月別アーカイブ: 2018年10月

もう一つ驚いた話を・・・・・

アラビア語メディアやイスラエル紙のネットは、ネタニアフ首相がスルタンの招待で、秘密裏に27日オマーン(勿論両国間には外交関係はない)を訪問したと報じています。それによると、ネタニアフは夫人及びモサッド長官その他を帯同しオマーンを訪問し、スルタンカブースと会談した由。勿論会談の中身の詳しいことは不明だが、主要な問題はパレスチナ和平で、和平を促進する方策について話し合われたとの共同声明が出された由。また今週初めにはパレスチナ暫定政府のアッバス議長が3日間の日程で訪問している由。取りあえずの情報としては以上ですが、これを報じるメディアはいずれも歴史的な訪問としています。また、ネタニアフの訪問に先立ちアッバス議長が3日間の日程で訪問していることは、スルタンは彼の意向を踏まえて(PLOの意見の橋渡しをしたことは確実でしょう)イスラエル側と話し合ったわけで、その意味では非常にまじめな試みかと思われます(何しろ、トランプの世紀の取引」とやらがイスラエル側だけの立場に立ったもので、パレスチナ、アラブの反発を買って、何処かへうさん霧消しかかっているだけに、中東和平プロセスを救おうとして、オマーンが出てきた者でしょうか)参照記事 参照記事 何かが起き始めているのでしょうか?サウジの大失態にトルコが乗じて発言権を増しており、米国とも共同歩調をとり易い立ち位置を確保しました。またイスラエルは、ロシア軍の偵察機撃墜の首謀者と目される立場であり、シリアにちょっかいを出していたであろう黒幕が身動きできな状況にある。シリアに平和が訪れて誰が喜ぶかというと、プーチンの顔を思い浮かべてしまう。初代アサドが人類の敵であったのは間違いなさそうですが、世襲後にあそこまで主権侵害する権利は何処の国にも無いと言い切れる。ひょっとすると、米国がグチャグチャにしたイラクも安定がもたらされるのかもしれない。両国に平和が訪れれば、バクーとイランの原油を地中海に注ぐパイプライン構想が実現できる。そうなれば、グルジア(現ジョージア)やトルコの機嫌を伺う必要は無くなるし、イランは安心してペルシャ湾(のホルムズ海峡)を封鎖できる(笑。大使が殺害されたり、数多くの将兵を失っても激昂して来なかったプーチンに勝ち目が出てきた感がある。好むと好まざるに関わらず、ガザ地区の未来は暗い。ソ連崩壊時に自称ユダヤ人が多数イスラエルに潜り込み、今では重要なポジションについているはずだ。このままサウジにつられて米国も沈んで行くのなら、中東の力関係は面白くなってくると思う。

追い込まれても勝負を捨てない

「ミスター半導体」と呼ばれ、文化勲章を受章した元東北大学長の西澤潤一(にしざわ・じゅんいち)さんが21日に死去した。92歳だった。葬儀は近親者で営んだ。お別れの会を後日開く。第3のトランジスタといわれ、大電力用から高速コンピューターまで応用範囲の広い半導体の一種「静電誘導トランジスタ(SIT)」を発明。半導体レーザーや光ファイバーなど光通信の基礎的な技術も開発し、ノーベル賞候補と言われた。74年日本学士院賞、83年文化功労者、89年文化勲章。東北大、岩手県立大、首都大学東京の各学長を歴任した。 参照記事 参照記事 先生の名前を記憶したのは、SITの存在でした。当時、ヤマハが細々と作ってましたが、最適解は見つからなかった模様。先生の功績を眺めれば、黄金期は50年代だと感じます。その中でも驚愕するのは「イオン注入法の発明」ですかね。なんでノーベル賞が取れなかったんだろう?まずは、故人の御冥福をお祈り申し上げます。お疲れ様でした。 ここで小ネタを少し(笑。恐らく脳内で電子と正孔の振る舞いが三次元でイメージ出来ていたであろう先生の功績の一つである光通信の三点セット、なかでもガラスファイバについてです。電線の代わりに光ファイバーという構想に飛びついたのは海外で、実用化も早かった。ここで、南青山神宮前の某企業が社運を賭けて米国から光ファイバーを持ち込む。いわば里帰りみたいなもんかな。しかし売れない。とにかく売れない。何しろ全く売れない。万事休すに成りかけてきた際の打開策が、掲載した画像に代表される応用例です(笑。太平洋戦争の開戦時、シンガポール陥落で捕虜となった英国兵への尋問の際、「貴殿は八木アレーをご存じないのか?」と返された件と似てます(笑。先生に心酔し、数多くの若者が勉学に励んだものと推測しますが、その働き口が日本国内に存在しない現実は大いなる皮肉ですね。

