テロリストはソフト・ターゲットしか狙わない

NHK広報局は山﨑友里江アナのデートクラブ登録について、「スタッフのプライベートなことについては承知しておらず、お答えできません」と回答。「高級愛人クラブ」の代表者は「売春の定義は『不特定の相手』であり、不特定になってはいけないと気をつけている」と会員制の同クラブに違法性はないと説明。QZKlzSj問題の人物は地方局採用の契約キャスター・山﨑友里江アナ。アナ本人は週刊文春の直撃取材に「登録しました」とその事実を認めた。当初は会ったのは一人だけと繰り返したが、取材を進める中で、今年2月から既婚男性を含む4人の男性とデートしたと説明。彼女が登録していた高級愛人クラブは日本全国に支店を持つ。男性会員は支払う年会費に応じて4段階にクラス分けされており、最高クラスの場合、入会金30万円、2年目以降は年会費として16万円が必要となり、そのほかに女性とのデートセッティング費用(2万~10万円)が発生する。デートが実現したあとの関係については、男女間の自由意思によるが、ホームページに掲載された女性会員たちのプロフィール欄には、“交際”に発展する可能性についても、「初日からスマートにお誘い頂ければ交際に発展する可能性があります」などと5段階に分類されている。現役会員によれば、「女性と一晩をともにする値段は、デートセッティング費用と同額が目安とクラブ側から聞いている」という。 参照記事 参照記事 B150KHu地方局採用の契約キャスターだそうですが、東京出身の若い娘が北海道の室蘭で勤務可能な報酬を貰える仕組みだったのでしょうか? すでに室蘭放送局は「ただいまページをリニューアル中です。更新までしばらくお待ちください。」で逃げを打っとる。参照記事 一つ確実なのは、いちどネットに流れた情報は一生消えないということ。 さてさて、ご当選された青山繁晴先生に刑事告発された週刊文春さん、選挙妨害を疑われる時期は過ぎましたよ! 週刊文春さんが逃亡するのか第2弾をぶちかますのか興味がつきません。参照記事  過去ブログ:2016年7月2日 ケツの穴の小さい日中 過去ブログ:2015年2月26日 志望動機ってなに?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です