あの李承晩が何も言わなかった時点でお察しなんですがね

少なくとも国が命令出して強制したなんてことはないよ。ただ、娼婦の立場なんてものは弱いものであって、彼女たちが辛い思いをしたことは事実であろう。女衒に騙されただの人買いに攫われただの聞くしね。しかし、こういう犯罪は当時の当局は取り締まっていたからなぁ。統治力の問題というなら、独立後の韓国はどうなのかという話になる。朝鮮戦争時の米軍は?連合国軍は?そういう話になる。社会問題としての慰安婦問題は存在する。ただ、あのお婆さんたちはそんなこと気にしてないんだよね。独立後の韓国において、慰安婦は日本の軍隊に協力した売国奴なんだよ。だから強制されましたって肩書きが必要なの。でないと子供が口も聞いてくれない。本来なら、彼女たちは売国奴などではないと名誉回復しないといけないんだよ。それ抜きにしても娼婦ってだけで軽蔑するからね。今の社会は。参照記事 参照動画

8日の韓国日報によると、動画は「朴槿恵大統領に送るシャピロの発言」というタイトルで、ロバート・シャピロ元米商務省次官がオフィスで朴大統領へのメッセージを読み上げたもの。「友人であり、経済発展を見守ってきた経済学者として言う」と切り出して始まる。
vlcsnap-2015-01-11-07h07m41s98vlcsnap-2015-01-11-07h10m17s164

The Pacific .2010

The Pacific .2010

シャピロ元次官は「韓国は国家繁栄の新たな挑戦に直面している」として、対日関係を韓国の課題として指摘。産経新聞の前ソウル支局長起訴を「衝撃的」としたほか、慰安婦問題については「日本は韓国人戦争犠牲者に8億ドルを支払ったが、機密解除された文書によると、当時の朴正煕政府が慰安婦と呼ばれる被害者たちに伝えていなかった」と指摘し 「古傷が治癒しない理由がここにある」と結論付けた。このほか、韓国の外交姿勢を「日本に危険なほどの敵対的態度を示しており、マスコミと政府が煽っている」と批判、「ベトナムが過去、韓国軍が民間人に犯した過去をさておき、韓国と国交を結んだことを考えるべきだ」と呼びかけている。参照記事 参照記事 参照記事 このシャピロ元米商務省次官、何とクリントン時代の民主党関係者なんだな。どんな経緯で投稿したのか知りもしませんが、史実に基づいた主張なので安定感は抜群。戦争を知らない世代が、ありえない妄想を元に捏造を試みても続かない。騒いだ連中って、東京裁判を含めた連合軍(=米軍)のBC級戦犯に性奴隷関連が全く含まれてない点、つまり連合国側の失態?を告発したかったのかい?あの時代、日米は国の生死をかけた戦闘を日々重ねていた事実は消えないし、消せない史実だ。そんな態度だからベトナム従軍を米国に評価してもらえないんだよ。 過去ブログ: 朝日新聞の慰安婦記事がもたらした影響:FT紙の分析  奴隷も現状に満足していれば自由な人間だし、自由な人間でも現状に満足していなければ奴隷と言える。   朝日の読者と言うだけで 正気を疑われるだろw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です