十字軍と蛇のエンブレムがサソリになってもいいから出してくれ

201209301008248ffかねてから新型 マツダ ロードスターをベースとしたオープンスポーツカーがアルファロメオから登場するということが噂されていたがアルファ ロメオとマセラティのトップであるハラルド・ウェスター氏がアルファロメオはマツダの力を借りずに独自でオープンスポーツカーを開発することになったと語った。参照動画

20120930100824148201209301008481deアルファ ロメオの次期型スパイダーはフィアット・クライスラーが自社で開発した後輪駆動用のプラットフォームで作られるそうだ。またアルファロメオは後輪駆動の4ドアセダン「ジュリア」を開発中でジュリアにもこのプラットフォームが採用されるという。しかしフィアットグループとマツダの契約は破談となったわけではなくロードスターのプラットフォームを使った軽量スポーツカーがアバルトのブランドで登場するだろうとハラルド・ウェスター氏は話した。参照記事 マツダのデザインも悪くはないのだが、この内外装が醸し出す雰囲気は貴重です。たとえば、街に溢れてるプリウスなんかを見ていると、あまりに売れるんで潤沢な予算のもとマイナーチェンジを繰り返しているため、型落ちのガッカり感は大きい。イタ車デザインで出すのなら、マイナーチェンジが起きにくそうなので、長く乗りたいユーザーに歓迎されると思う。マツダ・デザインとは競合しないと思われるので、是非とも出せる方向で努力してもらいたいものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です