美しい照明は、美しいLED電球からはじまります

011白熱電球のフィラメントをLEDで再現したLED電球「Siphon」が、Makuake で資金を調達中です。といってももう目標額をかるーくクリアしており、期待度の高さを感じさせます。E26口金のモデルは定格消費電力6Wで明るさは白熱電球40W相当。E17のモデルは定格消費電力4Wで明るさは白熱電球25W相当。すでに出回っているLED電球より暗いと思うかもしれませんが、オリジナルの電球と同様、全方位に光を広げるデザインになっていますから、さもありなんといったところ。参照動画

色温度はすべて2,200Kで、オレンジ色の光を放ちます。016フィルムカメラとか切子のグラスとか、アンティークなアイテムをコイツで照らせば、良さげな雰囲気がさらにアップするでしょうねー。参照記事 参照記事 初めて商品画像を見た際は、ん?と思いましたが、カメラ感度を変えて撮影した写真で構造が理解できた。現場で煮詰まった連中が考え付くベタな構造なんですが、やっとここまで来たと思える感慨深い愛すべき商品のようです。定格消費電力が低いのは放熱の問題ですな(半導体は接合温度の呪縛から逃れることは絶対に出来ません)。フィラメントを模した淡い光を上手く再現できているのではないでしょうか。とてもゴージャスなLED電球のようです。 過去ブログ: すぐキレる・妻よ見習え・LED  韓国起源説は適用されません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です