月別アーカイブ: 2015年3月

岡田斗司夫って誰? 【拡散希望】だとよw

この漫画で岡田斗司夫氏の悪どい手口が広まり、大阪芸大・吉本興業から解雇され傷つく若い女性が一人でも減る事を望みます。参照記事 口にする事じゃないのをあえて口にすると…ガキじゃねーんだから、その気が無いなら端から話にのるんじゃねーよ、と思うけどね。実力も無く、苦労もせず、何の代償もなく成功の実だけ楽して手に入れようなんてムシが良すぎるわ。最初の時点で岡田の狙いはわかっていたはず。あわよくばを狙っていたくせして被害者ズラすんなよバカ女ってな感じですかね。利用しようとして思い通りにならなかったら拡散希望とか、岡田も下衆だけどこの女は更に下衆です。参照記事 おいらのコメントはこれだけ「続報あるかw」

フジアナ“水着仕事”した時代、近藤サトや中村江里子「私もやった」

4822276-thumb-520xauto-956フリーアナウンサーでタレントの八木亜希子(49歳)、近藤サト(46歳)、中村江里子(46歳)の3人が、3月15日に放送されたトーク番組「ボクらの時代」(フジテレビ系)に出演。テレビ局に勤務する現在の局アナでは考えられないような“水着仕事”もしていた過去を振り返った。近藤と中村はフジテレビの同期、八木はその先輩という間柄の3人。八木は新人時代、3か月の研修を終えて初めての仕事がゴルフ大会のプレゼンターだったそうだが、そのとき当時のアナウンス部長から「バニーガールの格好でやってくれないかな」と打診されたという。このときは「今まで研修で『ららら』とか(発声練習)していたのは何だったんだろう。どういう会社に来ちゃったんだろう」と思ったものの、同期の有賀さつき(49歳)、河野景子(50歳)と共に露出を控えた衣装を“お願い”。結果、ゴルフウェアを着ることで落ち着いたそうだ。また、「バニーガールじゃなかったけど、温泉も入ったし」と振り返る近藤に、中村も八木も「あった、あった」。そして近藤の「小泉くん(※同期の小泉陽一アナ=当時)と混浴だったもん」との告白に、中村は「うっそ! サト受けたのそれ!?」と目を丸くした。八木によると、フジテレビが女子アナにそうした仕事をさせる、例えば“水着仕事”などを禁止にしたのは八木が退社(2000年3月末)した後とのこと。近藤、中村ともに「私、水着やりましたよ」と語り、中村は「SMAPと競泳したから。草なぎ君と泳いだ」こともあったという。そうした仕事は「普通にあった」(近藤)、「断れなかった」(中村)。八木は「時代なんだよね、きっと」と、現在の女子アナに求められるアイドル性や清廉性ともまた違う求められ方だったとまとめた。 参照記事 参照記事 参照記事 カトパン、聞いてる? 過去ブログ:2015年2月26日 志望動機ってなに? 2015年1月10日 ペルーにて高島彩の認知度あがるww

ミャンマー:「仏像にヘッドホン」の広告…宗教侮辱で実刑

1170164790438361154wpja9r63cpljd7zjnkdqミャンマーでヘッドホンをした仏像のイラストをバーの広告に使ったとして、宗教侮辱罪に問われたニュージーランド人経営者(32)ら3人に対し、裁判所は17日、懲役2年6月の判決を言い渡した。国際人権団体は「表現の自由の侵害だ」と反発しているが、仏教徒が大半を占める世論の大勢は判決を支持しており、民政移管(2011年)以降の仏教ナショナリズムの高まりを反映した形だ。経営者は昨年12月、最大都市ヤンゴンで開店したばかりのバーで「ドリンク割引」を宣伝しようと、自身のフェイスブックにイラストを掲載。直後から強硬派の仏教グループが猛抗議したのを受け、警察は経営者とともに店のオーナーと従業員のミャンマー人2人も逮捕した。逮捕翌日、店側はイラストを削除し「いかなる宗教を侮辱する意図もなく、無知だった」と謝罪文を載せた。裁判所は17日の判決で、「宗教を侮辱する意図的な企てだった」と断罪した。ミャンマーでは、司法機関が政権から独立しているとは言い難く、判決の背景について「今年後半の総選挙に向け、(政権与党が)仏教徒の票を獲得するため政治利用した」との指摘も出ている。ネット上では世界各地から「ミャンマーは寛容な仏教国ではなかったのか」「罰金や寺院の清掃奉仕で済む話では」といった批判が噴出。だが、国内では「より重い罪にすべきだった」との強硬論も根強い。ミャンマーでは昨年、仏像のイメージを入れ墨にしているとして、カナダ人やスペイン人の観光客が相次いで強制送還される事件も起きている。民政移管以降、仏教徒とイスラム教徒の対立が先鋭化し、暴動が頻発したことから、政権も世論も「宗教」に対し過剰反応する傾向が続いている。参照記事 英文記事 英文記事 誰かに入れ知恵された知人のミャンマー女性が「こんど難民認定の申請をしようと思うの」と言っていたのを思い出した。あそこ、バングラ沿いにイスラム教徒が少数いるらしく、彼女がそうであった。唯、ミャンマー人のカレシはコテコテの仏教徒だったけどな。

