月別アーカイブ: 2015年6月

犯罪のデパートもう閉店

vlcsnap-2015-06-13-03h32m19s092vlcsnap-2015-06-13-03h30m22s745

Lily Allen .Fuck you

Lily Allen .Fuck you

公判どころか判決まで出ていて、裁判そのものが終わっていました。「法に基いて」非公開で進められていたようです。薄熙来裁判のように実況まではいかなくても、ある程度は公開するとの話が見事に覆されています。周永康が供述を翻したため、4月末に予定されていた公判開始が遅れたと聞いていましたが、その辺りも関係あるのでしょうか。周が問われていたのは、収賄(無期)、職権濫用(7年)、故意の国家機密漏洩(4年)で、注目の集まった国家機密漏洩が一番軽いという謎の判決となりました。このレベルの人間だと、秦城監獄で極楽生活というのが知れ渡っていますので、懲役の長さに意味は無いのですが、無期を食らった収賄にしても20億元くらいですしね。天津市第一中級法院は、「一部犯罪の証拠が国家機密に関るため」を非公開にした理由としています。非公開なので、薄熙来裁判のように、公式以外の情報漏れはまず無いと見ていいでしょう。驚いたのは、「国家機密に関わる」のに重大な結果を招いていないからと、機密漏洩については一番お咎めが緩く、チグハグな印象を受けます。上告はしないと法廷で宣言しているので、一審の求刑通りに刑が確定します。参照記事 最大の関心事は『周永康が死刑囚の臓器売買を行い、その利益を懐に収めていたという、前の衛生部副部長の指摘』だったんですが、存在そのものが封印された模様。まぁ、こんなもんかw 過去ブログ:2015年4月5日 犯罪のデパートまもなく開店 2014年8月17日 中国の「臓器狩り」をニューヨークポスト紙が掲載 2014年7月2日 徐才厚の党籍はく奪雑感

目が見えないよりも心が見えない方が恐ろしい。

vlcsnap-2015-04-18-19h48m01s140vlcsnap-2015-04-18-19h47m45s228

『星条旗新聞』の記者(Erik Slavin)記者による記事「Theft at base in Japan highlights limits of military law」は、在日韓国人が既に米軍から警戒されていることを示唆する。3月6日に米海軍横須賀基地内のスロットマシーンから多額の現金が盗まれた。類似事件は2010年にもあり、そのときは厚木の海軍航空隊基地の娯楽施設から6.7万ドルが盗まれた。犯人は捕まっていない。いずれの犯人も、基地に出入りしている民間従業員以外にあり得ない。横須賀の犯人については米軍は目星をつけている。在日韓国人である(Sources familiar with the March theft at Yokosuka told Stars and Stripes that a suspect is a third-country national admitted to Japan.)。

Adaptation .2002

Adaptation .2002

もし米軍にこの容疑者をとっつかまえる権限があるのなら、簡単なのだが、こやつらは米軍の軍法の対象外である。また、合衆国連邦政府が起訴することもできないのである。在外の米軍基地労働者のうち米国籍人については、「government background checks」を入手して、雇っても安全な奴かどうかはすぐに判定できる。ところが日本にある米軍基地で、その中に入っている日本の民間業者が雇う第三国人については、どういう素性の者なのかを判定できるデータが無い。記者は提案する。日本政府が責任をもって在日のバックグラウンドチェックをすべきなのだ(In those cases, it’s up to the Japanese government to perform background checks.)。参照記事 そうかもしれませんが、米財務省なんかは4月21日、指定暴力団山口組弘道会と竹内照明会長を経済制裁の対象に指定した。在米資産が凍結され、米国人とのあらゆる経済取引が禁止される。弘道会は名古屋市に本部を置く山口組系の2次団体。同省は「財政的に打撃を与え、国際的な犯罪活動を粉砕する狙い」があるとしている。同省はこれまでに山口組、住吉会など日本の暴力団4団体を制裁対象に指定している。2次団体の指定は初めて。オバマ政権は2011年7月に日本の暴力団を国際的に活動する犯罪組織と認定、対策を強化している。参照記事 なんだか、日米両政府は連携して外堀を埋め始めているようにとれるベタ記事であった。 過去ブログ:2015年3月22日 7月8日に生まれて 2015年3月22日 男性銃撃で組幹部逮捕=殺人未遂容疑

