住民困惑:カミツキガメが次々見つかる村のナゾ

Jaws .1975

Jaws .1975

新潟県弥彦村で、輸入や飼育が禁止されている特定外来生物のカミツキガメが1年余で相次いで6匹見つかり、なぞを呼んでいる。カミツキガメは強固なあごを持ち、人間の指を食いちぎるほどの力を持つ。繁殖力が高く、千葉県の印旛沼では野生下で大量自然繁殖が確認されているが、専門家の間では「新潟で冬を越すのは無理」とされていた。このため、誰かが捨てたとみて警察も捜査に乗り出したが、手がかりはない。村は「なぜうちの村なのか。手の打ちようがない」と困惑している。県警によると、県内では2009年以降13匹のカミツキガメが発見されているが、このうち7匹が同村で見つかった。県警では、カミツキガメが見つかった場合、危険なため、警察が引き取り、飼い主が分からない場合は環境省に引き渡している。原則、殺処分されている。同村では昨年5月から立て続けに4匹見つかったため、県警は何者かが捨てた外来生物法違反などの疑いもあるとみて捜査。調べによると、県内で許可を受けて飼育されているのは2匹で、いずれも飼い主の元で飼われていた。見つかったカミツキガメにはいずれも飼い主の身元を示すチップが埋め込まれていなかった。一方、村はカミツキガメが見つかった用水路の近くに注意を促す看板を設置するとともにパトロールを実施。地元小学校などにも文書を配布し、見つけても触らないよう要請した。今のところ、けが人はいないが、今年1月には相次いで、田んぼ脇の用水路の泥の中から、冬眠中とみられるカミツキガメ2匹が見つかった。こうした事態に、自然繁殖の可能性を指摘する声も上がっている。だが、県は「カミツキガメは犬や猫などと違って保健所で収容義務のある動物ではない。村が環境省と相談すべき問題」としている。一方の環境省関東地方環境事務所の担当者は「卵や子どもが見つかっていない以上遺棄された可能性が高く、現段階では調査の予定もない」。カメを研究している「日本カメ自然誌研究会」代表の矢部隆・愛知学泉大教授(51)は「カミツキガメは順応性が高く繁殖力が旺盛。遺棄されたにしてもこれだけ大量に見つかるのであれば、関係機関が早急にわなを仕掛けるなどして調査すべきだ」と話している。参照記事 d_06840377ちょうど1年前は、両前脚の約半分をサメに食いちぎられたとみられるアカウミガメ「悠」に人工ヒレを装着させる実験が完成形となった時期だ。参照記事 参照動画 あれから1年が経過しても、陸上ではペットの遺棄が止まないようです。そもそも、カミツキガメは危険すぎます。子供らが水辺で遊べなくなる。国内繁殖は掴みにくいが、輸入業者の行動特定は容易なはず。出来るところから対策を講じて欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です