多くの欧州女性がシリアで兵士と結婚、勧誘に関与

B-Qe7ChCcAAaN6_イラクやシリアでISに加わり、聖戦士として戦った男は、堕落したIS内部で、仲間の処刑やヤジーディー族(Yazidi)の女性を強姦することを命じられた事に嫌気がさして脱走を選択した。33歳のIS脱走兵は、ISが占拠したイラクのファルージャにいたが、上官らが血に飢え、性的倒錯者になるのを目にして、聖戦に幻滅したいきさつを語った。IS古参兵らは、やがて数千人の海外からの女学生があてがわれ、結婚前に法的に許される1週間の婚前交渉を利用して自由恋愛ができる日の来るのを待ち望んでいた(訳すとこうなるが、どんな決りを意味するのかは分からない)。彼に決定的なショックを与えたのは、欲望を抑えきれない彼らが残虐な処刑に走り、内部で売買したヤジーディー族の若い女性を、性奴隷として犯し始めたことだった。彼には俸給として、無料の食事、燃料代、インターネットの使用を含め、月に約4万2千円(400,000 Iraqi dinars a month 、equivalent to £231)が支払われたと語っている。参照記事 英文記事 「聖戦」に参加するためシリアに渡った英国人は約600人。うち約1割が女性と推定され、一部は勧誘活動にも関与している。短文投稿サイトのツイッター上には、シリアでの結婚を仲介するとの掲示が存在。英紙タイムズによると、同組織の関係者は英国の少女らにシリアへの渡航費も提供している。参照記事 残念ながら、皆さん漏れなく吹き飛ばされる運命です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です