人は仕事がないと政治に関わり始める

B_AeELfVEAE5RVa.jpg_large

中国国家海洋局は4日、尖閣諸島(沖縄県石垣市)の中国領有権を主張するウェブサイトの日本語、英語版を公開した。外務省が尖閣をめぐる日本の主張をまとめたパンフレットの中国語、英語版などを公開しているのに対抗したものとみられる。昨年12月に立ち上げた「釣魚島(尖閣諸島の中国名)-中国固有の領土」と題する中国語のサイトを翻訳した。「歴史、地理、法理のいかなる角度から見ても、釣魚島およびその付属島しょは中国固有の領土」「中国が最も早く釣魚島を発見、命名かつ利用した」などと日本語で記されている。国営通信の新華社は、日本語・英語版の公開について「国際社会に事実と真相を理解させるため」としている。参照記事 参照動画

意外に話題にならないんだが、尖閣諸島のうち、大正島久場島のふたつは、米軍の射爆場になっている。1978年以降、実際の訓練はやってないものの、射爆場としての指定はそのままです。B-bnIFsCAAABa63.jpg_largeそこに主権を主張する中国が、どんだけ常識知らずの馬鹿か、言うまでもないんだが、中国にしてみりゃ、あれだけ巨大な国家なのに、マトモに「海」を持ってない。南はフィリピンに塞がれ、フィリピンそのものはたいした軍事力は持ってないものの、アメリカの忠実な子分なので、そう簡単に手を出せない。琉球弧から外に出たいというのは中国の悲願であって、これからの海洋開発の事とか考えると、実際、中国という国家の生死にかかわる大事ですw アフリカでいくら威張ってみても、それを裏付ける軍事的機動力を持ってない時点で、アメリカにはなれないし。今、せっせと空母を作っているみたいだが、原潜がこっそりと琉球弧を出られない時点で、空母も裸の王様だよねw 参照記事 参照記事 参照記事 中国軍がヘタレなんでプロ市民を雇ってのゲリラ戦法に頼っているが、辺野古周辺のせめぎ合いは中国公船が尖閣諸島でやってる領海侵犯とダブってて笑えます。まぁプロ市民の民度が低すぎて、車の違法駐車やコンビニで何も買わずにトイレを失敬する証拠写真の類が溢れ出してきた(笑。どっちも頑張れ(笑。 過去ブログ: 離島防衛強化にオスプレイとグローバルホーク  威圧的な中国念頭…「法の支配重視を」日比首脳  久米島沖で爆発音 きのこ雲を確認

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です