もののけ姫みてないの

日本はね、悪い神、祟る神こそお祭するのよ。災害や疫病、災難を起こす悪い神様を封印するというのが神社の役目で、その封印を有効にし続けるために、日々の参拝や年何回かの祭りがある。vlcsnap-2016-07-20-09h45m48s714 (中略)日本人が崇拝する、ということは、神様が世に出て悪いことをしないように見張る、という行為が本質。 だから、A級戦犯の合祀も当然。戦没者が「悪い神」か、と言われれば、悪いことをしたかどうかではなくて、「無念」「苦しみ」自体が悪い神であり、祀る対象になりうる。恨みを持っていれば善人でも悪事するかもね、って普通に思えるじゃないか。だから、そこに祀られている人の何をした、どういう人だった、なんてことは関係なく、その人達が持って死んでいったドロドロした情念のようなものを、日本人は放っておけない。放っておいたら「祟り」が怖いから。 祟りとは超常現象ではなくて、死人の情念から起因する一種の集団心理なんだ。これが実際に国を動かすことが日本ではありうる。

Princess Mononoke .1997

Princess Mononoke .1997

なんせ日本は民主国家だから。 日本人なら、死んだあとにまでムチで叩くようなことをすれば、バチが当たる、たたりが怖い、と自然と考えるだろう。参拝の儀式は安らかに眠ってもらうためにおだてたり、貢物をやるわけで、服従や信奉を意味するものではない。この感覚はおそらく日本人にしか分からない。日本人にはきっと自明すぎて無自覚になってしまうけど、きちんと外国人にも説明していかないといけない。 唯一神や天帝を信奉してきた大陸の宗教観では説明なしには絶対に理解されないよ。参照記事 靖国爆発音事件で東京地裁は19日、韓国の男に懲役4年(求刑懲役5年)を言い渡した。検察側は論告で、靖国神社にA級戦犯が合祀されていることに不満を持ち、犯行に及んだと指摘。「用意周到で入念に計画された危険なテロ行為」とした。参照記事 なぜか、(無差別)爆弾テロが爆発音事件として扱われた結果が出ました。 軽いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です