そこは美国の裏庭だよw

vlcsnap-2014-08-10-13h08m16s161vlcsnap-2014-11-24-17h18m51s251

The Mexican .2001

The Mexican .2001

中国国営の新華社は9日、メキシコ政府が国内高速鉄道プロジェクトをめぐる中国勢の受注を取り消したことについて、「驚いている」との認識を示した。国家発展改革委員会の匿名の報道官の話として伝えた。報道官はメキシコ側の決定は同国国内の要因に帰するものだと指摘。その上で「(取り消しは)中国企業が関わっていることとは何ら関係なく、中国政府としてはできるだけ早期にこの案件が適切に決着されることを願っている」と述べた。高速鉄道は首都メキシコ市と中部の都市ケレタロを結ぶ計画で、唯一応札した中国国有の中国鉄建 を中心とする企業連合が受注していた。ただ、メキシコ野党の議員らは、政府が同企業連合を特別扱いしたと非難していた。メキシコ政府は新たな入札を行う方針。参照記事 同国のエンリケ・ペニャニエト(Enrique Pena Nieto)大統領の周辺に新たな疑惑が浮上した。中国企業を中心とする企業連合が、37億ドル(約4,250億円)規模とされる高速鉄道の建設契約を勝ち取っていたが、ペニャニエト大統領の妻が同連合に加盟しているメキシコ企業1社から邸宅を購入していたことが発覚した。大統領は先週になって突然この契約を破棄した。大統領報道官は、大統領の妻は自分の資金で住宅を購入したもので、妻の住宅購入の報道と高速鉄道の契約破棄とは無関係だったと述べた。参照記事 ご丁寧にもメキシコの件は、43名の若者が失踪した殺人事件とリンクさせられている。中国情報部なんかは状況が飲み込めていると思うが、ニカラグアでの運河建設(参照記事)までもが頓挫する事態になれば、国内世論対策が必要になるのではないかと思う。少なくとも、日本政府はニカラグアで暗躍してないと思うよ(笑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です