「忘れ物お届け犬」 オランダの空港で大活躍

vlcsnap-2014-09-30-05h44m25s80vlcsnap-2014-09-30-05h44m38s188avlcsnap-2014-09-30-05h44m59s161aKLMオランダ航空の動画を見てしまったら、次にオランダに行った時、機内にわざと忘れ物をしたくなるかもしれない――。アムステルダムのスキポール空港で、忘れ物の持ち主を見つけて届けてくれるビーグル犬「シャーロック」が活躍している。シャーロックの仕事は同空港の到着便で見つかった忘れ物を、持ち主の乗客に届けること。乗員が機内で見つけたiPhoneなどの忘れ物を受け取ると、到着ロビーを走り回って、その鋭い嗅覚で持ち主を探し出す。「訓練では筋肉を鍛えて辛抱強さを教える。そしてもちろん社交能力も。乗客の反応は素晴らしい」と訓練士は話す。KLMによると、ソーシャルメディアを通じて忘れ物についての問い合わせが多数寄せられることから、対応チームの一員としてシャーロックを採用した。「この子は会社にとって本当に大切な存在。ほかの誰にもできないことをやってくれる」と地上職員は目を細める。特に臭いを識別する能力に優れたビーグル犬は、世界各地の空港で活躍している。米国の空港では、乗客の手荷物を調べて持ち込みが規制されている農産品を見つけ出す「ビーグル部隊」が有名。参照記事 参照動画 参照記事 還る場所を失った長期服役者が縋る更生保護法。微々たる金しか持っていないので、出所した刑務所からほど近い保護観を訪れ、その地で更生を試みることになる。鹿児島出身のアル中がナゼ長田にいたのか?その理由の一旦として囁かれている。ここで紹介されたワン公は、生まれてきた理由を勝ち取っている。バラバラにされた小学生とアル中は勝ち取れなかったようである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です