が24日、父親でバングラデシュ国籍のジュリップ・エイエスエイ・アル容疑者(54)がバングラデシュでデング熱の診療を受けたと偽り、海外療養費をだまし取ったとして、詐欺の疑いで逮捕されたことを受け、所属事務所を通じてマスコミに送付したファクスでコメントを発表した。ローラは「この度はお騒がせしてしまい本当に申し訳ありません。父の事は私が責任を持って弁償させて頂きたいと思います。何度も父のことでみなさんにご迷惑をお掛けして本当に申し訳ありません」と謝罪した。ジュリップ容疑者の逮捕容疑は2007年、バングラデシュでデング熱にかかり、病院で約1か月診療を受けたとする虚偽の申請書を、当時住んでいた東京都多摩市に提出し、海外療養費約98万円を同市からだまし取った疑い。ジュリップ容疑者は7月にも同じ容疑で逮捕(処分保留で保釈)されている。参照記事 参照記事 これは事務所が悪いと思う。ジャニーズ事務所のお抱え弁護士なんかは、多額の示談金で和解を成立させ六本木での騒動を沈静化させた。参照記事 つまり、処分保留で保釈された時期に国との示談を済ませてなかったローラの所属事務所が全面的に悪いといえる。 過去ブログ:2014年8月7日 ローラ父「やっほー♪ローヤだよっ☆」 ローラ「うふふ、ジッケー☆ え?何で牢屋にいるかって?う~ん・・・わかんない☆」 2014年7月28日 テリー伊藤ら、ローラを擁護「親の責任を背負う必要はない」

景気が悪いのもiPhoneのせい

HhTFzq39月19日に新製品が発売された米アップル社のスマートフォン「iPhone6」と「同6プラス」の販売動向に、政府関係者が神経をとがらせている。輸入品であるiPhone6/6プラスの販売が急増すれば、貿易赤字が膨らむ可能性が高いためだ。特に今年9月の貿易赤字は、安倍晋三首相が消費税率10%引き上げの判断材料とする7~9月期の国内総生産(GDP)成長率にも影響が大きい。iPhone人気は日本のスマホ市場のみならず、アベノミクスの方向をも変えるのか。財務省によると、日本の貿易収支は8月までに26カ月連続の赤字が続く。東京電力福島第1原子力発電所事故に伴う原発の長期停止により、原油や液化天然ガス(LNG)などの火力発電用の燃料輸入が急増したことに加え、アベノミクスの円安効果も輸入価格の上昇に跳ね返った。一方、円安で改善が見込まれた輸出は、国内製造業が生産拠点の海外移転を進めた影響で伸び悩みが続く。ただ近年、9月だけはエネルギーに代わる別の主役が存在する。それがiPhoneだ。新型機が9月に発売されるのに伴い、日本向けiPhoneを生産する中国からの輸入が急増するためで、ここ数年は中国からの通信機(スマホを含む)輸入は、iPhone5発売の平成24年9月が前年同月比で2.5倍以上に増えたほか、5s、5cが発売された25年9月も同90.8%増えた。いずれも新型iPhoneが赤字拡大の“戦犯”となった。エコノミストらからは早くも、「9月は貿易赤字拡大の可能性が高い」などと悲観的な予想が上がっている。注目の9月の貿易統計は22日の公表予定。その結果や、いかに-。参照記事 ひょっとして「ユーザーの求めている」製品ではなく、自分たちが作りやすい製品ばかり作っちゃいませんか?(日本企業さん)という事だ。そんな事をやっていると、ファブレスのアメリカ企業に負けてしまう。参照記事

すごいな、まだこんなことやってるのか

vlcsnap-2014-10-21-19h26m04s10

Under the Skin .2013

Under the Skin .2013

20日未明、埼玉県川口市のマンションで爆発音がし、外階段で金属製のパイプなどが見つかったほか、隣の建設会社の壁に金属製の弾が打ち込まれているのが見つかりました。この会社は、アメリカ軍普天間基地の移設計画に伴う、沖縄県の辺野古沖の地質調査を担当していて、警察は基地の移設に反対する過激派によるゲリラ事件とみて、捜査しています。20日午前1時すぎ、川口市西青木のマンションで大きな爆発音があり、警察が調べたところ3階の外階段で、発射装置とみられる、長さおよそ50センチ直径10センチの金属製のパイプなどが見つかりました。さらに、隣の建設会社の2階と3階の間の壁に金属製の弾が埋まっているのが見つかったということです。この爆発によるけが人などはありませんでした。警察によりますと、弾が打ち込まれた建設会社は、アメリカ軍普天間基地の移設計画に伴う、沖縄県の辺野古沖の地質調査を担当しているということです。警察は、基地の移設に反対する過激派によるゲリラ事件とみて、発射装置の詳しい構造を調べるなど捜査を進めています。参照記事 珊瑚を傷つけて記事を作った朝日新聞も報道している。参照記事 従軍慰安婦報道を32年間続けた朝日新聞も報道している。参照記事

