【開封の儀】SIWA クラッチバッグ

IMGP1696IMGP1697IMGP1700外見は何の変哲も無い紙袋。しかし素材は新しい和紙、ナオロンで出来ていて、耐久性があり水にも強く、何度も繰り返し使うほどにシワが増え、手にも馴染んでくるそうです。

販売元のキャッチ・セールスは『モノを入れたら、入り口をくるくると巻いて、ホックで留めるだけ。そのままラフに手にぶら下げてお出かけください。もちろんお弁当や小物類をまとめる入れ物として、バッグにそのまま放り込んでおけるインナーバッグとしても便利。開口部はしっかり固定でき、ジッパーなどは使いませんから開け閉めも簡単です』。

用意されたサイズは3つで、購入したのは ミディアム・サイズ。縦型のデザインで、サイズは高さが約25センチ、横幅は20センチ。丁度、 iPad ががすっぽりと入る大きさ。

但し、クッション性は全く期待出来ないんで、 iPad を破損させるかもしれない。やっぱ、弁当箱と500mℓ のペットボトル等の組み合わせが最適なのかもしれん。

紙質は、蝋を塗り込んだ様な感じなんで、水漏れへの耐性が期待出来るかも。以外と引っ張り強度も期待出来そうで、裂ける事は無さそう。多分、擦り切れて穴が開くのかも。

ちょっと高かったんで、長持ちするように使っていく方針ですが、何処から痛み始めるのか今から興味津々。唯、単なる紙袋に間違われて、誰かに捨てられる事もありそうww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です