医者に尋ねるより病人に尋ねよ

複雑だな

複雑だな

デンマークの議会は4月21日、動物との性行為を禁止する法案を可決した。同国では既に動物を傷つける恐れのある性行為が禁止されていたが、動物の権利が十分に保護されないとして、愛護団体が規制強化を求めていた。欧州では、ドイツやノルウェー、スウェーデン、英国などですでに動物との性行為が禁止されている。このため、動物との性行為を目的とした観光客らがデンマークに集中、社会問題化していた。参照記事 参照記事 実際、動物売春宿なるものが同国にあり、ウマやウシなどと日本円で1万円程度で性行為ができるとして、欧州各国から多くの“愛好者”たちが訪れるのだという。参照記事 ( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` ) 行き場を失った変態どもが、全く規制されてない後進国の日本に来ないことを願ってやみません(笑。

残念ながら、思いっきり日本人体型ですw

maxresdefault日本はグローバル化していると言いますが、まだ根本的なことが変わっていないと思います。というのは、例えば、仕事では海外の人を使うのに、いざハーフの人たちが「自分は日本人だ」と言っても否定されてしまうのです。そういったことを見ると「ハーフ=日本人」と、心からは受け入れてもらえていないのでは、と感じます。日本で生まれ、日本で育っているのに、日本人ではないのであれば、ハーフの私達は何人なのでしょう?そして、それはつまり外国人に対する偏見につながっていると思うので、そういった認識を変えていきたいのです。021このことがわかって出場しているので、国内から批判の声があがるのは、悲しくないとは言いませんが、想定内ではあります。また、批判がないのであれば出場した意味がないとも思います。国内外のメディアが、私のことを多く取り上げていただければ、人種問題について問題提起をする良いチャンスになると考えています。国内、国外問わず、ハーフであることで苦しんでいる人はまだまだたくさんいます。そういった方たちからメッセージが届いたり、同じ苦しみを持つ方やその親御さんから街で応援の声をかけてくださったりすることもあるので批判ばかりではないことも、力になっています。参照記事 いやいや、おいら以上に長崎ちゃんぽんの美味い店を知ってるだろう(笑。お顔は可愛いいんで、何とか水着審査での失点を挽回できる策を練ろうや。 過去ブログ:2014年5月6日 後悔先に立たず

U6aBmCU【追記】ミス・ユニバースの世界大会が12月20日、米西部ラスベガスで開催され、日本からは長崎県出身で日本人の母とアフリカ系米国人の父を持つ宮本エリアナさん(21)が出場し、上位10人に残るなど健闘したが、上位5人には入らず入賞を逃した。宮本さんは、
「ベスト5まで選ばれたらうれしい」と話していた。日米から家族ら30人以上が応援に駆け付けたという。 大会には世界約80カ国・地域からの出場者が参加した。 参照記事 褐色系はフランス代表(Flora Coquerel )が圧倒的だったため、上位10人に残れた方が奇跡です(笑。 また、夜の世界に戻るのでしょうか?

