月別アーカイブ: 2019年4月

そのこに罪はない

悠仁親王殿下の中学校の机の上に刃物が置かれていた。別に学習院だったら防げたというものでもあるまい。むしろ、秋篠宮家で学習院を嫌われたのは、愛子様の学業や日ごろの様子についての情報の流出が酷すぎて不信感をもたれたのも一因と言われている。それに加えて、愛子様が休みがちであるとか、皇族らしく育っておられるかと言えば、むしろそういう誘導はしないというような現実もあった。さらに、佳子さまが最初に入学された教育学部での第二外国語が中国語か韓国語しかできないようになっているとか、中国や韓国への研修旅行があるなど微妙な問題もあるなど、学習院の左傾化も甚だしいのである。福島瑞穂さんが長く学習院女子大学の客員教授だったというからも、世間の人の学習院のイメージと実態がだいぶ違うことの証しかもしれない。それに対して、御茶ノ水大学附属小学校は、かなり丁寧な教育もしていたし、悠仁様の日ごろの様子が漏れ伝わることもあまりなかった。小学校がある意味で職員や父兄を厳しく指導して厳戒態勢をとっていたのである。それが、中学校に進学されたところに隙があったのではないかと思う。そういう意味では、これからは、少々、不満が出ても厳しい鉄のカーテンならぬ菊のカーテンが下ろされるのかもしれない。参照記事 


2016年11月には秋篠宮妃紀子妃殿下と、悠仁親王殿下が乗られたワゴン車が中央自動車道で追突事故を起こしています。幸いけが人もなく、悠仁殿下も特にお体には問題がなかったようです。実は、天皇や皇太子に比して秋篠宮家は潜在的に事故が起こりやすい環境にあるのです。天皇や皇太子が車で移動する際には先導車がいて交通規制もして信号も切り替わったりしますが、秋篠宮家の場合にはそういったことがないのです。これは皇室の予算編成の問題です。内廷皇族以外の皇族の待遇改善を悠仁殿下の身の回りにこういった事件が多いのは、皇室の予算編成が異常な低額になっていることが原因でしょう。こんな状態であってよいのでしょうか。皇室典範や関係法令の改正が必要だと思います。参照記事 産経の記事によれば、天皇皇后両陛下、皇太子家の日常の費用である「内廷費」の2016年度予算が総額3億2,400万円であるのに対し、秋篠宮家は6,710万円。この中から、私的使用人の人件費やお子様方の学費も賄われている。スタッフも皇太子家70人に対し、秋篠宮家は20人だそうだ。元大蔵官僚の高橋洋一氏が動画投稿サイトで、秋篠宮家の予算が異様に少ないと述べていたのを覚えている。もし何かが起きてしまったら、所轄の警察署長や学校の校長レベルで責任を負えるのか?いや、安倍首相ですら無理です。26日の朝8時頃、首都圏の三駅(府中本町鶯谷神田駅)で、同時刻に駅ホームの非常停止ボタンが押されたそうだ。また、25日には宮崎市の住宅街で「サリン」と書かれた段ボールが見つかっている。改元を間近に控える中、各地で些細な騒動に人手が割かれてしまい、それらすべてが連動する陽動作戦であったのなら、とても本命は守りきれないだろう。専属の警護が必要なのは間違いないないため、男系継承に異議を唱える勢力の同意も取り付けた上で予算を組んでもらいたいものです。

木を見て森を見ず

「WTO控訴審で1審敗訴をひっくり返すために昨年末、ジュネーブホテルにウォールーム(War Room)をかまえて3週間、20人余りがほとんど一日中、ねずみ車が回転するようシミュレーションしながら対応したかいがあった。」今回のWTO最終審で勝訴を引き出した最大功臣のチョン・ハヌル(39)産業部通商紛争対応課長は12日、聯合ニュースとインタビューで「同僚弁護士が今回の訴訟をひっくり返して勝てば『ミラクル』と言ったが本当にそうなったようだ」としてこのように話した。米国通商専門弁護士出身で昨年4月、特別採用されたチョン課長は「世界で最も権威ある控訴機構の一つであるWTO控訴委員3人を説得するために、それだけ私たちが激しく対応して良い結果が出てうれしい」として「奇跡のような逆転勝ち」評価に対する感想を明らかにした。 (中略)日本が控訴審判定後にさらに提訴する可能性については「部分的手続きの透明性は私たちがもう少し高めるだろうが、これ自体は最終判決が出た以上、これ以上日本はどうすることもできない」とした。参照記事 参照記事 東京電力福島第1原発事故を受け韓国が福島など8県産の水産物輸入を禁止していることを巡り、WTOの紛争処理手続きの「最終審」に当たる上級委員会が事実上、韓国勝訴の判断を示したことを受け、李洛淵首相が19日、紛争対応チームをソウルの首相公邸に招いて昼食会を開き、労をねぎらった。李首相は昼食会終了後、SNSを通じ、「快挙の主役、紛争対応チームを昼食会に招き、これまでの過程について説明を聞いた」と紹介した。参照記事

