きっかけは朝日新聞w

09-4-12-237523c27d220c55367042695a2c502fatop_main3ヶ月経っても犯人は逮捕されない…オスカーは実は刺されていなくて皮膚病だったという疑惑が…。3ヶ月前、「盲導犬オスカーが何者かにフォークで刺された」という事件が話題になりましたが、いまだに犯人は逮捕されず…現代ビジネスは、オスカーは実はフォークで刺されたのではなく皮膚病だったのではないか、というスクープ記事を書いています。ちなみに、盲導犬オスカーの報道は朝日のスクープだったらしく、2ちゃんでは朝日叩きも増えています。盲目の女子高生が知的障碍者から暴行を受けた事件といい、このオスカー事件と言い、日本国民一般をとんでもない人間みたいに報道していた記憶はある…。現代ビジネスの皮膚病説も信憑性は微妙ですが、日本国民一般がカスみたいなコメントしたやつの意見ききたいなw 参照記事 参照記事 参照記事 珍しく敬天新聞さんが分野外の話題に正義感溢れるコメントを出されてたんで、おいらもつられて珍妙な事を書いたのだが、参照記事過去ログ) 顛末は拍子抜けの模様で(笑、まぁ刺されるよりは良かったと言える。しかし【最初に「フォークで刺された」と診断した、なぎの木どうぶつ病院の内田正紀院長の元を訪れた。すると内田獣医師から、思わぬ答えが返ってきた。「最初から私は『フォークで刺された』と断定はしていませんよ。皮膚病の可能性も十分あると思っていました。ただオスカーをうちに連れてきた飼い主の友人の話によると、飼い主は『オスカーが耳を掻くのも分かる』と言うほど、行動を把握しているという。そして、その飼い主が『出血の数日前に皮膚に異常はなかった』と言っていると聞いたので、刺された可能性も否定できないと答えたんです。私の診断が発端で、これほどの騒ぎになってしまい、戸惑っているのも事実です」。】これには萎えた(笑。目の不自由な飼い主が周りの連中に惑わされた挙げ句、結果がこれだと塞ぎ込むのも理解できる。可哀想ww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です