バングラデシュ当局、北朝鮮外交官から金の延べ棒を押収

gold-bar-afpgold-bars1バングラデシュの税関当局は6日、ダッカ国際空港(Dhaka Airport)に到着した北朝鮮の外交官から金の延べ棒など約27キロを押収したことを明らかにした。外交特権を盾に取り、170万ドル(約2.05億万円)相当の金の密輸入を図ったとみられている。空港の武装警官と税関職員らは5日夜、シンガポールからの便で到着し、入国しようとした在バングラデシュ北朝鮮大使館のソン・ユンナム(Son Young Nam)一等書記官を呼び止めた。税関当局の幹部がAFPに語ったところによると、「書記官は外交官パスポートを所有し、外交特権が認められていることを理由にバッグの手荷物検査を拒否した」という。この幹部によれば、「書記官は4時間以上にわたる大騒ぎの末、手荷物検査を受け入れた。税関当局は金額にして1.3億タカ(約2.022億円)相当の金の延べ棒や装飾品、合計26.795キロを押収した」。書記官はその後、同行していた駐バングラデシュ北朝鮮大使と共にウィーン条約(Vienna Convention)に基づき釈放されたが、バングラデシュは厳格な密輸取締法を採用しており、税関当局は外務省からの許可が得られ次第、北朝鮮側に通知した上で書記官を訴追する方針だ。税関当局は先ごろ、国内の2つの国際空港では違法な金の持ち込みが急増しており、密輸入者が現行犯で逮捕されるケースが頻発していると発表していた。バングラデシュの公式統計によると、税関の情報当局が過去1年10か月の間に押収した金の量はおよそ1トン。それ以前の5年間での押収量は、わずか15キロだった。バングラデシュに密輸入される金は大半が湾岸諸国から持ち込まれるもので、警備が甘いおよそ4千キロの国境線を越えてインドに送られている。主にインドが金の輸入税を引き上げたことを受けて、バングラデシュへの密輸が増加したとみられている。参照記事 英文記事 英文記事 英文記事 まず間違いなく、帰国すれば即刻処刑される運命と思われる。

怒れるアナグマ、高級ホテルを「攻撃」 ストックホルム

494120879badger7n-3-webスウェーデンの首都ストックホルムで6日早朝、都心の高級ホテルが不機嫌なアナグマの「攻撃」を受け、従業員や利用客の出入りが妨げられたことから警察が出動する騒ぎになった。高級ホテル「ラディソン・ブル(Radisson Blu)」のアナグマ危機は同日午前5時(日本時間同日午後1時)ごろ発生。警察が介入するまで約40分間続いた。地元警察はホームページで、「正気を失ったか、あるいはストレスで疲れ切った1匹のアナグマが、従業員や利用客の出入りを妨害。車から降りられない人や荷物を受け取れない人たちが出た」と説明した。「アナグマはその場を立ち去ろうとしなかったため、警察は地元の野生生物当局に連絡し、問題の解決に当たった」。アナグマが怒っていた理由は分かっていない。緑豊かなストックホルムにはいくつもの森や湖、運河などがあり、ヘラジカやノウサギなど、多種多様な野生動物が生息している。参照記事 英文記事 これ、アメリカだったら撃ってます。中国だったら喰ってます。はい。