韓国による日本産水産物の輸入規制を巡り、WTOの紛争処理の「最終審」に当たる上級委員会が日本の主張を退けたことについて、WTOで26日開かれた会合では、各国から「これでは紛争の解決にならない」と疑問視する声が相次いだ。WTOの紛争処理制度の問題点を指摘する意見も多く出た。通商筋によると、会合で「第三国」として意見を表明したのは、米国、欧州連合(EU)、カナダ、中国、ブラジルなど10カ国・地域。米国は「一審」の紛争処理小委員会が日本の言い分をおおむね認めたのに、上級委で逆転敗訴となったことへの疑念を示した。参照記事 韓国政府が6月に大阪で開催されるG20首脳会議に合わせて日韓首脳会談の開催を日本政府に打診したと、共同通信が26日報じた。共同通信は日本政府関係者の話を引用、「23日の日韓外務省局長協議で韓国の東北アジア局長が、G20の際の首脳会談開催を提案した」とし、これに日本側は消極的な姿勢を示したと報じた。こうした報道に対し、韓国外交部の関係者は「あらゆることを念頭に置いて行動している。首脳が会うのは外交的によいことだ」としながらも「(日韓)首脳会談を話すには(時期が)あまりにも早すぎる」と述べた。共同通信は、韓国の東北アジア局長が状況打開のため秋葉剛男外務事務次官の訪韓も提案したのに対し日本側が事実上拒否した、と報じた。 参照記事 注意すべき点は、疑問を呈した10カ国の中に中国が含まれていること。かの国の反日とは老獪な面があり、視野狭窄な韓国とは異なるようだ。国際ルールを顧みず、独自ルールで振る舞えば孤立を深めるだけ。長期間、控訴委員を熱心に説得?するという姿勢からも、球に行かずタックルすることや奇異な笛が鳴ったとの疑念を持たれた過去のケースを蘇らせる。すべては記録に残っていく。

歴史の節目

1928年7月3日から11日、北京の東方にある東陵(満州帝室の霊廟)が破壊され、冒涜され、略奪された。廟の入り口、棺は爆破して暴かれた。乾隆帝の遺物や西太后の遺体もずたずたにされ、遺骨が散乱した。特別法廷が設置されたが、首謀者の中に少なくとも国民政府軍の将校(譚温江)も含まれていたものの、全員が刑罰を免れ、略奪品の回収も行われなかった。また国民政府から、何の遺憾の意も表明されなかった。(中略)前王朝の陵を辱めるのは、中国史の基本中の基本であるから、むしろ1912年ではなく、1928年に起こった事に違いを認めるべきかもしれない(ちなみに「皇帝は」1924年11月5日に紫禁城を追われた)。しかも皇陵が冒涜された時点で、皇統の継承者(皇帝の称号を保持していた)は健在だったのだ。略奪者や国民政府は、何を考えていたのだろうか。中国史は不可解だが、少なくとも20世紀以降の中国近代史は、そういうものだと、わきまえておく必要がある。参照記事 

Vice.2018

米ワシントン州の州議会で21日までに、人間の遺体の堆肥化を認める法案が可決された。ジェイ・インズリー州知事が署名すれば来年5月1日に発効する。同州では死去した住民らの埋葬は火葬もしくは土葬が普通。州議会のジェイミー・ペダーセン上院議員が起草した新法は、人間の遺体を土に早く変容させる方法などと表現した。同議員は万人に通じる経験に一定の技術の適用を認める時機が来たと主張。「人間は自ら好む方法で自らの遺体を処理させる決定が下せる自由を持つべき」とし、「環境により優しくより安全な遺体の処理方法が一部ある」と続けた。参照記事 今年は、アメリカ建国230周年のはず。歴史は浅いのかもしれませんが、墓が暴かれ遺体が損壊される事件が起きない点を前提に議論されている。 ちなみに、数千年の歴史を誇る中華帝国は、天安門事件30周年を迎える。 まもなく、日本は元号が変わる。 韓国にも何か変化が訪れるのであろうか?

これ報復って言っちゃったら負けやろ

アメリカのトランプ大統領は、メキシコ国境からの不法移民を野党・民主党の地盤のカリフォルニア州などに移送することを検討していると明らかにしました。トランプ政権の不法移民対策に反対する民主党支持者が多い地域に対応を押しつける形で、政治的な報復だなどと波紋を呼んでいます。参照記事 参照記事


「絶対に越境しない(州外に出ない)と誓えばカリフォルニアに送り届けてやる」と言いながら渡せる契約書を準備しかねん大統領だし、全軍のオスプレイやヘリをフル稼働させれば、20万人くらいは数日で処理出来るだろう(笑。現実問題として、知事と両上院議員が民主党所属の州は沢山あって、(他の州も)ウカウカしてられん(笑。この大統領、ホンマに取扱注意。

