うな重食いたきゃ2万円払え!とな。

unagipan高値が続いていたウナギのかば焼きが数年ぶりに値下がりしている。養殖に必要な稚魚が国内外で豊富に漁獲されて増産が見込まれる中、主力の中国産の冷凍在庫を早めに処分する動きが広がっているためだ。スーパーでも特売が目立ち始め、29日の土用の丑(うし)を前に早くも人気を集めている。養殖物が大半を占めるウナギはここ数年、稚魚の不漁が深刻化して生産量が減り、取引価格はまさにうなぎ上りだった。ところが、昨年の冬から稚魚の漁獲が一時的に回復して状況が一変。日本のほか中国や台灣を含む東アジア一帯の生産量は「昨年のほぼ4倍に増える見込み」(日本鰻輸入組合)という。加工されて供給量が増えるのは秋以降だが、東京・築地市場(中央区)では「夏までに在庫を減らしたい輸入業者らの処分売りが相次いでいる」と卸会社。予想よりも早く相場が下がり、同市場の7月上旬の中国産かば焼きの卸値は、1キロ当たり2,500~3,000円。過去最高の水準だった昨年同期時より3~4割安い。参照記事 もうね、売上げ額だけを気にする連中から価格決定権を奪う事で、ホロコーストを止めさせるしかない。時限立法で超高額な消費税(ウナギ税)をかけ、消費を冷え込ませるべきである。牛丼屋やスーパーは撤退しても、味で勝負する老舗の鰻重屋は生き残る。レッドリストの番人は税務署が適任。鰻重食いたきゃ2万円払え!とな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です