メキシコの警察犬は辛さに耐性があるのか?

脱獄し半年にわたって逃亡した末、今月8日に再び身柄を拘束されたメキシコの麻薬王「エル・チャポ(El Chapo)」ことホアキン・グスマン(Joaquin Guzman)受刑者は今、vlcsnap-2016-01-17-20h33m30s241刑務所で毎日、「K9」と呼ばれる警察犬たちが毒味した食事を食べている。何者かに毒殺される恐れがあるためという。グスマン受刑者は、昨年7月にトンネルを通って脱獄した警備態勢の厳重なアルティプラーノ(Altiplano)刑務所に再収監された。グスマン受刑者は、さらなる脱獄を防ぐため再収監されてから既に11回も独房を移されている。再収監された際のグスマン受刑者は意気消沈した様子で、最初の聴取で疲れたと訴えたという。同受刑者は現在、刑務所が与えた小説「ドン・キホーテ」を読んでいるという。参照記事

Sicario .2015

Sicario .2015

よくわからないんだが、中米のメキシコは辛い食事を好むくせに、南米の最北コロンビアは甘味料を強烈に使う。エスプレッソを飲んだ時、あまりの甘さに涙が出たよ。 そんなことよりエミリー・ブラントの最新作、駄作に近いけど可愛いから全てが丸く収まる。めでたしめでたし(笑。 過去ブログ:2014年7月20日 集団的自衛権行使反対派による徴兵制キャンペーンを考えてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です