見てる方が気まずくなる

安倍晋三首相は6月に大阪で開くG20首脳会合の際、韓国の文在寅大統領との個別の首脳会談を見送る方向で検討に入った。複数の政府関係者が13日、明らかにした。韓国人元徴用工の対日賠償請求問題などを踏まえ「文氏に冷え込んだ日韓関係を改善する意思が感じられず、建設的な対話が見込めない」(官邸筋)との判断に傾いた。大阪でのG20期間中、首相は米中ロ首脳などとの個別会談を調整している。参照記事


トランプ大統領は会いたくないから、多分相手が「その日は都合がつかない」というであろう日を提示したにも関わらず来るという。だから、わざわざ実務会議を夫人同伴とし記者連中も交えてサシの状態を消し込んできた。その上でトランプ大統領は無慈悲な塩対応を全世界に配信させちまう。コイツの政治生命は終わったよな。しかし、ここまでやられて来日する気力があるんだろうか。

【追記】この大統領、過去に竹島へ上陸していた事を忘れていた。日本に入国したら、逮捕〜起訴までの処置が前提になるべきだよな。

狙いは95年のヴェノナ文書なんかな

アメリカ最大の保守系オピニオン・サイト「タウン・ホール」に、「草の根保守」のリーダー、フィリス・シュラーフリー女史は2005年5月16日付で「ブッシュ大統領、ヤルタの屈辱を晴らす」と題して次のような論説を書いている。《ジョージ・W・ブッシュ大統領、ありがとう。時期がだいぶ遅れたとはいえ、誤った歴史を見直して、フランクリン・D・ルーズヴェルト大統領の悲劇的な間違いのひとつを指摘し、よくぞ謝罪の意を表明してくれました。去る5月7日、ラトビアにおいて演説したブッシュ大統領は、大国同士の談合によって、多くの小国の自由を売り飛ばしたヤルタ協定を誤りだったと言明しました。ブッシュ大統領は「中央ヨーロッパと東ヨーロッパの数百万人を囚われの身」に貶めたヤルタ協定を的確に非難し、「歴史上、最も大きな誤りのうちの一つとして記憶されるであろう」と述べました。この発言がなされるまで50年の歳月が経過しましたが、ブッシュの発言は、「ヤルタ協定の負の遺産が最終的に今後永遠に葬り去られた」ことを確認したことになります。》シュラーフリー女史は更に、この協定によって我々アメリカ人は現在、中国の共産主義帝国の台頭と北朝鮮の核開発に苦しまなければならなくなったとして、次のように訴えている。


《ルーズヴェルトの擁護者は、スターリンを日本との戦いに引き込むためにはこれらの譲歩が必要だった、と正当化しようとしました。ヤルタ文書は、その主張が間違っていたということを証明しています。例えば、ヤルタ会談の3ヶ月半前、アバレル・ハリマン駐ソ大使は、ルーズヴェルトに対し「太平洋戦争に参加するだけではなく、全面的に対日戦争に参戦するという完全同意をスターリンから得ている」ことを伝えています。ロシアは太平洋戦争に必要ありませんでした。そして、ロシアの参戦は、中国と北朝鮮における共産主義帝国構築への道を開くことになったのです。ソ連の参戦は、1950年代の朝鮮戦争と、今日の北朝鮮共産主義の独裁者の息子による核開発の恫喝を招いたのです。》参照記事 ヴァイスという映画を観てきた。実在の登場人物すべての同意を絶対に得られないから全編にわたってコメディータッチなんだろうな。911を奇貨に軍を動かすことができる。更にレバレッジを効かせるためにザルカウィをインフルエンサーとし、イラクに攻め入るとか悪党の極みだよな。チェイニーらの黒幕が退場しても、プーチンがシリアで火消しを済ませるまで死の連鎖は止まらなかったのは事実。映画が真実の告発なのであれば、チェイニー家の栄華は無辜の命によって維持されていたことになる(やな話し)。まぁ、膨らんだり萎んだりするのが得意なクリスチャン・ベールは置いといて、エイミー・アダムスの美貌には恐れ入った。役の為に太ったんだろうが、あのふくよかさがベストなんだと思えてしまうほど(いやぁ怖れ入りました)。実は、それ以上に驚いたのはFOXニュースのアンカーという意味不明な役で出ていたナオミ・ワッツの美貌。とても同じ人類とは思えん(ホント凄すぎたわ)。何しろ映画に深みがないため出演女優の美しさに注目するしかないのも悲しいわな。話しを前述のシュラーフリー女史に戻すと、日本さえ潰せばアジアは平定すると信じこまされた結果、アメリカはベトナム戦争で恥辱にまみれてしまう。中共の横暴や北朝鮮の核だけでなく、クメールルージュの大虐殺も発生しなかったかも知れない。共産主義も含めた独裁政治の死滅を願ってやまない。