林農相 沖縄県知事指示の効力一時停止へ

CBFNdP9UgAA4qR2t0swufE沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画を巡り、沖縄県の翁長知事が名護市辺野古沖での作業を中止するよう指示を出したことについて、林農林水産大臣は知事の指示の効力を一時的に停止することを決定する方針を固めました。アメリカ軍普天間基地の移設計画を巡って、沖縄県の翁長知事は今月23日、沖縄防衛局に対して名護市辺野古沖で埋め立て工事の前提となる作業を1週間以内に中止するよう指示しました。これに対して沖縄防衛局は、知事の指示の取り消しを求めるとともに、取り消しの審査が終了するまでの間、知事の指示の効力を一時的に停止するよう林農林水産大臣に申し立てを行いました。これを受けて林農林水産大臣は、申し立てが妥当かどうか判断するため、沖縄県に意見書の提出を求めるなどして審査を行った結果、知事の指示の効力を一時的に停止することを決定する方針を固めました。農林水産省は、この方針を週明けの今月30日にも沖縄防衛局と沖縄県に文書で通知し、判断した理由も明らかにすることにしています。翁長知事は、沖縄防衛局が名護市辺野古沖でのすべての作業を1週間以内に中止しない場合、前の知事が出した、埋め立て工事で岩礁を破壊する許可を取り消す姿勢を示していました。 参照記事 参照記事 CBGZySbU0AAYpuY辺野古はもともと米軍基地(キャンプ・シュワブ)ですよ。部隊が引っ越しては来ますが新設の予定はありません。新設するという表現は反対派のイメージ戦略だと思います。もともとある米軍基地の沖合に滑走路を作ると理解しています。新たに土地を召し上げられる事は無かったような。つまり、普天間が還ってくるのなら単純に米軍基地縮小ですなんですが・・・。参照記事 参照記事 普天間の地代が年300億だそうで、移転先(辺野古)が沖合にしか拡張しないのなら国としての経済性が高い。沖縄は普天間の跡地利用プランを表明するべきと考える。 過去ブログ: 小さな穴は、大きな船を沈めてしまう  人は仕事がないと政治に関わり始める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です