「牛や豚がよくて、なぜ犬が悪い」

IMGP1568IMGP1531IMGP1532「犬食いねぇ!」とばかり、中国南部の町で6月下旬、「犬肉祭」が繰り広げられた。2日間で胃袋に収まったされる犬は約1万匹。世界の動物愛護団体などの猛抗議を受けながらも、住民らは「伝統の食文化。どこが悪い」とどこ吹く風で、盛大に食べ尽くしたという。犬肉祭が開かれたのは、ベトナム国境に近い広西チワン族自治区玉林市。夏至に合わせた恒例行事だ。米紙ニューヨーク・タイムズは現地ルポを掲載している。通りにはたくさんの食卓が並べられ、皿には犬料理がてんこ盛り。その裏で、狭い檻に詰め込まれた犬たちが次々に撲殺され、大鍋で調理されて行く。その過程を黙々と撮影する反対派の活動家と、活動家たちの動きを監視し続ける怪しげな男たち…。異様な敵意と緊張感が漂う犬肉祭の様子を伝えている。「あまりに残酷だ」と、開催反対を訴えるサイトへの署名は世界的に約400万人に達したという。しかし、住民らは「アメリカ人は七面鳥を食べる。許されるのか」と反論。インターネット上では、牛や豚は良くて、なぜ犬はいけないのか-などと、西洋的価値観の押しつけ、偽善だと反発する声も少なくない。参照記事 彼らは日本人がタコを食うのを知っており、いいとこを見せようと頑張ったんだが獲れなかった(笑。代わりに水揚げしてきたモノに仰け反ったんだが、知らないうちに白人のネーちゃんが背後にいて「これを食うの?」と聞きやがる。本心で「食わないよ」と言ったが、信じてなさそうであった(笑。日本人的にはハトやウサギを食料と考えたりしないが、ナマコを食うのは内緒にしておきたい(笑。ただ、犬はな〜(ヾノ・ω・`)ムリムリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です