アフリカから逃げてきた連中と濃密な関係を続ける国って

606x404_00-italy-immigrants-rescue-588x250329163329158国連 WHO は今後60日間の対応次第によっては人類はエボラに敗北するとまで述べた。参照記事 現在感染者数が9千人で死者が4,500人。これが毎月2倍と指数関数的に増大するので、2016年7月には人類は滅亡することになる。参照記事 エボラに確実に効く薬は現在存在しない。死亡率は90%で、飛沫(ひまつ)感染をする。つまり会話した時に出る唾が空気中の埃(ほこり)に付着し、それが2,3個入るだけで感染する。現在死者が4,500人なのでまだ安閑としている者もいるだろうが、それは数学的センスのない人々だ。死者数の指数関数的増大を考えればその危険は明らかだ。今リベリア等で起こってることは医療関係者の感染と死亡だ。感染者と死者数が多くなりすぎ、そのうち誰も治療が出来なくなる。秩序の壊乱が起こり、恐怖に怯えた未発症感染者が逃げ出して感染が更に周辺諸国に広まるという寸法。感染者数や死亡者数が現在の速度で増加すれば、8ヵ月後にはリベリアやギニアやシエラレオネで感染者数200万人、死者数100万人となる。3ヶ国の人口の合計が約2千万人であり、そこまで感染者数が増えればこれら諸国は秩序が完全に崩壊し、未発症感染者が一気に周辺諸国に逃げて感染スピードが加速する。どんなに国境を封鎖しようが、どんなに軍隊を配置しようが大量の人々が逃げてくれば止めることは出来ない。そうなるともう封じ込めは不可能になる。8ヵ月後に100万人の死者を出してエボラの全世界での流行が止められなくなるか、今100万人殺してエボラの流行を止めるのか。どちらがいいかという計算の答えは明らかだな。普通の感染症ならこんな事をする必要はないが、上述した様にエボラに確実に効く薬は現在存在しない。またそれらが8ヵ月後までに量産体制に入る可能性も無い。参照記事 リビアの密入国ディーラーはイタリア海軍のパトロールに出会いそうになると難民を全てゴムボートにおろして自分たちは空になった船で何食わぬ顔をして帰国する。という手口を最後に紹介。つまり今回も…参照記事 参照記事 たった一人のリベリア人を入国させただけで、エボラ出血熱に二次感染した二人を作った米国が話題だが、一番危険なのはイタリアだろう。船上で密入国者と対峙するイタリア海軍は防護服なんか着てません。既に密入国した連中が経済活動を始める事に最も寛容な国でもある。あるプロ・サッカーチームの監督がアフリカ諸国との国際親善マッチを欧州内で開催する是非を問うてたが、アホかと。そんな事だから「エボラ猖獗地3ヶ国への常任理事国による核攻撃で100万人程度の死者を出して流行をほぼ完全に止める案が考えられている」とか言い出す連中が出る。とにかく、イタリアは信用が置けない。要注意だ。

KY朝日は、大事な珊瑚が乱獲されてるのに無視するの?

yokotamegumi-1_l世界自然遺産に登録されている小笠原諸島(東京都)沖に中国船とみられる不審船が押し寄せている。目的は高級サンゴの密漁とみられ、その数は日を追うごとに増加。夜間には水平線に不審船の明かりが並び、島の近くまで接近する船もある。「自分たちの領土で好き勝手にされているのに、見ていることしかできない」。傍若無人な振る舞いに地元漁業にも影響が出ており、国境の島では不安が広がっている。「中国から小笠原沖まで航行して採算が取れるのはサンゴしか考えられない」。東海大海洋学部の山田吉彦教授(海洋政策)は中国船とみられる船の狙いがサンゴの密漁だと分析する。宮古島(沖縄県)沖や五島列島(長崎県)周辺もサンゴの生息地だが、山田教授は「警備が厳しくなった結果、小笠原まで足を延ばすことになったのではないか」と指摘。「サンゴは貴重な資源であると同時に、海底の形状にも影響する。サンゴの乱獲は生態系を壊すことにもつながる」と警鐘を鳴らす。海上保安庁も小笠原周辺で中国船とみられる不審船を確認。その数は9月15日に17隻、23日に25隻、今月1日には40隻と増加を続けている。参照記事 またもや騒いでいるのは産経だけなんだが、我々には苦い経験があるはずだ。故・土井たか子が不審船の追跡に海自が出てきたことを非難する映像を見た記憶がある。あの捕り逃がした船に拉致被害者はいなかったのか?今となっては判らない。対話も必要だが海保の増強は絶対不可欠な要素だと思う。

