KY朝日は、大事な珊瑚が乱獲されてるのに無視するの?

yokotamegumi-1_l世界自然遺産に登録されている小笠原諸島(東京都)沖に中国船とみられる不審船が押し寄せている。目的は高級サンゴの密漁とみられ、その数は日を追うごとに増加。夜間には水平線に不審船の明かりが並び、島の近くまで接近する船もある。「自分たちの領土で好き勝手にされているのに、見ていることしかできない」。傍若無人な振る舞いに地元漁業にも影響が出ており、国境の島では不安が広がっている。「中国から小笠原沖まで航行して採算が取れるのはサンゴしか考えられない」。東海大海洋学部の山田吉彦教授(海洋政策)は中国船とみられる船の狙いがサンゴの密漁だと分析する。宮古島(沖縄県)沖や五島列島(長崎県)周辺もサンゴの生息地だが、山田教授は「警備が厳しくなった結果、小笠原まで足を延ばすことになったのではないか」と指摘。「サンゴは貴重な資源であると同時に、海底の形状にも影響する。サンゴの乱獲は生態系を壊すことにもつながる」と警鐘を鳴らす。海上保安庁も小笠原周辺で中国船とみられる不審船を確認。その数は9月15日に17隻、23日に25隻、今月1日には40隻と増加を続けている。参照記事 またもや騒いでいるのは産経だけなんだが、我々には苦い経験があるはずだ。故・土井たか子が不審船の追跡に海自が出てきたことを非難する映像を見た記憶がある。あの捕り逃がした船に拉致被害者はいなかったのか?今となっては判らない。対話も必要だが海保の増強は絶対不可欠な要素だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です