ブラピの代表作をいってみろ

vlcsnap-2015-04-11-12h10m53s16vlcsnap-2015-04-11-12h16m01s29

Seven Years in Tibet .1997

Seven Years in Tibet .1997

韓国メディアは先日、日本の有名な桜の品種であるソメイヨシノの原産地は韓国の済州島であるとし、花見も韓国の文化であると主張した。この報道は、日本メディアの猛烈な反論に遭っている。桜の起源の論争について、中国桜花産業協会の代表・何宗儒(ハー・ゾンルー)氏は「日韓双方にその資格はない」と語る。「われわれは日韓と論争するつもりはなく、事実を語りたいだけだ。多くの史料が桜の起源は中国だと証明している。中国人として、この歴史を多くの人に知ってもらう責任がある」とし、「桜の国である日本にはもともと桜はなかった。日本の権威ある専門書『桜大鑑』には、桜の原産地は中国で、日本には唐代にヒマラヤ山脈地域から伝わったと記されている」と述べた。何氏は「簡単に言えば、桜は中国で生まれ、日本で発展した。韓国は何も関係ない」とし、「桜のソフトパワーは日韓ともに重視している。桜の起源の地として、中国でも多くの人が桜を知り、花見を楽しんでほしい」と語った。参照記事 昨年3月末、習近平国家主席はドイツを訪問し、メルケル首相と会談。独中両国は緊密なパートナーシップをアピールした。一見すると、良好な関係を築いているかのように見える。しかしメルケル首相が習主席に贈ったプレゼントが【毒入り】だと話題になっている。贈られたのは中国の古地図。宣教師がもたらした情報をもとにフランス人が描いたもので、1735年時点での清朝の領域を示している。しかし地図では新疆、チベット、内モンゴル、尖閣諸島は清朝の領域外とされている。表向きは中国との関係強化をうたいながら、領土問題や人権問題できついお灸をすえたとの見方が広がっている。さすがにこの地図は問題ありと中国側は判断したのだろうか、一部中国メディアは贈呈されたものとは違う古地図を掲載。すげ替えられた地図を見たネットユーザーが「メルケル首相は中国のチベット、尖閣領有を支持している」と喜ぶ一幕もあった。参照記事 まあ、そういうわけで、メルケル首相は、昔の中国はいまよりずっと小さかった。東の尖閣諸島はおろか、南も西も北もいまよりずっと小さかったのだよ、と教えてくれたということのようですが、新疆、チベット、内モンゴルで少数民族が弾圧されてる様は金儲けのために黙殺します。 過去ブログ: 2015年4月1日 自分で自分のためにやらなければ、誰があなたのためにやってくれるか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です