怒った群衆がレイプ容疑者を引きずり出し撲殺 インド

26615E4A00000578-2981515-image-a-1_14256514280322661602300000578-2981515-image-a-2_1425651442872265A51B200000578-2981515-image-a-9_1425579183145265A51A900000578-2981515-image-a-11_1425580327309265BFEEB00000578-2981515-image-a-21_1425585074090この事件、AFPニュースの分析では、インドで相次ぐ女性への性的暴行事件により、国民の怒りが高まっていることが、この容疑者殺害につながったと見ているようです。しかし私はこの報道を、誤報とまではいいませんが、背景分析が弱いと考えています。ずばり、この事件の背景は民族対立です。この事件の舞台となったインド北東部、ミャンマーに隣接するナガランド州は、もともとモンゴル系の少数民族ナガ族の支配地で、現在もナガ族が多数派を占めています。彼らのほとんどがキリスト教徒であり、その影響で英語教育も盛んです。一方、ナガランド州を囲むように位置しているアッサム州。日本では紅茶で有名ですが、バングラデシュと隣接していることから、バングラデシュからの移民も多く(不法移民も少なくない)、そのためイスラム教徒が州人口の30%程度を占めています。中央政府の影響力が小さい州でもあり、バングラデシュとの非合法取引なども盛ん。イスラム教徒ゲリラの訓練基地が多数ある、とも指摘されている地域です。ナガランド州のナガ族は、このアッサム州から流れてくるバングラデシュ系イスラム教徒たちと緊張関係を抱えています。もともとイスラム教徒とキリスト教徒ですから、それだけでも互いに相容れない雰囲気があるわけです。それに、山岳民族のナガ族は収入を農業に頼り、経済的に豊かではありません。一方、バングラデシュ系イスラム教徒たちはそこそこの収入があり、そのためナガ族の女性と結婚するケースも増えてきているのです。もちろん、改宗となります。これは、ナガ族の男子青年たちにとっては、プライドを踏みにじられる屈辱的な事実です。そうした状況下で起きた性的暴行事件。被害者はナガ族のキリスト教女性で、加害者はアッサム州から移転し中古車販売業を営んでいたイスラム教徒でした。警察の調べでは、どうやら彼はバングラデシュから非合法的に入国してきた人物だったようです。この暴行事件発生後、ナガ族の学生運動家らが中心となって、バングラデシュ系イスラム教徒店舗の営業許可を取り消すようディマプル郡役所に要求。しかし郡役所がその要求を却下すると、実に9万人の群衆がデモ行進して拘置所に押しかけ、容疑者を拘置所から引きずり出した…という事態に至った次第です。拘置所の職員も、当初は威嚇してデモ隊を解散させようとし、その後実弾を発射してデモ隊に参加していた青年1人を射殺しましたが、何しろ多勢に無勢。押しかける群衆におののき、拘置所職員は退避してしまったそうです。そして…、容疑者は市内中心部に引きずり出され、そこで全裸にされてリンチを受け、殺害されてしまいました。まったく何といいう理不尽…。性的暴行も許されない行為ですが、このような私刑も許されるべきではありません。が、そんなことを声高に叫んでも、民族の感情的対立には焼け石に水でしょう。私には何もできません。こうしてブログに記事を掲載し、一人でも多くの人に南アジアの実情を知っていただくこと程度しか。参照記事 参照記事 英文記事 英文記事 参照映像 当ブログでも、幾つかのインドネタを扱ってきましたが、暴力装置としての警察を凍りつかせ、容疑者を撲殺するとか凄すぎます。ここまでくると、中国以上です。 過去ブログ: 「レイプ被害者」の叫び無視する通行人、インドの実験動画が波紋  インド、19歳の少女がレイプ後、木に吊るされ殺害される

