忍耐力のないものは教師にはなれない

しかしよく考えてみよう。恐ろしく困難な問題のようではあるが、問題はたった1つだけである。勇気をもって前進すれば解決できるはずだ。いちばん単純な方法は、「北方4島一括同時返還。ロシア軍基地は残留」である。日本政府は「北方領土で暮らすロシア人の居住権を容認」すると発表している。同様に「北方領土のロシア軍駐留を容認」すればいいだけの話である。冗談ではない!と怒り狂う方がいるかもしれない。しかし日本は現実に、わが国土に米軍が駐留していることを容認しているではないか。米軍も駐留し、ロシア軍も駐留する日本。国軍を持たない独立国なのだから、それも仕方ないことだろう。もちろん他にも解決法はある。国後島と択捉島をそれぞれ半分に分割して、日本とロシアが統治するというやり方も考えられる。将来的には千島列島全域に日本とロシアの共同管理体制が広がる可能性もある。ロシアに騙されてカネだけ盗られ、領土が帰ってこないのではないかと危惧する方もいる。だが未来を創るためには、ここで日本とロシアが手を結ぶ必要があるのだ。参照記事 今年9月に読んだ記事の抜粋です。普通の人では辿り着けない情報源を持たれた方と見受けられます。が、次期大統領がトランプになった時点で、ロシアは日本の金をアテにする必要は無くなった感が出て来ちゃってます。 双方の国益をかけた首脳会談、結果が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です