すぐキレる・妻よ見習え・LED

vlcsnap-2014-10-13-12h21m24s207

Coldplay Walk On Stage XyloBands

Coldplay Walk On Stage XyloBands

久米宏のラジオ聞いてたら、ノーベル賞・中村修二氏の「怒り」の話だった。日本では信号機をメンテナンスする会社は独占企業だから法外な金額を取っていて、その会社は例によって警察官僚の天下り先。日本中の信号機を寿命の長いLEDに変えることで甘い汁を吸っている連中に仕返ししたかった、と。参照記事 参照記事 当時は製造業の海外移転が本格化してなかったんで、日本語での製品仕様書が出回っていたのを記憶している方々も多いと思う。特に、一摑みナンボの商材に失望してた総合家電メーカーは完全に出遅れてたんで日亜化学(以下、日亜と記す)に勝機はあった。しかし、前述の製品仕様書の半数以上が日亜でなく『豊田合成』であり、市場独占は叶わなかった。豊田合成とは、あのトヨタの系列で、中村氏以外の2名の受賞者と同じ中京地区の(直前までは畑違いの)巨大企業である。では、豊田合成は青色LED素子を販売するにあたり特許料を日亜に払っていたのか?否、法的に支払義務が無かったはずである。論文を読めば光らせるためのコツが掴めたし、実現する手法が唯一無二でない事も判らない面々ではなかった。結果、日亜の特許請求範囲はザルと化す。化合物半導体業界の設備投資額とは半導体集積回路屋から見れば微々たるものであり、中小企業が活躍できる素地はあった。にも拘らず、初期段階からシェア争いを強いられる状況に陥る(それも大企業と)。これでは、創業者利益が無くなってしまう。世紀の大発明をやってのけた男が、塵のように小さな市場でしかない日本の信号機メーカーとの商談を覚えているとか喜劇でしかない。ここから先は蛍光体を介して白色化を目指すべく外部の力が必要となる。青は赤字でも白で元を取れると豊田合成は考えたかもしれない。液晶バックライトのシェアさえ押さえれればチャラに出来ると。だが、日亜には財力と胆力は無かったような気がする。我々が市場で目にした青色や白色LEDの対価すべてが日亜には流れなかった。世紀の大発明の報酬を優秀な社員に与えられる原資を日亜は持てなかった。一太郎でジャストシステムは大きくなったが、日亜はLEDで大きくなれなかった。この理由が知りたいために氏は訴訟を起こし、日本にいられなくなったとも言える気がする。唯、中村氏は幾ばくかの金を掴む事が出来たが、この騒動で更に負債を増やした連中が沢山でた現実はニュースにもならない。

マー君、肩は大丈夫の模様

bf0697542258a05a22da2f3544c5e9f8米大リーグ・ヤンキースの田中将大投手(25)が12日、自身の公式ツイッターを更新。11日夜に、アイドルグループ「乃木坂46」のライブを観覧したことを明かした。田中はツイッターで「昨日は乃木坂46のアンダーライブに行ってきました」と報告。「メンバーの方々とファンの方々が一体となっていて熱量が物凄かったです!!!!また行きたいなぁー」と興奮冷めやらぬ様子でつづった。乃木坂46の「アンダーライブ」とは、全体から16人の選抜を除いたアンダーメンバーおよび研究生による公演。“スター級”メンバーが出演していない公演にも関わらず、田中は劇場に足を運んだ。11日の公演終了後には、メンバーの中田花奈(20)のブログで紹介され、出演メンバーとともに写した写真も載された。田中はシーズンを終え、今月8日に帰国。9日には「ベストジーニスト2014」の表彰式に出席するなど多忙なスケジュールを過ごしているが、そんな中でも持ち味の【アイドル活動】に余念がなかった。参照記事 かたやww、一部電網上の情報源によると、まゆゆこと渡辺麻友のインスタグラムにおける映像とインスタントメッセージが流出し、それが彼女のイメージを毀損する内容であるとのことだが、ヲレのまゆゆに対する支持は微塵もブレるものではない。ていうかこの流出劇の黒幕って誰かバレバレぢゃん。目的もな。誰が得をするかを考えれば、誰でもわかる。参照記事 参照記事 とにかく、日本は不景気なんだから金持ちが経済を廻してくれなきゃ困る。が、理解を超える世界の話しも反応に苦慮する(笑。

