犬がこうなったのは、お前たちの責任

BYEjhI9CMAA8prg「3・1独立運動」の88周年を迎え、各地で日本への抗議活動が行われた。「3・1独立運動」は、日本の植民地支配からの解放を求めて1919年に起きた非暴力の独立運動で、武力鎮圧され、多数の死傷者を出した。写真は抗日独立運動記念日の1日、ソウルの日本大使館前で、植民地時代の抗日活動家にならい犬の頭部を並べて日本への抗議活動を行う元韓国軍兵士。参照記事 何と2007年の記事ですが、この記事での写真が今でも一人歩きしている。参照記事 参照記事 参照記事 用いられる理由は「半島の思考パターン」を説明する際に都合が良いからであろう。中国・新華社によると、マーク・リッパート駐韓米大使がソウル市内で刃物で切りつけられた事件で、韓国人の70代の男性が7日、大使を激励するためとして、犬肉とワカメのスープを持って大使が入院する病院を訪れたものの、病院側から丁重に断られていたことが分かった。韓国では、手術後の回復に効果があるとして犬肉を差し入れる習慣がある。リッパート大使は、ソウル市内の邸宅近くで飼い犬の「グリグスビー」を散歩させるなど、愛犬家として知られている。参照記事 初老の韓国人に悪意はないが、国際性は微塵も感じられない。 過去ブログ: 肉を切らせて骨を断つ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です