「ちょっと公園行ってくる」。:やっぱりメスだったわw

9a9dde7d25efef0c米ワシントン州シアトルには、自力でバスに乗り、目的地に着いたら降りて、すたこら歩いてドッグランのある公園に通う犬がいるという。そこに飼い主の姿は見当たらない。バスの利用客も最初は驚いたそうだけど、ほぼ毎日のようにバスを利用する犬の姿に、今ではすっかりなじみの客となっており、その場を和ませている。犬の名前はエクリプス(2歳、♀)。黒のラブラドールとブルマスティフの混血種だ。バスの運転手にも顔なじみとなっており、どの運転手もエクリプスを乗車拒否しない。無賃乗車すら快く許している。飼い主に話しを聞いたところ、以前は週に数回、エクリプスを連れて自宅からバスに乗り、4つ先の停留所にある公園に一緒に来ていたのだという。ところがある日、飼い主がバスに乗る前にタバコを吸っていたところ、待ちきれないエクリプスは、飼い主を置いて1匹でとっととバスに乗って行ってしまったのだという。慌てて飼い主が次のバスで駆け付けたが、エクリプスは無事に公園に到着していたようで、しれーっと楽しそうにドッグランで遊んでいたそうだ。参照動画

一人で公園に行けちゃうことを覚えたエクリプス。以来飼い主がいなくてもバスに乗って公園に行くようになったという。133ed0ad54d45c97エクリプスは公共ルールも守るし、道路もきちんと歩道を通る。信号は青になるまでちゃんと待つ。人に噛みついたり吠えたりすることもない。なので飼い主もさほど心配はしていないそうだ。シアトルの住人たちは犬が大好きなようで、エクリプスは、「みんなを笑顔にしてくれる存在」として、誰からもかわいがられているという。バス会社の方でも「犬にも我が社のバスが評価され、利用されていることを大変光栄に思う」。と言っているという。参照記事 参照記事 英文記事 笑えたのは週に一人は「逃げ出してきたのでは?」と心配して保護してくれる人が現れるエピソード。しかし、欲望は果てしないな(笑。 過去ブログ: あるノラ犬の奇跡の旅  きっかけは朝日新聞w  「忘れ物お届け犬」 オランダの空港で大活躍  盲導犬刺傷事件に見る社会の闇  脱走しようとした犬が壁に挟まった姿が可愛いと話題  人間の赤ん坊に匍匐前進を教授する犬  行方不明になった子供を警察犬が発見 = ジャーキー贈呈

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です