石油の一滴を

安倍総理大臣は4日午前、総理大臣官邸で2日に就任した東京都の小池知事とおよそ10分間会談。会談の冒頭、安倍総理大臣は「当選おめでとうございます。自民党は、きつい一本を取られたが、東京オリンピック・パラリンピックを成功させるため、政府と東京都が協力しなければならない。それが民意だ」と述べる。これに対し、小池知事は「東京オリンピック・パラリンピックは、国民にとっても都民にとっても成功させるべきものなので、ご協力をお願いしたい」と述べ、政府と東京都が連携していくことで一致。参照記事


ちなみに、当時の諸外国からの寄付金総額は175億円。参照記事 いろんな連中が、いろんな思惑のもと誹謗中傷や妨害の限りを尽くした結果、圧倒的な勝利を迎えることができた。そもそも格が違いすぎたようです。 小池氏は首相との会談後、自民党本部で二階俊博幹事長とも会談。終了後、報道陣の取材に応じ、二階氏から「つばぜりあいをするのではなく、連携してやっていきたい」と言われたと明かした。二階氏は、小池氏や選挙戦で小池氏を支援した自民党の若狭勝衆院議員の処分については慎重な姿勢を示したという。参照記事 これから、次に控える都議選でゴミ掃除を済ませ、老害の極みである元首相経験者にも引導を渡し、最高の形で五輪を迎えられることを1票を投じた東京都民は願っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です