パラオの日本軍沈没船「石廊」に中国国旗 中国人ダイバーが行った可能性

wor1503210046-p1天皇、皇后両陛下が来月、慰霊のため訪問されるパラオで、海中に沈む旧日本海軍の給油艦「石廊」の船尾付近に中国国旗が結び付けられているのを、21日に取材で潜った共同通信記者が見つけた。中国人ダイバーが行った可能性がある。石廊は太平洋戦争中の1944年3月30日に米軍の攻撃を受け、多くの乗員と共に沈没した。パラオ・コロール島の南西約8キロ、水深約40mの海底で当時の船体をとどめ、人気のダイビングスポットの一つだ。中国国旗は幅約1m。サンゴに覆われた船尾の砲座を囲む柵の支柱だったとみられる場所に針金と白い結束バンドで取り付けられていた。一緒に潜った現地の日本人ダイビングガイドの男性(49)は「残念としか言いようがない。付着物が少ないので、1週間以内に取り付けられたものではないか」と話した。誰が取り付けたかは不明だ。参照記事 昨年の出来事ですが、マレーシアの英字紙(THE STAR ONLINE)が5月22日付けでペナン島沖で、スクラップ目的とみられるサルベージ業者が今年に入ってから最低でも5隻以上の沈没船をマレーシア当局に無許可で引き揚げたと報道していました。英文記事 英文記事 84abc83dexclusive引き上げられたとみられる沈没船の中には、旧日本海軍の軍艦重巡洋艦「羽黒」、軽巡洋艦「球磨」、特設砲艦「長沙丸」が含まれていると同誌は伝えています。問題は業者がマレーシア当局に届出無しにサルベージ作業を行っていることと沈没した艦艇の残骸が海の生き物の棲家となり現地で漁場となっているらしく、引き揚げられた後では漁獲量が減ったということが書かれています。また、大戦中に亡くなった水兵達の墓標となっていることと、日本から遺族が毎年慰霊に訪れていることも含め、批判や作業の中止が求められているとのことです。軽巡洋艦球磨は無傷で残っている箇所が多く砲等などがそのままだったとも過去の記事にあるので残念です。参照記事 双方とも、支那のバカ野郎どもの仕業です。以前のブログにも掲載しましたが、自分の都合の為ならサンゴ礁も根こそぎにするし、海も陸地に変える。そういうDNAです。何故かはわかりませんがその他の国では「向うにいる別の相手」を認識し対話する概念「尊敬」がありますが之が無い訳です。重巡「羽黒」や軽巡「五十鈴」を屑鉄にするため勝手にサルベージしてしまい、全てのご遺骨は投棄されたようで、彼らを移民として受け入れて日本が上手く廻っていくとか、まさに笑い話のようです。

十字軍と蛇のエンブレムがサソリになってもいいから出してくれ

201209301008248ffかねてから新型 マツダ ロードスターをベースとしたオープンスポーツカーがアルファロメオから登場するということが噂されていたがアルファ ロメオとマセラティのトップであるハラルド・ウェスター氏がアルファロメオはマツダの力を借りずに独自でオープンスポーツカーを開発することになったと語った。参照動画

20120930100824148201209301008481deアルファ ロメオの次期型スパイダーはフィアット・クライスラーが自社で開発した後輪駆動用のプラットフォームで作られるそうだ。またアルファロメオは後輪駆動の4ドアセダン「ジュリア」を開発中でジュリアにもこのプラットフォームが採用されるという。しかしフィアットグループとマツダの契約は破談となったわけではなくロードスターのプラットフォームを使った軽量スポーツカーがアバルトのブランドで登場するだろうとハラルド・ウェスター氏は話した。参照記事 マツダのデザインも悪くはないのだが、この内外装が醸し出す雰囲気は貴重です。たとえば、街に溢れてるプリウスなんかを見ていると、あまりに売れるんで潤沢な予算のもとマイナーチェンジを繰り返しているため、型落ちのガッカり感は大きい。イタ車デザインで出すのなら、マイナーチェンジが起きにくそうなので、長く乗りたいユーザーに歓迎されると思う。マツダ・デザインとは競合しないと思われるので、是非とも出せる方向で努力してもらいたいものである。

