産経前ソウル支局長、出国禁止3カ月延長へ

vlcsnap-2014-12-21-03h52m42s127vlcsnap-2014-12-21-03h55m07s52

Team America World Police .2004

Team America World Police .2004

韓国の朴槿恵(パククネ)大統領の名誉を記事で傷つけたとして在宅起訴された産経新聞の加藤達也前ソウル支局長に対する出国禁止措置が、16日から3カ月延長されることが明らかになった。産経新聞(電子版)が報じた。昨年8月7日付で出国が禁じられてから、今回が8回目の延長になる。産経新聞によると、ソウル中央地検の延長要請を法相が認めたことを、加藤氏の弁護人が14日に確認したという。加藤氏の弁護人は逃走や証拠隠滅の恐れはなく、外国人の生活基盤を制限するのは人権的側面から妥当ではないなどとして、法相らに出国禁止措置を解くよう求めていた。参照記事 参照記事 拘束されているジャーナリストには申し訳ありませんが、ジャーナリストが、体を張って、韓国に言論の自由が無いことを証明する案件ですので、韓国の司法の実態を世界に示すため、最後まで裁判に付き合っていただきたいと思います。参照記事 邦人渡航者の権利を保障できていないのだから、日本外務省は韓国はレベル3(渡航延期勧告)以上の失敗国家であるとの危険情報を発令すべきだと思う。しかし、韓国で活字化されてる情報を日本語に翻訳して発表した行為が咎められ、情報源は不問に付されているのは変だよな。まぁ、安倍首相が靖国を参拝して拘束されているジャーナリストが、暴漢に襲われるか有罪になる確率を高めるのも良いかもしれん(笑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です