予定調和

ヨーロッパを目指す多くの難民や移民を乗せた船やボートが地中海で相次いで転覆し、イタリアの当局は今週だけで7千人以上を救助したことを明らかにしました。地中海では、中東やアフリカなどからヨーロッパを目指す難民や移民が後を絶たず、国連によりますと、ことし、これまでに19万人余りが海を渡ってヨーロッパにたどり着くなど、去年の同じ時期の2倍以上に上っています。409dc57c4992450b8b27ea36ed95680d_9こうしたなか、イタリアの当局は26日、北アフリカのリビア沖で500人以上の難民たちを乗せた船が転覆する瞬間を捉えた映像を公開。映像は25日に撮影されたもので、船が突然、左右に傾いて転覆し、海に投げ出された難民たちが必死で泳いで船から離れようとする様子がうかがえます。参照動画 この転覆で5人の死亡が確認されたほか、26日にも、およそ100人を乗せた船が転覆し、地元のメディアは少なくとも20人が溺れた可能性があると伝えています。地中海では、トルコからギリシャへ渡る難民や移民が大幅に減少している一方で、アフリカからヨーロッパを目指す動きは依然として続いています。参照記事 参照記事 1420131転覆した船や(偽装難民が着ている)ライフ・ジャケットだけでなく、(偽装)難民そのものが使い捨てです。転覆した船やライジャケは(偽装)難民自身が買い取った物であり、その買取り主が死のうが生きようが密航業者には関係ありません。救出されたことを喧伝すれば新たな越境希望者を募ることができ、再利用される事のない廃船間際の船とライジャケを仕入れるだけです。なんと、宣伝は世界中のメディアが無償でやってくれます。すでに、密航ビジネスは巨大産業の仲間入りを果たしてますね。 過去ブログ:2016年5月5日 密航組織の支援団体w

【追記】国際移住機関(IOM)によると、今年初めからこれまでに地中海で死亡した難民、移民は少なくとも1475人。一方イタリアの海軍と沿岸警備隊、内務省によると、救助された難民らの数はこの1週間だけで1万2000人に上る。国際医療支援団体「国境なき医師団(MSF)」は地中海に捜索、救助船2隻を派遣。リビア沖で約600人の救助に協力したという。IOMの統計によれば、欧州には今年1~5月の間に19万4600人余りと、前年同期の2倍に相当する難民、移民が流入した。その多くは欧州に到達した後も、生活の見通しが立っていないのが現状。参照記事 なぜ転覆するのかを説明できないメディアの弱さ。イタリア艦艇は難民船を見つければ、領海に入らないように警告するよな。逆に難民船側は、イタリア艦艇を視認すれば意図的に船を転覆させるさ。乗り移るためにね。色んな団体が活動内容を公表するのも結構だが、救助した人数を公表すること自体が密航業者を利する行為になる。対処を改めないと億単位の難民が殺到することになるだろう。欧州は破綻し、地下経済は潤う。常に強気だったNATOも脆かったな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です