とてもステーキ

Xm6j6XH米テキサス州で開かれたステーキの大食い競争で、女性挑戦者が
72オンス(約2.04キロ)のステーキ3枚を20分で平らげて新記録を打ち立て、男性スポーツ選手のチームに圧勝した。優勝したのは大食いプロwのモリー・スカイラーさん(35)。4月19日に同州のステーキハウス「ビッグテキサン」で開かれた大会で、
・72オンスのステーキ3枚、
・ポテト3個、サラダ3皿、ロールパン3個、
・シュリンプカクテル3個
を20分で平らげた。フットボール選手やプロレスラーなどでつくる4チームは完敗だった。同店経営者のボビー・リーさんはCNN系列局KVIIの取材に、「大会は1960年からやっているが、一度にこれだけのステーキを食べた人物はこれまで皆無だった」と目を見張った。スカイラーさんは昨年の大会で自身が達成した記録も更新して賞金5千ドル(約50万円)を獲得。ギネス・ワールド・レコーズに記録を申請する。


スカイラーさんはカリフォルニア州在住の4児の母で、体重は56キロ。過去にはチキンウイング363個を30分で食べた記録ももつ。今回の成績については「とてもうれしい」「でなければ300ドルほどかかっていたはずだから」と満足そうな様子だった。ビッグテキサンでは誰でも72オンスのステーキ大食いに挑戦できる。1時間以内に完食できなければ72ドルは挑戦者の負担になる。参照記事 写真を見れば2キロの肉が異常だと判るw(これを3枚だって…)。しかし、これを1枚72ドルで提供しても赤字じゃない現実にも驚くが、食文化の違いが明白です。寿司1貫で2キロとか、ありえませんから(笑。 過去ブログ:2015年3月28日 「あ、今、オレ死んだ(社会的に)」

「写真は偽造だよ。Tさんに聴いてみなよ」

untitled-article-1416356734-body-image-1416356915the-most-dangerous-photo-in-japan-body-image-1416404571organized-crime-the-olympics-and-the-most-dangerous-photo-in-japan-body-image-1416407956「日本でいま最も危険で、最も代償の高くつく写真」という見出しでネット新聞「ヴァイス」が昨年11月20日付で報じた記事が物議を醸している。山口組六代目組長の司忍氏と日本大学理事長田中英壽氏のツーショットだ。山口組は構成員5万人を誇る日本最大の暴力団であり、田中氏は公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)の副会長だ。今年2月には『週刊文春』が田中氏と住吉会会長らとのスリーショット写真を掲載しており、巷では「今回の写真も驚くような話ではない」という意見がもっぱらだ。ある事情通は「篠田建市(司忍氏の本名)は数年前にも都内の日大板橋病院に診察を受けにきたことがあり、そのときも田中さんと記念のツーショットを撮っている。ヤクザを受け入れる病院は日大くらいだから」と話し、その前段をこう明かす。「田中さんと山口組の付き合いは14~15年前に遡る。かつて極東会(東京都内に本部を置く暴力団)にいたKさん――在日朝鮮人で、現在は産業廃棄物処理業――が、現山口組ナンバー2の高山清司氏を田中さんに紹介した。それが端緒になっている」田中理事長追及キャンペーンを主導してきたのは民族派新聞『敬天新聞』である。同紙は田中理事長と暴力団との関係を執拗に批判してきた。ヤクザ事情に詳しいジャーナリストの成田俊一氏は「この背景には山口組内の勢力争いがあるのではないか」とみている。日大広報部に真偽をたずねると、こんな回答が返ってきた。「この8月、ある団体からこの写真を送りつけられ、大学運営に関する要求をされました。のまなければ写真をバラまくということでしたので、日本大学は警視庁に被害届を出しました。この写真は偽造です。田中理事長に暴力団との付き合いは一切ありません」参照記事 参照記事 参照記事 「Tさんに聴いてみなよ」こういう発言は、Tさんに聴くわけない聴けるわけないという前提で行っている。すなわち田中氏は「やくざ話法」で答えています。国会はTさんを証人喚問できる。下村大臣も田中氏が言うから、Tさんに聴かれたらいいのでは?と、参照記事にあるが、怖くて実行できないよね(笑。しかし、偽造写真が沢山あるようで。 過去ブログ:2014年11月21日 報道しない自由