韓国起源説は適用されません

vlcsnap-2014-10-11-11h36m25s88

NEW COLDPLAY Live : Charlie Brown Xylobands

NEW COLDPLAY Live : Charlie Brown Xylobands

中村修二さんが米国籍だと驚いている人が多いが、もう15年も住んでるんだから当たり前。国籍を取らないと、不利なことが多い。国籍もなしに「選挙権をよこせ」といってる在日を当たり前と思わないでよ。参照記事 同期入社で寮生活を共にするヤツが半導体事業本部のお荷物と言われたLED開発部に配属された。ヤツがデカい実験をやると言うので、仕事をサボって同フロアの実験室を訪ねると、最新型LEDの点灯試験が行われていたんだが、通電直後に青く光ったLEDは数秒で輝きを失う。そう、通電と同時に劣化が始まり寿命が来たのである。しかし、その点灯時間が新記録だったらしく論文の書き上げとパーティーの段取りの話題で大騒ぎとなった。時は1982年である。オイラの電気屋としてのキャリアが科学技術の進歩と共に積み上がっても、化合物半導体業界の低空飛行は続く。銀行に見放された経営者が闇金融に縋るようなもんで、夢と現実の落差が酷過ぎた。多くのエンジニアや投資家が沈んでいった。つまり、我々業界人に届いた歴史的な一報とは『日亜のLEDが光り続けている!』『今度のは切れない!』であった。当時は本当に大変な騒ぎであった。しかし、高揚感は長くは続かなかった。いや、不穏な空気を感じ全く先が読めなかったのが実情である。何が起きたのかは別の機会に述べる。

真実は重いものだ、だから若者しか運ぶことができない

vlcsnap-2014-10-06-22h01m20s44

The Messenger The Story of Joan of Arc .1999

The Messenger The Story of Joan of Arc .1999

中国共産党機関紙「人民日報」は6日付の論評で、民主派の学生について「香港住民の中で絶対的少数だ。もし少数派が『香港の未来の救世主』などとして公共の利益を侵して政治主張を強めれば、民主の原則に違反する」と改めて批判。また「明らかに外部の政治勢力が介入している。一部の若者は政治判断力に乏しく、『民主』の誘導の影響を受けやすい」と指摘する学者の談話を掲載。北京では9月28日に大規模デモが始まってから、NHKの海外向け放送の関連ニュースがたびたび遮断されている。国営中国中央テレビ(CCTV)は当初、デモについての報道を控えていたが、今月3日ごろから民主派を批判する香港市民の声を伝えるようになった。中国当局は事態を見極め、この時期から民主派を批判する宣伝強化を打ち出した模様。参照記事 中国共産党機関紙、人民日報のウェブサイト「人民網」は9月24日、中国が西側の多党制の政治制度を導入すれば2年以内に武装衝突が発生し1千3百万人以上が死亡、1億3千万人を超える難民が出かねないとする李満長駐セルビア大使の論文を紹介。が、忘れてはならない点は、民主化運動に抵抗し、武力でそれを阻止しようと乗り出すのは国民ではなく、一党独裁政権を維持しようとする中国共産党側だ。大量の死者が出るという警告は「中国共産党は民主化運動を弾圧する」と国際社会に向かって宣言したようなものだ。旧ユーゴ連邦の国民は民主化後、経済的な試練に直面しているが、自由を享受している。言論・結社・宗教の自由を満喫しているのだ。だから、旧ユーゴ連邦の国民は、昔のような共産政権下の生活に戻りたいとは願っていない。参照記事 左翼らは、中国共産党は「徳治主義」を標榜しており、そもそも香港人は過去から最近まで「自分の身の上を決めた事なんか無かったじゃないか」とまで言う。しかし、自由を勝ち取る運動によって経済失速しても、旧ユーゴ連邦の現在の平静を見れば自信も湧いて来ると思うがな。

日本人はなぜ9月以降に海へ行かなくなるのか

IMGP1621IMGP1624BBCの電子版は、8月中であれば何百万人もの人々が東京近郊の砂浜に押し寄せるにも関わらず、9月1日を境に砂浜は無人地帯と化す日本。今年の東京は9月になっても気温が25度を超すことが珍しくなく、他国であれば人々は砂浜に殺到するだろうと伝えた上で、9月以降の海辺の閑散ぶりを「動物界の集団での大移動と同じくらい不思議な光景」であると述べている。同記事の記者によると、9月以降の海辺で見かけたのは、犬とその飼い主と「外人」のみ。また海だけではなく、屋外プール施設まで閉館してしまうことを疑問視。9月以降でも汗だくになって過ごしている人が多くいることから、このような状況を「犯罪的な無駄」と表現している。続けて同記者は、「日本人は順法精神がある」ために、監視員がいないときに泳いではいけないと言われれば従う傾向があるとする友人の見方を紹介。さらに日本社会の同調圧力が強いことなども考えられる理由の一つとして挙げている。参照記事 英国と違って、日本には自宅警備員はいても無職者はいないの(笑。ムスリムの国でも祈りの時間帯には浜辺が無人化するじゃんか。ごちゃごちゃ言ってないで、暑いんなら泳げばよかったのに。