欧州の犯した過ちを真似するわけにはいかない

136753_video大相撲の横綱鶴竜関(29)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、井筒部屋=が23歳のモンゴル人女性と結婚することが(先月)31日、関係者の話で分かった。来る5月には第1子が誕生予定だという。お相手はウランバートル出身のダシニャム・ムンフザヤさん。モンゴルの大学生だった約1年前から交際が始まり、2人は8月ごろから東京都内の自宅で生活している。既に両親へのあいさつも済ませ、早ければ大相撲初場所(1月11日初日・両国国技館)後にも結婚届を提出する予定。関係者によると、鶴竜関はムンフザヤさんを「元気で明るい女性だ」と周囲に話しているという。参照記事 526x297-oxsまた、女子バレーボール界の新星!金蘭会高校宮部選手が凄いそうで。ナイジェリア人の父と日本人の母を持つハーフ。まだ1年生ということもあり、2020年東京オリンピック大会での有望株と言われています。182センチという長身で、跳躍力も凄い。金楽寺小3年時にバレーボールを始め、私立の大阪・金蘭会中に進んだ時は主将を務めました。参照記事 角界や春高バレーの話題は、数少ない移民の成功例に挙げられると思う。少しずつ流入して来る海外からの移民を、圧倒的多数の親戚縁者や近隣住民が有無も言わさずズルズルと吸収して混血(日本人化)して行ければ問題ないのだが、index_20130116002432中国残留孤児の2世らを中心としたグループ「怒羅権(ドラゴン)」などのように、同族で群れて決して同化しようとしない中韓の連中には細心の注意を要する。参照記事 参照記事 日本人社会が消化できないペースで移民(予備軍)を入国させる政策には断固反対していくべきだ。如何に大和民族が優秀であろうとも、戦禍から免れるように密入国してきた在日の問題を、未だに解決できてない現実は忘れちゃいかんと思う。近いうちに、建設業界で大いに懸念される事態だと思ってる件を書いてみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です