行方不明になった子供を警察犬が発見 = ジャーキー贈呈

I Am Legend .2007

I Am Legend .2007

京都府京都市西京区で6月19日、親に叱られた子供が行方不明になる事件が起きました。発表によると、西京区に住む小学5年生の男の子(10)は19日夜、母親から『塾に行かないなら帰ってこなくていい!』などと怒られた後、行方不明になったといいます。その後、心配した母親が警察に通報。翌20日の午前2時半ころには、兵庫県警が警察犬の「ツェロー号」を投入しました。母親から男の子の靴を借りツェロー号に靴の臭いを嗅がせて捜索したところ、わずか30分ほどで、自宅近くに隠れていた男の子を発見したということです。京都府警は、活躍したツェロー号に感謝状を贈るとともに、大好物であるジャーキーも贈るとのこと。京都府警の男性巡査部長によると、男の子はシェパードが急に近付いてきたことで、ビックリして顔が引きつっていたということですが、『警察やで。お父さんとお母さんが捜してはるよ』と声をかけたところ、男の子は安心したのか涙をポロポロと流したといいます。参照記事 暗い話しが続く時勢に、スカッとした采配でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です