よく汲み出す井戸は、澄んだ水が出る

中共が、多国間条約としての「New-INF」条約に加盟することは、査察問題だけを考えても、ありえない(ICBMですら、それを認めたことはない)。したがってこれから世界はINFフリーの状態がずっと続く。大朗報だ。たとえば米軍が南九州の陸上基地から南支沿岸全域を巡航ミサイルで狙うこともできる。おなじことは、ブルネイやベトナムやフィリピンについてもいえる。ベトナムは米国から通常弾頭の「対艦弾道ミサイル」を買って海南島を照準することができる。フィリピンは楽々とパラワン島を防衛できるようになる。ついに、A2/AD構想は破綻し、終わった。いままでが、おかしすぎたのだ。この脱退通告には国務省も反対しない。中間選挙の追い風になるだろう。参照記事 参照記事


幾つかの記事を読んで判った事と言えば、米ソ冷戦時代の末期に結ばれた条約をロシアが受け継ぎ現在まで来たが、米国には不満(ロシアが抜け駆けしている点と中国が縛られていな点)があり、今日に至った模様だ。トランプ大統領は、レーガン政権が実施した「スターウォーズ計画」を再燃させ、敵性国家を軍拡レースに引き摺り込む算段なのかもしれない。前回は、ゴルバチョフ政権が財政破綻を招きソビエトが瓦解した。結果、日本各地にロシアンパブが林立して我々は恩恵を受けたがw さて、今回は如何なる結果を導き出すのであろうか。プーチンは挑発に乗って来ない気がする。道を誤ると、クリミアやカリーニングラードを失う羽目になるかもしれないし。逆に厳しいのは中共だと感じる。南シナ海の砂盛り島騒動に乗じて、アセアン諸国に巡航ミサイルを配備させるのには時間がかかり過ぎる。が、アフガンに配備されれば対策を打たなければならない。INFフリーなんだから、ロシア対策も考える必要がある。更には米国が、台灣に巡航ミサイルを配備する方針を打ち出して来た時、米国と一戦交える度胸はあるのか?無いよな。中共の支配者層がドル建てで資産を海外に移している時点で勝負になりません。貿易関税問題だけでなく、あらゆる出費を強要してくる米国に対して中共の反抗はあるのか?まぁ、頑張れとしか言いようが無い。

この☆の一体どこが千羽鶴なのかね

プロ人質こと自称韓国人のウマルが解放されたようです。政府はカタール政府から解放の情報を得たとのことで、おそらくカタール政府を通してずっと働きかけていたのでしょう。カタールはシリア近辺のイスラム過激派などのスポンサーもやってたりする国の一つなので犯罪集団と言えど金主からの話は無碍に出来ませんからね。そしてこうした働きかけは結果が出るまでは一切を非公開で行うしかありません。相手に足下を見られるわけにいきませんからね。安田純平(通名)こと韓国人のウマルを解放させるために日本政府が割かれたリソースやカタール政府に借りができたことなどを考えても政府が止める事について散々悪態をついて、挙げ句に繰り返し捕まっては日本政府に迷惑をかけているのに、日本政府に感謝すらしないこのクズが今度はどんな事を言うのか。参照記事 参照記事 参照記事

お父さんの顔つき、あっちの人みたいな‥w

清々しいほどの放送事故が起きていたみたいですねw 本人が韓国人だと表明しているのに、音声消したり字幕変えたり、忙しいことw 過去にはパスポートの名前の部分にモザイクがかかってたような気もする。奥方も旦那が拘束されている最中でさえ、プレスの前に本名で現れないし。挙げ句の果てにはカタールが身代金を払ったとか。来日会見が開かれるのであれば、生温かく拝見させて頂きます。

【追記】韓国籍を抜けていないせいで日本での在留資格の更新が必要だから日本に来たんでしょうね。パスポートは偽造だからマスメディアはモザイクを掛けざるを得なかったが、現地で奪われたことにして証拠隠滅を行った。シリアは赤軍の潜伏地としてハイジャック事件でも有名になった地域だから怪しい。そもそも国連安保理決議2133と2253で身代金の支払いは禁止されている。それを知らずに戦場に入って拘束されたというシナリオ自体が怪しい。これでははジャーナリストではないと断言せざるを得ない。身代金禁止の安保理決議によって昨今の武装集団は人質を取らずに車輛や船舶のハイジャックを行うようになってきている。


シリア現地のイドリブ県にいる武装集団はアサド政権に対してかなりの劣勢で人質交渉の余裕などない。これまでアサド政権側は人質ごと空爆してしまうのでイドリブ県は街すら破壊されている。現地住民はトルコ国境を越えてトルコで難民生活を行っている。アサド政権は親ロシアで日本の民間人とは利害関係がないし現地の武装集団が日本に対して人質要求するいわれも無い。こんな古臭い身代金詐欺を未だに赤軍が行っているとしたら噴飯もの。参照記事 私は三ヶ月以上、寝たきりになった経験がある(結果は残酷だった)。1年以上、歯を磨けなかったらどうなるか?歯医者に聞かなくとも分かる。彼は、日本政府に弱みを握られたと推測される(笑。