根っこは一緒

欧州連合(EU)からの離脱の是非を問う英国の国民投票は23日午後10時(日本時間24日午前6時)、投票が締め切られ、即日開票。英BBCは24日早朝(同午後)、離脱派が多数を占めることが確実となったと速報。24日午前5時25分(同午後1時25分)現在、全382投票区中、353投票区で開票が終了し、離脱派が51.8%、残留派が48.2%と離脱派がリードしている。Clr2EsMVEAAataN離脱により、国民生活が左右されるだけでなく、第二次世界大戦後から続いてきた欧州統合の行方や世界経済に大きな影響を与えることは必至。キャメロン首相の進退に影響する可能性もある。投票率は72.2%だった。参照記事 北米でも、大統領権限を使って不法移民に暫定的な滞在資格を与えるオバマ米大統領の計画が23日、事実上頓挫。計画実行を差し止めた下級審の判決を連邦最高裁での上告審で覆せなかった。就任以来、移民制度改革を掲げてきた大統領にとっては打撃になりそうだ。大統領は2014年11月、共和党の反対で移民制度改革をめぐる法案審議が進まないことにいら立ちを募らせ、1100万人超と言われる不法移民のうち、米国生まれの子供を持つ親ら500万人前後を自らの権限で強制送還の対象から外す計画を打ち上げた。ClsF0HLVAAMHWLEしかし、複数の州の共和党知事らが憲法違反だとして差し止めを求める訴訟を起こし、連邦地裁もこれを認めたため、計画は実行目前でストップ。政権側は最高裁まで争ったが、判事が1人欠けた状態の最高裁の判断は4対4で割れ、下級審の判断は覆らなかった。参照記事 鉄のカーテンが崩壊し、おのれで稼がなきゃ餓死する状況に追い込まれたポーランド人なんかは英国に渡って行った。仕事を覚え、言葉を覚え、一息つけると思いきや、次は中東やアフリカから移民が押し寄せる。賃金は下がる一方だ。やってられないよな。これでトルコがEUに加盟したら・・・。昔からいる英国人でさえ底辺での軋轢だと笑ってられない状況になり、女王陛下の国としての意地を見せたのかな。でも、もう欧州ですら白人はマイノリティになるよ。ちなみに、パナマ文書に名前が出てたキャメロンさん、辞任だそうです。参照記事 過去ブログ:2015年1月9日 移民国家、英国の多文化社会が抱える暗部

【追記】欧州委員会トゥスク委員長は、英国が最終的な決定を採択するまでに2年、その後、肯定的な決定が出た場合は離脱のプロセスそのものが開始される事を指摘。「EU加盟国27カ国も欧州委員会も最終的な結果を承認せねばならない。これにはどうしても5年はかかるだろうし、それが成功するという100%の保障は残念ながらない」と述べた。参照記事 これとは別に、イタリア沿岸警備隊は26日、リビア沖で26のゴムボートや船に乗った移民ら計3324人を救助したと発表。これにより23日以降の4日間にイタリアが救助した移民や難民は1万人を超えた。今年に入ってからイタリアに到着した移民や難民は今回救助された人を含めて6万6000人余りに上る。その大半をアフリカ諸国の出身者が占めている。参照記事 参照記事 8b35a597-sまず最初に、麗しき英国女子の写真を一枚掲載(笑。さてさて、離脱承認が出るまでにアフリカ諸国からの難民らを、何処が幾ら吸収するのかな。それまでに、EUへ加盟申請しているトルコがリビア化して、多数の中東難民がギリシャに殺到したらどうするのかな。既にEUはババ抜きになってるよな。統合による経済効果を追求するのも結構だが、人の移動に対処するコストを支えきれるとは、到底思えないんだが、気のせいかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です