コロンビア当局 中国船を拿捕 軍事物資密輸の疑い

DA DAN XIA (1)s08コロンビア検察当局は、キューバに向かう中国船から100トンの火薬など大量の軍事物資が見つかったとして、同船を拿捕し、船長を逮捕したと発表した。ロイター通信によると、同船は同国北部カルタヘナに停泊中に拿捕された。書類には穀物と記載されていたが、船から約100トンの火薬、260万個以上の信管、99発のミサイル、約3千発の砲弾などが見つかった。調達元は、中国軍の兵器や装備の開発を行っている会社で、荷受人はキューバの首都ハバナの会社になっていた。参照記事 参照記事 中文記事 赤道直下の国ですが首都は高地なんで肌寒いです。単身で訪れたのが、M19の代表だった故カルロス・ピサロが国内線の機内で蜂の巣にされちゃった前日であったため、大変な目にあいました(笑。さて、同国北部カルタヘナはリゾート地として有名で、貨物の中身を査察するような知的集団がいそうにない場所です。つまり、間違いなく海外からのタレコミに呼応して摘発されたベタ記事なんですが、誰がミサイルや砲弾を必要としているのか?誰が阻止したかったのか? 興味は尽きないのですが、真相は闇の中。

「日本はガラパゴスになる」夢のエコカー「FCV」に不安

vlcsnap-2015-03-22-12h46m15s22vlcsnap-2015-03-22-12h44m20s133

日清 太麺堂々CM「ショッカー」篇

日清 太麺堂々CM「ショッカー」篇

今年1月、米ミシガン州デトロイトで開幕した北米国際自動車ショーは、次世代エコカーの覇権をめぐる決戦場の様相を呈した。『信じられないほどばからしい』 米国の電気自動車(EV)ベンチャー、テスラ・モーターズのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、刺激的な言葉でトヨタ自動車を挑発した。トヨタが昨年12月に一般販売した燃料電池車(FCV)に使われる水素は貯蔵や製造が難しい。マスク氏はそれを念頭に、意味がないと批判したのだ。これに対し、トヨタのジム・レンツ専務役員(北米トヨタ社長)は「テスラは素晴らしい商品を造っている」と持ち上げつつ、「FCVはEVより航続距離が長い」と応戦した。参照記事 なんで最近になってISが流行るのか?カネと武器を連中に渡す輩がいる訳です。目的はなんなのか。一つは中東を混乱状態に置くこと。そうすることで得するのは例えばイスラエルです。あと欧米は日本びっくりの貧富の差が付き合理化をさらに進めています。移民で得た労働力から発生する不満分子。移民じゃないけど競争社会のドロップアウト。こうした連中を一か所に集めるのにISは都合がいい訳です。ツイッターが馬鹿製造装置ならISは犯罪予備軍集約装置といったところでしょう。大体集まったら空爆して処分します。尤も生き残った連中はえりすぐりのワルモノになるので事態は余計面倒になるけどね!あと世の中が現実的になればなるほど負け組の割合が増えます。生きづらいと宗教に逃げるようになります。イスラム教へ改宗する傾向が強くなる訳です。欧米でも日本でも増えていたのではないでしょうか。表だった武力は見せず勢力を伸ばす宗教のすることは弱者救済です。イスラム教徒の男とホイホイ結婚してISと合流しちゃった日本人妻とかどこの北朝鮮状態になったりします。ISはイスラム教に悪いイメージを与えますがこれは平和ボケ社会でイスラム教へ改宗する敷居を上げるでしょう。改宗=自分がダークサイドに墜ちるというイメージが付いて行くわけです。社会合理化を進めるうえで邪魔になる改宗者の増加を防ぐ働きがあります。地球全体でみると文明サバイバルゲームが続いている訳です。どこが次にぶっ倒れるかチキンゲームです。地続きだったり俯瞰すれば半島の性格を持つエリアほど先にまいっていくと個人的には思っています。シーパワーは最後に倒れますがそれだって誰からそうなるのか。水素を華族がサポートしてるよーなハナシを昔から聞き何故かしらと思ったのですがだんだんなるほどなーというイメージが出来てきました参照記事 敷地に余裕のある羽田と成田に(国費で)水素スタンドこさえて、《両空港から化石燃料車を追い出す》という手はどうだろうか? 自家用車(若しくは社用車)で空港の車寄せに乗り付けたい連中はFCVを入手する必要があり、バスやタクシー企業も投資を迫られるが、一般客には電車という手段がある。強権でもないと思うがな。