ビアンキ、昏睡状態脱する F1ドライバー、仏の病院へ

vlcsnap-2014-11-20-18h48m15s122

Rush .2013

Rush .2013

10月5日に行われた自動車F1シリーズ第15戦の日本グランプリ(GP)決勝での事故で意識不明の重体となったジュール・ビアンキ(フランス、マルシャ・フェラーリ)が人工的な昏睡状態を脱し、三重県内の病院からフランス・ニースの病院に移った。両親が19日、交流サイトのフェイスブックで明らかにした。意識は戻っていないが、人工呼吸器などは必要なくなっているという。参照記事 朗報のように思えるが、あのシーンを見た者は生きている事が信じられない。近親者の方々の今後が辛いものにならない事を願ってやまない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です