ペルーにて高島彩の認知度あがるww

imagen-youtubeペルーの世界遺産「ナスカの地上絵」で、フジテレビの番組ディレクターが寝そべる番組が放送されていたことが、ペルー国内で問題になっている。ペルーのアルバレス文化相は1月6日、番組で現地ガイドをしたペルー人考古学者を刑事告発する方針を明らかにした。現地紙の「La Republica」が報じた。問題の番組は、フジテレビで2013年3月に放送された旅番組「世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?」。ペルーを訪れた女性ディレクターは現地ガイドの手引きで地上絵に立ち入った。特別な調査用サンダルを履いたものの、ハチドリの地上絵の大きさを示すために線の間に寝そべった。

このシーンの動画が YouTube に投稿され、ペルー国内で話題になってた。地上絵は傷みが激しく、政府は立ち入りを厳しく制限している。ペルー人考古学者は最大で禁錮8年に問われる可能性があるという。毎日新聞によると、付近に立ち入った女性ディレクターについても、告発を慎重に検討しているという。
wor1412100033-p1wor1412100033-p42014年12月には環境保護団体グリーンピースが地上絵付近で活動し足跡を残したとして、ペルー文化省が検察当局に通報したスポニチの報道によると、フジテレビは以下のようにコメントしているという。「ペルーでの取材は、報道ビザおよび『ナスカの地上絵』を管理するペルー文化省からの撮影許可を取得して行われたものです。また、撮影にあたっては、ペルー文化省ナスカ支局長のマリオ氏の立ち合い、指示のもとに行われました。現段階で、弊社へペルー当局などからの問い合わせなどは一切ございません」参照記事 現地記事 現地記事 現地記事 参照動画 参照動画 アルベルトが大統領選を闘ってる最中のペルーを知っている。当時は陸路で遺跡へ向かうなど、絶対に考えられない行為だった(理由は、狂信的な左翼ゲリラが存在していたため)。まだまだ危険な国ではあるが、グリーンピース騒動を通じて治安が良くなってきたことが判り喜ばしく思っている。しかし、ナスカに陸路で出向く意図は全く判らない。上空からでないと絵は判らないだろうに。この女と番組制作の責任者をペルー政府に引き渡す準備は進めてもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です