奴隷も現状に満足していれば自由な人間だし、自由な人間でも現状に満足していなければ奴隷と言える。

BxXvG6zCUAAGIhX.jpg_largeBxXvHAjCcAAkn4Y.jpg_large「軍の関与」や人権侵害については1992年に加藤官房長官があやまり、広い意味の強制については、1993年の河野談話であやまっています。そしてアジア女性基金という形で、賠償もしました。韓国政府も、このときはOKしたのです。ところがその後になって、韓国政府が「やっぱり正式の国家賠償をしろ」といってきたので、話がややこしくなりました。これはできません。なぜなら1965年の日韓基本条約で「1945年以前に起こった問題の個人への賠償は韓国政府がやる」と決まっているからです。わかりやすくいうと、【日本政府→韓国政府→被害者】という形でお金が流れることになっていて、日本から韓国へはすでに5億ドルのお金が渡ったので、慰安婦のみなさんへの賠償は韓国政府がするのです。これは韓国も合意した上で、1965年に決まったことです。それをひっくり返していたら、条約は意味がありません。朝日新聞が引くに引けないのはわかりますが、こうやって何も知らない左翼メディアらが言い訳までまねするのは困ったものです。しかし「本質的な問題」は、軍によって女性の人権がおかされたことだ???何それ(笑。 参照記事 参照記事 参照記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です