景気が悪いのもiPhoneのせい

HhTFzq39月19日に新製品が発売された米アップル社のスマートフォン「iPhone6」と「同6プラス」の販売動向に、政府関係者が神経をとがらせている。輸入品であるiPhone6/6プラスの販売が急増すれば、貿易赤字が膨らむ可能性が高いためだ。特に今年9月の貿易赤字は、安倍晋三首相が消費税率10%引き上げの判断材料とする7~9月期の国内総生産(GDP)成長率にも影響が大きい。iPhone人気は日本のスマホ市場のみならず、アベノミクスの方向をも変えるのか。財務省によると、日本の貿易収支は8月までに26カ月連続の赤字が続く。東京電力福島第1原子力発電所事故に伴う原発の長期停止により、原油や液化天然ガス(LNG)などの火力発電用の燃料輸入が急増したことに加え、アベノミクスの円安効果も輸入価格の上昇に跳ね返った。一方、円安で改善が見込まれた輸出は、国内製造業が生産拠点の海外移転を進めた影響で伸び悩みが続く。ただ近年、9月だけはエネルギーに代わる別の主役が存在する。それがiPhoneだ。新型機が9月に発売されるのに伴い、日本向けiPhoneを生産する中国からの輸入が急増するためで、ここ数年は中国からの通信機(スマホを含む)輸入は、iPhone5発売の平成24年9月が前年同月比で2.5倍以上に増えたほか、5s、5cが発売された25年9月も同90.8%増えた。いずれも新型iPhoneが赤字拡大の“戦犯”となった。エコノミストらからは早くも、「9月は貿易赤字拡大の可能性が高い」などと悲観的な予想が上がっている。注目の9月の貿易統計は22日の公表予定。その結果や、いかに-。参照記事 ひょっとして「ユーザーの求めている」製品ではなく、自分たちが作りやすい製品ばかり作っちゃいませんか?(日本企業さん)という事だ。そんな事をやっていると、ファブレスのアメリカ企業に負けてしまう。参照記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です