結婚へは歩け、離婚へは走れw

「左フック、右ストレートが顎に入り(男性が)けいれんしていた」「「シャキン!と(はさみの)音がした。ああ。やっぱり切っちゃった」などと、妻が見た犯行の様子を検事が読み上げた。妻は昨年8月、男性の局部を切断したなどとして傷害と銃刀法違反の罪に問われた元プロボクサーで、元慶大法科大学院生の小番一騎(こつがい・いっき)被告(25)との結婚生活を「実家を窮屈に思い、結婚した」「一騎もペットのようなものと思えば腹も立たないと考えるようになった」とも語っており、小番被告は顔を紅潮させて聞き入っていた。参照記事

In the Realm of the Senses .1976

In the Realm of the Senses .1976

「確かに、最新の文春に乙武さんの奥さんが独占インタビューを受けた記事が掲載されます。そこには、夫の世話から逃げたかった「妻の本心」が語られているそうです。奥さんはずっと、乙武さんの世話から解放されたかったそうなんです。だから夜遅いときは事務所に泊まるように乙武さんにお願いし、そこで乙武さんは不倫をしまくってたらしいんですよ。最初、奥さんは乙武さんとの結婚の話になったとき「犬を飼ったこともあるし大丈夫」みたいな気持ちだったそうですが、いまになって、想像以上の苦労に耐えかね、疲れが爆発したのでしょうね。普通なら存命の夫から解放されたいなんて言えないでしょう」参照記事 双方とも、以後の生涯が嘲笑のネタとなってしまったにもかかわらず、妻側のプライバシーは完璧に守られている(笑。偶然なのかもしれないが、伴侶をペットと同格に語っている共通項も引っかかる。これ見ちゃうと、故萩原流行さんの奥さんの偉大さを再認識できるわ。 過去ブログ:2015年7月7日 なにかをしてあげるときには、全てをそれにかけるものが一番尊い :2014年6月24日 乙武洋匡さんが描く東京五輪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です