やさしいのは白い家の黒い人だけ?

vlcsnap-2014-11-25-03h33m11s222vlcsnap-2014-11-24-22h30m21s5

Waterworld .1995

Waterworld .1995

小笠原諸島の周辺で中国漁船が貴重なサンゴを密漁しているとみられる問題について、アメリカ国務省の報道官は、海洋生物の多様性を危険にさらす行為だとして、中国漁船の活動に懸念を示しました。サンゴを密漁しているとみられる中国漁船は、小笠原諸島の沖合だけでなく、その北の伊豆諸島に近い海域でも活動していて、日本政府が外交ルートを通じて中国政府に対し、再三指導を申し入れています。これについて、アメリカ国務省のサキ報道官は12日の記者会見で、「中国漁船によるサンゴの密漁に関する報道は承知している」としたうえで、「密漁などの違法行為はサンゴを含む海洋生物の多様性を危険にさらす」と述べ、中国漁船の活動に懸念を示しました。オバマ政権は、ことし2月、野生の動植物などの密売を取り締まる新たな国家戦略を策定したほか、6月には海洋資源や海洋生物の保護をテーマにした国際会議を主催するなど、国際的な密漁や密輸に対する取り締まりを強化する姿勢を打ち出していることから、中国漁船の活動に神経をとがらせているものとみられます。また、安倍総理大臣と中国の習近平国家主席が今週、北京で初めての首脳会談を行い、日中関係が改善に向けて動き出しているだけに、アメリカ政府としては、この問題が今後の日中関係に悪影響を与えないか注視しています。参照記事 取り締まりに海自を出せとの声もあったが、無理な相談です。唯、傍聴部門は完璧な仕事をやってるはずなんで、政府は奴等の素性を把握している。政府は政治的な理由を優先して環境破壊を放置したが、東京都が無言を貫いた事は許せない。思えば、石原:猪瀬:舛添と投票してきたが、それしか選択肢が無かっただけの話しであり、今回の対応は最低であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です