ちっうっせーな、はんせいしてまーす!

clownsec日本マクドナルドは22日、中国の食品会社が消費期限切れの鶏肉を使用していた問題で、国内で使用する「チキンマックナゲット」の約2割を同社から輸入していたと発表した。マクドナルドは報道で問題を把握した21日に該当商品の販売を中止し、タイや中国の別工場で生産した商品への切り替えを進めている。参照記事 参照記事 中国上海の食品会社が消費期限の切れた肉を再加工し、ハンバーガーチェーンやコンビニなどに卸していた問題で、コンビニチェーン大手「ファミリーマート」に対する反発が起きている。傷んでいた可能性のある商品を販売していたことではなく、今後も「信頼できる相手を探して中国との取引を継続する」と中山勇社長が語ったからだ。参照記事 セブン-イレブン・ジャパン、ローソンに次ぐ、国内コンビニエンスストア3位のファミリーマート。2012年までの11年間社長を務め、収益を劇的に改善させた上田準二・現会長が後継者に選んだのは、上田会長の出自である伊藤忠商事で長らく食糧畑を歩み、海外経験も豊富な中山勇氏。暮れも押し迫った2012年12月27日に発表。年明けの1月1日付で新社長就任という電光石火のトップ交代だった。国内は消費の低迷が続き、コンビニは苦戦気味。だが、海外に目を向けると国内3番手のファミマも、中国や東南アジアを中心に、ローソン(約440店)をはるかにしのぐ約1.27万店のネットワークを持つ。海外で出店するファミマのパートナー企業の選定にかかわっていた中山氏が、外部からいきなりトップに起用されたポイントは、そこにある。中山氏はファミマという船の舵をどう取っていくのか。参照記事 伊藤忠商事は4日、ファミリーマートの株式を買い増すと発表した。保有比率は現在の31.7%から37%に上昇する。比率が3分の1を超えたことで、経営の重要事項を決める株主総会の特別決議で拒否権を持つ。ファミマは競争激化でセブン―イレブン・ジャパンなどに差をつけられており、伊藤忠との連携強化で海外事業の立て直しなど、収益力を強化する。参照記事 明日からマックとファミマが無くなっても、伊藤忠が健在であれば日本国民が愛してやまない中国産食材は途絶えません! ・・・伊藤忠って例の大使のとこだっけかww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です